2016年 全日本ジムカーナ選手権 第7戦

N3クラスで菱井将文(ランサー/ブリヂストン)がシリーズチャンピオンを獲得!

開催場所 : スピードパーク恋の浦  開催日 : 2016年9月10日〜9月11日

 2016年 全日本ジムカーナ選手権第7戦は、福岡県北部に位置するスピードパーク恋の浦が戦いの舞台となった。今年で3回目となる全日本開催コースであるが、スタート地点と広場部分を隔てていた土手が削られて広がり、周回できる様に改修された。それによりコース設定の自由度が増し、昨年より10秒ほど長いコースが設定された。
 コースは、上の段からスタートして下って行き、長円型の下の段をショートカットを使いながら左回り・右回りとこなしたあと上に登り、上の段の広場のシケイン的に置かれたパイロンを避けながら新設コースを通ってスタート地点付近に戻り、一旦下って再度上の段の広場でパイロンスラロームをこなしてゴールという設定。シケインの配置と狭いパイロン間隔が選手にとってプレッシャーとなるテクニカルなコース設定となった。
 決勝日は朝から快晴。季節は秋であるがまだまだ暑く、競技が始まる頃で既に気温が28℃。その後30℃まで上がる中、熱い戦いが繰り広げられた。
 そんな中、N・SA・SCクラスでRE-11Sを履くPOTENZAユーザーは、全車が駆動輪に高温用コンパウンドを搭載したTYPE WH2を選択。N3クラスで菱井将文(ランサー/ブリヂストン)が優勝し、7年連続となるシリーズチャンピオンを獲得。SA2クラスでは渡辺公(NSX/ブリヂストン)が久保真吾(NSX/DL)のタイムに僅かに届かず2位となるが、これで渡辺と久保が3勝ずつ。最終戦となる次戦で勝った方がチャンピオンという争いに注目したい。
 PNクラスではRE-71Rを履くPOTENZAユーザーが活躍。PN2クラスでは河本晃一(フェアレディZ/ブリヂストン)が2位、森田陽介(シビック/ブリヂストン)が3位。PN3クラスではユウ(86/ブリヂストン)が2位、西野洋平(86/ブリヂストン)が3位。PN4クラスでは山野哲也(エキシージS/ブリヂストン)が100分の2秒差という僅差で惜しくも2位と、優勝こそできなかったものの多くの選手が上位入賞を果たした。

<N3クラス優勝、POTENZA RE-11S TYPE WH2装着>(1,000cc超の4WD車。改造範囲が狭い)
 1本目、菱井将文(ランサー/ブリヂストン)が2位の石元啓介(ランサー/ブリヂストン)を2秒引き離すタイムを出す。2本目は2人ともタイムダウンで1本目のタイムで菱井の優勝が決まり、菱井の今季6勝目。1戦欠場しているが参加した大会は全て優勝という快挙でシリーズチャンピオンを獲得。来年、このN3クラスは今のSA3クラス(4WD車。改造範囲が広い)と統合されることが決まっているが、菱井は次の最終戦で一足早くSA3クラスに参戦することを宣言。今季SA3クラスでは津川信次(ランサー/DL)が7戦全戦優勝で既にシリーズチャンピオンを決めているが、今季は改造範囲の狭いN3クラスの菱井が3度もオーバーオールタイムを叩き出していることから、津川との勝負が楽しみである。
●菱井将文「金曜日からずっと天気が良く、気温も高めだったのでWH2と決めていました。ここ恋の浦の路面にはWH2の相性が良く、安心して攻めることができますね。1本目も2本目もタイヤは安定した性能を発揮してくれました。2本目にタイムアップできなかったのが心残りですが、路温が上がったのと路面のラバーの影響があったのかもしれません。でもまぁ上出来でしょう。全勝でシリーズチャンピオンを決めることができたのは光栄です。来年はNではなくSAクラスとなり、ライバルも強力なのですが、シリーズチャンピオンを目指して頑張りたいと思います。次戦はそのSAにお試しで参戦します。過去にも借り物のマシンで出たことはある(2013年の最終戦にSA3クラスに出場し、優勝している。会場は今季最終戦と同じイオックスアローザ)けど、今回は自分のマシンを少しSA車両に近づけて出ます。乞うご期待!」

