2016年全日本ロードレース【ST600 Supported by BRIDGESTONE】第1戦

名越哲平が全日本初優勝・前田恵助が全日本初表彰台

開催場所 : 筑波サーキット  開催日 : 4月9日-10日

 ブリヂストンのワンメイクレースとして2年目となった全日本ロードレース選手権ST600クラス。初年度となった昨年は予選と決勝で1セットのタイヤルールだったが、2年目の今年は2セットに変更された。昨年チャンピオンの横江竜司は今季はエントリーしておらず、ランキング3位の大久保光は世界戦に挑戦開始。昨年のランキング2位のデチャ・クライサー、4位のチャロンポン・ポラマイというタイ人ライダー二人に加え、若手も多く参戦。開幕戦のエントリーは37台を数えた。
 土曜日の予選を制して全日本初ポールポジションを獲得したのは中山真太郎。2番手には筑波をホームコースとする榎戸育寛、3番手岩戸亮介と、若手の二人が健闘を見せる。ポラマイが2列目4番手グリッド。チームメイトのクライサーは金曜日の走行で転倒して体を痛め、9番手に沈んでしまう。

 決勝では中山が好スタートを切ってレースをリードしたが、3周目には岩戸がトップ浮上。同時にトップ争いに加わっていた榎戸が転倒、7周目にはクライサーが転倒と激しい展開。11周目に全日本ルーキーの和田留佳が転倒し、赤旗となってレース中断。10周終了時点での順位でグリッドにつき直し、15周でレース再開。しかしスタート直後に亀井雄大が転倒。これでまたしても赤旗が提示された。
 3回目のスタート。今度はポラマイがホールショットを奪って集団を引っ張る。追いかけたのは岩戸。前田恵助・スポット参戦の高橋英倫・赤旗提示前に3番手に浮上していた名越哲平の3台が、表彰台争いを開始する。11周目、岩戸がトップ浮上。徐々に前田と高橋が遅れ出し、優勝争いは岩戸・ポラマイ・名越の3台に絞られた。
 ラスト2周にトップ奪回をねらったポラマイが転倒した挙句に岩戸に激突。2台が戦線離脱。これで名越が悠々とトップでチェッカーを受け、全日本初優勝を飾った。4位争いから2位争いに転じたバトルを前田が制し、全日本初表彰台を獲得した。

●名越哲平(予選8位/決勝1位)
「最終ラップに入るまで勝てるとは思いませんでした。岩戸選手がトップに立ってからペースが速く、付いて行くのに必死だったのですが、自分のペースで走ろうと切り替えて走ることを心がけました。前の2台が転倒してしまったので運もありますが、優勝することができてうれしいです」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「ブリヂストンバトラックスR10のワンメイク2年目となるこのクラス、筑波サーキットでの開催は初めてとなります。今年から変更の予選・決勝でタイヤ2セット使用ルールも、ライダーには好評でした。今大会、25周で行なわれるはずでしたが、転倒車の影響で2回の赤旗中断となりました。走行が中断されてからの再スタートという、ライダーとタイヤにとって厳しい環境となってしまいましたが、R10を履いた各車は、最後まで安定したペースを維持していました。このクラスも、ベテランと若手の争いという構図ができています。例えば予選上位の3人は、ポールポジションが38歳の中山真太郎選手、2番手が17歳の榎戸育寛、3番手には18歳の岩戸亮介となっています。荒れた展開のレースでしたが、常に安定した速さで18歳の名越哲平が初優勝を果たしました。2位には18歳の前田恵助選手、3位に35歳の高橋英倫選手が入り、若手がベテランを越えて成長していくというカテゴリーのコンセプトに合った理想的な形ができています」

RESULT

コース:筑波サーキット( 2.07km×25laps=51.75km ) 天候:Cloudy/路面:Dry 気温:21℃ 路面温度:33℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 73 名越 哲平 Bridgestone MuSASHi RT Jr. CBR600RR ホンダ 25 9:52.768+14:50.451  
  2 5 前田 恵助 Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 25 9:53.298+14:56.428  
  3 57 高橋 英倫 Bridgestone 桜プロジェクト with アクタホールディング & MF ZX-6R カワサキ 25 9:58.084+14:57.093  
  4 23 津田 一磨 Bridgestone AKENO SPEED YZF-R6 ヤマハ 25 9:59.347+14:57.211  
  5 19 中山 真太郎 Bridgestone TEAMしんたろうwith KRT CBR600RR ホンダ 25 9:55.225+14:57.448  
  6 85 松崎 克哉 Bridgestone RS-ITOH & 能塚 ZX-6R カワサキ 25 9:59.196+14:57.637