2016年 SUPER GT [GT500] 第2戦

500キロ、ミドルディスタンスの第2戦でブリヂストンユーザーが表彰台2位、3位を占める
ポールスタートのカルソニックIMPUL GT-R/BSは、4周を残して痛恨のリタイヤで優勝を逃す

開催場所 : 富士スピードウエイ  開催日 : 5月 3日 〜  5月 4日

2016オートバックス SUPER GT第2戦が富士スピードウエイで開催され、決勝日に50,100人の大観衆を集めた。シリーズの中で最も観客入場者数の多い5月の同イベントの決勝日は素晴らしい快晴、正に五月晴れに恵まれた。3日に行われた予選では日産GT-R同士のポールポジション争いとなり、ブリヂストンタイヤを装着するJ.P.デ・オリベイラ/安田裕信(カルソニックIMPUL GT-R/BS)がポールポジションを獲得。110周レース決勝では同チームが序盤からトップを快走。セーフティーカーがコースインした後に一旦はトップを奪われるが、再びトップに躍り出て勝利へ向けてひた走った。しかし、107周目の100Rコーナーでトラブルに見舞われてリタイヤ。4周を残して戦列を離れてしまった。優勝は逃したものの、ブリヂストンユーザーが2位から6位フィニッシュを果たした。

<予選>
この季節としてはやや路面温度が低めのコンディションだった。グリップを発揮するためのタイヤ発熱の早さとパフォーマンスの持続性が問われるタイヤメーカー間の戦いとなった。J.P.デ・オリベイラ/安田組は、Q1で2番手に着け、Q2では、ライバルメーカーに対して0.23秒の差でポールポジションを獲得、優位性を示した。GT300クラスでは、ARTA BMW M6 GT3/BSを駆る高木真一/小林崇志がポールポジションをゲット。両クラスにおいてブリヂストンユーザーがポールポジションから決勝をスタートすることとなった。

<決勝>
デ・オリベイラ/安田組のGT-Rはスタートから一気にリードを奪ってレースの序盤を快走。最初のスティントをトップで1回目のピットストップを迎えて、第2スティントでもトップを堅持して周回を重ねた。しかし、72周目にコース上で起きたアクシデントによってセーフティカーがコースイン5周に渡って走行は継続されたが競技は一時中断。丁度2回目のピットストップのタイミングとなっていて数台の車両が燃料切れで順位を落とす波乱が起きた。レース再開となった時点で一つ順位を落としていたデ・オリベイラ/安田組は、96周目にトップを奪還する。しかし、その10周後にアクシデントに見舞われることは誰も予想していなかった。2位に一定の差を維持して周回していた107周目にトラブルが発生し、マシンが大破、ピットにたどり着くことなくリタイヤ。正に痛恨のトラブルとなってしまった。しかし、ブリヂストンユーザー達は、着実に順位をアップしてトップと同周回の2位から6位までの順位でハードなミドルディスタンスレースをフィニッシュしている。

一方、GT300クラスでポールポジションスタートとなったARTA BMW M6 GT3はレース序盤から後続車との差を徐々に広げて行くが、1回目のピットインで給油に時間がかかり、順位を落とす。その後はハイペースを維持し2位まで順位を戻したが、結局トップ奪還はならず2位のままゴールした。

<GT500クラス 2位フィニッシュドライバーのコメント>
H.コバライネン選手
「2年目のチャレンジのスーパーGTで、2位フィニッシュできて嬉しい。F1に参戦しているときもここ富士では2位となったことがあるので相性が良いサーキットなのかも知れない。チームのおかげでマシンは最高の状態だったし、ブリヂストンによって、常に安定したペースで走行することが出来た。今シーズンは是非、晃平(平手)と共に表彰台の最上段に立ちたいと思っている。これからのシリーズがとても楽しみだ」

平手晃平選手
「今シーズンは、チーム内のシステムが変わって、それがとても良く機能しています。ヘイキ(コバライネン)も日本のレースに慣れて来たのでそれが今回の成績につながっているのだと思います。予選の段階からブリヂストンが用意してくれたタイヤとのマッチングが良く、レクサス勢の中でもボク等が最高のパフォーマンスを出せたのではないかと思っています。次戦の菅生は昨年アクシデントに見舞われてしまって不本意な結果だったので、今年はリベンジしたいです」

<ブリヂストン タイヤエンジニア:松本真幸のコメント>
「決勝レースの大半をブリヂストンユーザーのGT-Rがトップを走行しながらタイヤのトラブルでリタイヤしてしまい本当に残念ですし、チームには大変申し訳無いと思っています。今後、よりパフォーマンスの高いタイヤの開発に邁進します。レクサス、ホンダの各車ではブリヂストンユーザーが上位を占めました。次戦は菅生ですが、今シーズンからウエイトハンディのレギュレーションが変わり、それに対応する必要があります。レース開催までのテストで開発を進めて、勝利を目指します」

RESULT

コース:富士スピードウェイ( 4.563km×110laps=501.93km )

[決 勝]

天候:Fine/路面:Dry 気温:24℃ 〜 21℃ 路面温度: 42℃ 〜32℃

  順位 No. ドライバー タイヤ マシン 周回数 タイム  
  1 1 松田 次生/R.クインタレッリ MI ニッサン GT-R ニスモ GT500 110 2:58:58.430  
  2 39 H.コバライネン /平手 晃平 Bridgestone LEXUS RC F 110 2:59:01.096  
  3 37 J.ロシター/平川 亮 Bridgestone LEXUS RC F 110 2:59:12.776  
  4 36 伊藤 大輔/N.キャシディ Bridgestone LEXUS RC F 110 2:59:13.455  
  5 6 大嶋 和也/A.カルダレッリ Bridgestone LEXUS RC F 110 2:59:18.588  
  6 8 松浦 孝亮/野尻 智紀 Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT 110 2:59:58.494  

[予 選]

天候:Cloudy/路面:Dry 気温: 19℃ 〜 19℃ 路面温度: 27℃ 〜 24℃

  順位 No. ドライバー タイヤ マシン 周回数 タイム  
  1 12 安田 裕信/J.P.デ・オリベイラ Bridgestone ニッサン GT-R ニスモ GT500 -- 1:27.453  
  2 46 本山 哲/千代 勝正 MI ニッサン GT-R ニスモ GT500 -- 1:27.687  
  3 38 立川 祐路/石浦 宏明 Bridgestone LEXUS RC F -- 1:27.960  
  4 1 松田 次生/R.クインタレッリ MI ニッサン GT-R ニスモ GT500 -- 1:27.973  
  5 39 H.コバライネン /平手 晃平 Bridgestone LEXUS RC F -- 1:27.996  
  6 15 武藤 英紀/O.ターヴェイ Bridgestone Honda NSX CONCEPT-GT -- 1:28.326