2016年 全日本カート選手権 KF 第9戦

佐々木大樹、粘りのレースで5位入賞!

開催場所 : 鈴鹿サーキット 国際南コース  開催日 : 10月22日〜10月23日

2016年オートバックス全日本カート選手権KF部門の最終ラウンドとなる第9戦・第10戦が10月22〜23日に鈴鹿サーキット国際南コースで開催された。
今大会を迎える時点で、ランキングトップには名取鉄平(BirelART・TM・BS)がつけ、初のタイトル獲得へ挑む。また高橋悠之(TONYKART・VORTEX・BS)もランキング5位ながら、逆転でのタイトル獲得の可能性を残し、今大会を迎えることとなった。

〈予選〉
土曜日夕方に行われたタイムトライアル。ブリヂストン勢は佐々木大樹(TONYKART・VORTEX・BS)が5位を確保。三宅淳詞(SWF・IAME・BS)が8位、名取は17位となる。
日曜日に行われた予選ヒート。序盤は大草りき(TONYKART・TM・BS)と佐々木が3番手、4番手で周回を重ね、上位進出を狙う。佐々木は最後まで粘り強く走り、このヒートを3位で終了。決勝は2列目スタートとなる。大草も5位でチェッカー。一方、名取は14位でこのヒートを終えた。

〈決勝〉
決勝でも佐々木が好スタートを見せ、オープニングラップを2番手で終える。2周目にはトップに上がった佐々木だったが、6周目に2番手にダウン。その後はトップグループに加わりながら周回を重ねていくが、終盤に入るとややペースが落ち、5番手に後退してチェッカーとなった。予選リタイアから追い上げた高橋が8位、名取はペースが上がらず20周目にリタイアとなった。

●佐々木大樹/BS最上位ドライバーのコメント
朝のウォームアップ時より、コンディションが合わず厳しいレースとなりました。その中で粘るレースとなり、他のBS勢を見ても厳しかったと思います。午後のレースは、QPのない分、周回的には楽になるので、展開をうまく作って戦いたいと思います。

RESULT

コース:鈴鹿サーキット 国際南コース( 1.264km×24laps=30.336km )

[決 勝]

天候:Cloudy/路面:Dry 気温:22℃ 路面温度:25℃

  順位 No. ドライバー タイヤ フレーム エンジン 周回数 タイム  
  1 34 角田 裕毅 DL CROCPROMOTION TM 24 19:18.403  
  2 4 朝日 ターボ DL エクスプリット TM 24 19:19.367  
  3 3 宮田 莉朋 DL エクスプリット TM 24 19:21.164  
  4 2 澤田 真治 DL エクスプリット TM 24 19:21.485  
  5 5 佐々木 大樹 Bridgestone トニーカート ヴォルテックス 24 19:21.618  
  6 12 小高 一斗 YH CRG TM 24 19:23.461  

[予 選]

天候:Cloudy/路面:Dry 気温: 路面温度:

  順位 No. ドライバー タイヤ フレーム エンジン 周回数 タイム  
  1 4 朝日 ターボ DL エクスプリット TM 12 9:38.466  
  2 3 宮田 莉朋 DL エクスプリット TM 12 9:39.034  
  3 5 佐々木 大樹 Bridgestone トニーカート ヴォルテックス 12 9:39.866  
  4 2 澤田 真治 DL エクスプリット TM 12 9:40.073  
  5 24 大草 りき Bridgestone トニーカート TM 12 9:40.499  
  6 55 荒川 翔 Bridgestone Drago Corse TM 12 9:42.751