2016年全日本ロード レース【J-GP2】第1戦Race2

満身創痍の生形秀之がレース2で表彰台獲得

開催場所 : 筑波サーキット  開催日 : 4月9日-10日

 開幕戦のJ-GP2クラスは予選は計時予選に加えてトップ10がスーパーポールに進出というこのクラスでは初の試み。さらに決勝は2レースが設定された。レース2のグリッドは40分間計時予選で、またレース1のグリッドはその後のスーパーポールで、それぞれ決定する。土曜日の計時予選では、生形秀之(ブリヂストン)は順調にタイムアタックをしていたが、新品タイヤを投入したセッション残り5分を切ったところで転倒し、5番グリッドから日曜日のレース2に臨むこととなった。

 生形はレース序盤にトップ争いを展開。レース中盤には浦本修充(DL)と國峰琢磨(DL)が抜け出して2台でトップ争いを開始。生形は岩崎哲朗(DL)と一騎打ちの表彰台争いを続ける展開となる。ラストラップ。浦本に仕掛けた國峰がラインを大きく外す。その間に生形は2番手浮上。生形と一緒に國峰をかわして3番手に浮上した岩崎は、生形に仕掛けようとして転倒。生形は巻き込まれることなく2位でフィニッシュ。フロントロー3番グリッドからスタートし、サード集団をリードしていた水野涼(ブリヂストン)は一歩、表彰台に届かず4位でゴールした。

●生形秀之(レース1予選7位/決勝6位・レース2予選5位/決勝2位)
「先週の事前テストで大転倒して背中を痛めたのですが、今週に入って激痛に襲われて、レースができるのかどうか不安な状態でした。さらに計時予選でまた転倒して肩と手首を痛め、ブリヂストンに用意してもらったタイヤも使えず、完全に不完全燃焼に終わりました。レース2も最後は手が動かなくなり、厳しいながらに何とか走り切れいました。タイヤが最後まで安定したパフォーマンスを発揮して助けてくれたおかげです」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「今回、土曜日と日曜日とそれぞれ1回ずつレース行なわれ、日曜日レース2ではブリヂストンユーザーのベテラン生形秀之選手が2位に入賞しました。生形選手は1週間前の事前テストで大転倒、さらにウィークの予選でも転倒し満身創痍の状態でした。痛みを抱えた状態で我慢のレースを強いられましたが、ベテランの強みを発揮しました。昨年のJ-GP3チャンピオン、ブリヂストンユーザーの水野涼選手はこのクラスにステップアップし、レース2では4位に入賞しました。レーシングバトラックスを履いたブリヂストンの上位ユーザー全車がフロントにソフト/リアにミディアムハードを使用しました。コースから近いところで観戦でき、コンパクトな筑波サーキットならではの、フレンドリーでエキサイティングな筑波全日本ロードレース。3年振りの開催となり、J-GP2のスーパーポール予選や2レース制で、多くの観客が盛り上がっていました」

RESULT

コース:筑波サーキット( 2.07km×20laps=41.4km ) 天候:Cloudy/路面:Dry 気温:23℃  路面温度:31℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 94 浦本 修充 DL Team KAGAYAMA GSX-proto71 スズキ 20 19:17.631  
  2 2 生形 秀之 Bridgestone エスパルス ドリームレーシング GSX-R MFD6 スズキ 20 19:19.592  
  3 55 國峰 琢磨 DL H43 Team-NOBBY HP6q ホンダ 20 19:19.755  
  4 634 水野 涼 Bridgestone MuSASHi RT ハルク・プロ HP6q ホンダ 20 19:19:910  
  5 17 石塚 健 DL Will-RAISEracingRS-ITOH ZX-6R カワサキ 20 19:21.247  
  6 11 井筒 仁康 DL Will-RAISEracingRS-ITOH ZX-6R カワサキ 20 19:21.880