2016年全日本ロードレース【JSB1000】第8戦Race2

土砂降りの雨の中で山口辰也が優勝
ついに中須賀克行の連勝ストップ

開催場所 : 岡山国際サーキット  開催日 : 9月24日-25日

 今大会のJSB1000クラスは2レース制。土曜日Q1に引き続いて行われたTOP10台によるQ2でも、中須賀克行(ブリヂストン)がトップタイムをマーク。レース1・レース2共にポールポジションを獲得。12レース連続のポールシッターとなった。
 2番手には津田拓也(ブリヂストン)、3番手には高橋巧(ブリヂストン)。2列目には野左根航汰(ブリヂストン)・山口辰也(ブリヂストン)・渡辺一樹(ブリヂストン)が並び、ブリヂストン勢が2列目までを独占した。

 レース2が行なわれた日曜日は、昼前から雨に見舞われた。その雨も降ったりやんだりの微妙な状況。午後2時前にスタート進行が始まり、全車がグリッドについたころに、一時は治まっていた雨がまたしても激しく降り始める。ウォームアップラン途中でオーバーランするマシンもあり、ライダーたちが危険をアピール。これで赤旗が提示されてスタートディレイに。24周から22周に減算されウェット宣言が出されたが、スタートを迎えることには大雨になっていた。
 水しぶきを上げながらスタート。中須賀に野左根が続いてヤマハがワンツー体制。しかし2台共にマシンが振られてラインを外す。その間に高橋巧がトップ浮上。中須賀と野左根に山口を加えて、3台での2位争いを開始する。5周目に中須賀は2位争い集団最後尾へドロップ。集団トップに立った野左根は6周目に転倒。これで2番手に上がった山口はみるみる高橋巧を追い上げる。
 11周目の最終コーナーで高橋巧のマシンが膨らむ。その間にトップに浮上した山口は、一人別次元の走りを披露し、あっと言う間にトップ独走体制に。
 ペースを緩めずに22周を走り切った山口は、最後には高橋巧に35秒という大差をつけて圧勝。2009年以来となるJSB1000クラスでの優勝となった。高橋巧2位・中須賀3位でフィニッシュ。連勝を11で止めることになった中須賀は「プレッシャーから解放された」としながらも「久々に悔しい気持ちを味わった」とコメントした。

●山口辰也(予選5位/決勝1位)
「ウェットコンディションは不安があったけれど、冷静に周囲を見たら僕のバイクはアドバンテージがありました。タイヤもグリップしたし、バイクのセッティングもよく、安心して走ることができました。ブリヂストンはいつも僕に対して『プライベーター』という枠組みではなく、きちんとトップ勢と同じサポートをしてくれて感謝しています」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「スタート前の雨で、J-GP2同様、スタートディレイとなりました。スタート時の雨量は少なかったものの完全なウェット路面で、全車レインタイヤを装着しました。今シーズン初のウェットレースは難しコンディションで、表彰台を獲得した3人はそれぞれ違う選択をしました。前後共にソフトを選んだ山口選手が優勝でしかもチームの地元ということで、TOHOレーシングの皆様にはお祝いを申し上げます。2位の高橋巧選手はフロントにソフト・リアにミディアムソフト。3位の中須賀選手は前後共にミディアムソフトでした。
また、量産タイヤを装着した武石伸也選手が5位・近藤湧也選手が8位と、好成績を残してくれたのも、非常にうれしく思います」

RESULT

コース:岡山国際サーキット( 3.703km×22laps=81.466km ) 天候:Rain/路面:Wet 気温:24℃ 路面温度:26℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 104 山口 辰也 Bridgestone TOHO Racing CBR1000RR ホンダ 22 39:12.313  
  2 634 高橋 巧 Bridgestone MuSASHi RT ハルク・プロ CBR1000RR ホンダ 22 39:48.233  
  3 1 中須賀 克行 Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 22 40:00.410  
  4 72 高橋 裕紀 DL モリワキ・レーシング CBR1000RR ホンダ 22 40:14.840  
  5 14 武石 伸也 Bridgestone SYNCEDGE 4413 Racing S1000RR BMW 22 40:25.400  
  6 15 藤田 拓哉 Bridgestone YAMALUBE RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 22 40:28.180