2017年 全日本ロードレース【ST600 Supported by BRIDGESTONE】第1戦

雨の中でベテランと若手が対決
星野知也が開幕戦を制する

開催場所 : 筑波サーキット  開催日 : 4月8日〜9日

 ST600クラスはブリヂストンタイヤワンメイクレースとして新たなスタート切って3年目のシーズンを迎えた。昨年のチャンピオン榎戸育寛はJ-GP2クラスにスイッチ。ランキング2位のチャロンポン・ポラマイはアジア選手権にスイッチ。一方、全日本ルーキーの若手が数多く参入。さらなる盛り上がりを期待させるシーズンが筑波で開幕した。
 予選日は朝からあいにくの雨。しかしST600クラスの予選セッションが始まるころには上がった。路面は相変わらずのウエットコンディション。しかし跳ね上がる水しぶきは確実に少なくなっている。まずは10代ライダーの和田留佳がリーダーボードのトップに浮上。全日本ルーキーの奥田教介が2番手につける。セッション残り10分を切ったところでドライタイヤを投入するライダーが続出。残り5分で熾烈なタイムアタック合戦が始まった。
 昨年は最終戦の転倒でチャンピオンを取り逃した前田恵介と奥田が交互にトップタイムをマーク。これを奥田が制し、全日本デビュー戦でのポールポジション獲得となった。

 決勝日も朝から雨。水しぶきを上げながら全車が一斉にスタートを切る。好スタートを切ってレースをリードしたのは前田。奥田、長尾健吾、星野知也、和田と続く。
 前田が逃げる。追いかける奥田の背後につけたのは2周目に長尾を捕えて3番手に浮上した星野。この3台がトップ集団を形成。7周目。奥田と星野の2位争いが熾烈に。9周目に奥田を捕えた星野はそのまま前田を追いかける。そして10周目に前田を捕えた星野がトップに躍り出た。
 あきらめずに星野の背後につける前田。しかしすでに周回遅れが出現。これをうまく利用した星野が前田に若干のアドバンテージを築いた。21周終了時点で星野は前田に3秒以上の差をつけた。前田も奥田に2秒のアドバンテージを持ってトップ3はそれぞれ単独走行に。そしてそのままチェッカーとなった。

●星野知也(予選3位/決勝1位)
「(昨年の雨の岡山で優勝して以来)みんなから『今回も決勝は雨だから勝てるね』と言われました。でも何もせずに速く走れるわけではなく、決勝までの組み立てが重要です。今回は苦労も伴いましたが、岡山よりも緻密に勝つことができました。バイクに乗ったのは昨年の最終戦以来です。でもトレーニングの効果も出たし、去年の苦労が実りました。次戦のSUGOラウンドは苦手意識があるけれど、頑張ります」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「完全なウエットコンディションとなり、全車ウエットタイヤのフロントE05Z、リアE08Zを装着してスタートしました。レース序盤からベテランと若手の激しいバトルとなりましたが、ベテランの星野選手が昨年の雨の岡山大会優勝に続き、今季の開幕戦を制しました。若手の前田選手が2位、全日本ルーキーの奥田選手が3位表彰台を獲得。今年も多くの若いライダーや新規参入者があり、今後のレースが非常に楽しみです。今週も不安定な天気でしたが、タイヤはドライ、ウェット共に幅広いコンディションに対応出来たと思います」

RESULT

コース:筑波サーキット( 2.07km×25laps=51.75km ) 天候:Rain/路面:Wet 気温:14℃ 路面温度:16℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 46 星野 知也 Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 25 26:17.502  
  2 5 前田 恵助 Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 25 26:20.328  
  3 57 奥田 教介 Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 25 26:26.826  
  4 50 國峰 琢磨 Bridgestone T.ProInnovation CBR600RR ホンダ 25 26:28.529  
  5 15 和田 留佳 Bridgestone RS-ITOH & サンタバイク ZX-6R カワサキ 25 26:28.828  
  6 84 長尾 健吾 Bridgestone チームけんけんwith BEE YZF-R6 ヤマハ 25 26:31.144