※タイヤ装着シェア(総出場台数99台中)
BRIDGESTONE:33台(33.3%)/DUNLOP:44台(44.4%)/YOKOHAMA:20台(20.2%)/TOYO:1台(1.0%)/AVON:1台(1.0%)

RESULT

コース:スピードパーク恋の浦 天候:Fine/路面:Dry

 

PN-1クラス  クラス出走台数:16台

気温:1回目:28℃ 2回目:30℃ 路面温度:1回目:31℃ 2回目:38℃

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 5 小林 キュウテン YH マツダ ロードスター 1:41.495  
    2 10 箕輪 雄介 YH スズキ スイフト 1:41.516  
    3 1 難波 眞 DL マツダ ロードスター 1:42:512  

PN-2クラス  クラス出走台数:8台

気温:1回目:28℃ 2回目:30℃ 路面温度:1回目:31℃ 2回目:38℃

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 22 片山 誠司 YH ホンダ シビック FD2 1:41.687    
  2 21 河本 晃一 Bridgestone ニッサン フェアレディZ 1:41.938    
  3 23 森田 陽介 Bridgestone ホンダ シビック FD2 1:42.549    
 

PN-3クラス  クラス出走台数:15台

気温:1回目:29℃ 2回目:30℃ 路面温度:1回目:32℃ 2回目:38℃

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 39 川北 忠 DL スバル BRZ 1:40.332  
    2 37 ユウ Bridgestone トヨタ 86 1:40.663  
    3 36 西野 洋平 Bridgestone トヨタ 86 1:41.826  

PN-4クラス  クラス出走台数:8台

気温:1回目:29℃ 2回目:30℃ 路面温度:1回目:33℃ 2回目:38℃

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 46 茅野 成樹 DL 三菱 ランサーエボリューション 1:38.290    
  2 45 山野 哲也 Bridgestone ロータス エキシージS 1:38.310    
  3 44 岡野 博史 YH スバル WRXSTI 1:38.894    
 

N-1クラス  クラス出走台数:8台

気温:1回目:29℃ 2回目:30℃ 路面温度:1回目:33℃ 2回目:37℃

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 53 小林 規敏 DL ホンダ インテグラ DC2 1:37.500  
    2 55 朝山 崇 DL ホンダ インテグラ DC2 1:37.652  
    3 54 高江 淳 DL ホンダ インテグラ DC2 1:37.750  

N-2クラス  クラス出走台数:5台

気温:1回目:30℃ 2回目:29℃ 路面温度:1回目:34℃ 2回目:37℃

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 60 小俣 洋平 DL マツダ RX-7 1:36.406    
  2 59 上本 昌彦 YH マツダ RX-7 1:37.138    
  3 57 安部 洋一 Bridgestone マツダ RX-7 1:38.415    
 

N-3クラス  クラス出走台数:5台

気温:1回目:30℃ 2回目:29℃ 路面温度:1回目:34℃ 2回目:37℃

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 66 菱井 将文 Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 1:35.079  
    2 64 石元 啓介 Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 1:37.190  
    3 65 飯坂 忠司 Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 1:37.688  

SA-1クラス  クラス出走台数:13台

気温:1回目:30℃ 2回目:29℃ 路面温度:1回目:34℃ 2回目:37℃

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 79 若林 隼人 YH ホンダ CR-X 1:37.517    
  2 78 志村 雅紀 YH ホンダ シビック EK9 1:37.756    
  3 76 小武 拓矢 YH ホンダ CR-X 1:38.329    
 

SA-2クラス  クラス出走台数:6台

気温:1回目:30℃ 2回目:28℃ 路面温度:1回目:35℃ 2回目:36℃

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 85 久保 真吾 DL ホンダ NSX 1:37.674  
    2 84 渡辺 公 Bridgestone ホンダ NSX 1:37.778  
    3 82 鰐部 光二 DL マツダ RX-7 1:38.308  

SCクラス  クラス出走台数:8台

気温:1回目:30℃ 2回目:28℃ 路面温度:1回目:35℃ 2回目:36℃

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 101 大橋 渡 DL 三菱 ランサーエボリューション 1:34.918    
  2 100 野中 信宏 TY 三菱 ランサーエボリューション 1:36.629    
  3 98 尾崎 誠治 Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 1:37.232