2016年 全日本カート選手権 KF 第4戦

雨に苦戦するものの野中誠太が6位入賞!

開催場所 : フェスティカサーキット瑞浪  開催日 : 6月18日〜6月19日

続いて行われた第4戦のスケジュールが始まる午後には、心配された雨が本格的に降りだし、ウェットコンディションでのレースとなった。

〈予選〉
ウェットとなった予選ヒート。序盤からやや順位を落とす展開となり苦戦となったものの、PPスタートの佐藤が粘り、7位でフィニッシュ。名取8位、西村拓真(FA-KART・VORTEX・BS)が9位、野中誠太(RICCIARDO・TM・BS)が10位と続いた。

〈決勝〉
スタート前に一時的に雨が止んだものの、路面は依然としてウェットのまま。ほぼ全車がレインタイヤでの出走となった。レースがスタートすると、時折雨が強まる天候となり、回復しかけた路面の回復を妨げる。そんな難しいコンディションの中、奮闘したのが野中。集団での6番手争いを制し6位入賞を飾った。

●野中誠太/BS最上位ドライバーのコメント
前半はペースも良く他社勢にもついて行けましたが、中盤から後半はリアの摩耗が激しくペースが落ちてしまいました。最後は少しきつかったです。ブレーキングやラインどりを工夫したことで、他のBS勢に比べても速く走れたんだと思います。

●(株)ブリヂストンMSタイヤ開発部 本田真悟のコメント
ドライのタイムトライアルではトップ2をはじめ上位6台のうち4台を占め、勝負になることを証明できたと思いますが、決勝日は予想外の天候となってしまい、ちょっとしたコンディション変化に対応できませんでした。次回の茂原は暑い気候が予想されますが、ドライだったら絶対に落とさないように、ウェットでも勝ちにいけるようにしたいです。

RESULT

コース:フェスティカサーキット瑞浪( 1.177km×22laps=25.894km )

[決 勝]

天候:Cloudy-Rain/路面:Dry-Wet 気温:24℃ 路面温度:22℃

  順位 No. ドライバー タイヤ フレーム エンジン 周回数 タイム  
  1 4 朝日 ターボ DL エクスプリット TM 22  
  2 3 宮田 莉朋 DL エクスプリット TM 22 +3.078  
  3 21 三村 壮太郎 YH CROCPROMOTION TM 22 +3.859  
  4 12 小高 一斗 YH CRG TM 22 +6.762  
  5 34 角田 裕毅 DL Drago Corse TM 22 +9.394  
  6 16 野中 誠太 Bridgestone Ricciardo TM 22 +11.321  

[予 選]

天候:Rain/路面:Wet 気温:23℃ 路面温度:26℃

  順位 No. ドライバー タイヤ フレーム エンジン 周回数 タイム  
  1 4 朝日 ターボ DL エクスプリット TM 16  
  2 3 宮田 莉朋 DL エクスプリット TM 16 +4.671  
  3 12 小高 一斗 YH CRG TM 16 +5.689  
  4 21 三村 壮太郎 YH CROCPROMOTION TM 16 +7.506  
  5 18 菅波 冬悟 DL CRG TM 16 +7.687  
  6 34 角田 裕毅 DL Drago Corse TM 16 +12.954