2017年 全日本ロードレース【ST600 Supported by BRIDGESTONE】第3戦

全日本2年目の岡本裕生が全日本初優勝!!

開催場所 : スポーツランドSUGO  開催日 : 5月13日〜14日

 土曜日は雨と霧に見舞われ、予選は決勝日朝に持ち越されたが、相変わらずの雨模様の中でのタイムアタックとなった。
 セッション前半は前田恵助・清末尚樹・岡本裕生が次々にリーダーボードのトップに浮上。セッション中盤にはスポット参戦の横江竜司が2番手以下に2秒ほどの大差をつけて首位に躍り出る。横江はさらにアタックを続けてさらにタイムを更新し、後続を引き離す。
 岡本が必死にタイムを詰めて、残り2分で横江にコンマ9秒差まで詰める。最終アタックで奥田教介が2番手浮上するも、岡本が奥田から2番手奪回し、さらにこの2番手争いに前田も参戦。しかし横江に届くものはおらず、横江がポールポジション獲得。2番手争いは岡本が制し、前田が3番手フロントロウ獲得。奥田は4番手2列目からのスタートとなった。

 決勝日最後にスケジュールされたST600決勝。雨は降りやまず、さらに霧も立ち込めてきた。
 オープニングラップから後続を引き離してトップ争いを開始したのは岡本と横江。しかし4周目に横江が転倒。これで岡本がトップ独走体制に。その背後で2位争いを始めたのは前田と星野知也。6周目に星野の前に出た前田が、星野を引き離しながら2番手単独走行を開始する。
 レース折り返しの9周終了時点で2番手に9秒以上のアドバンテージを築いた岡本。そのまま全日本初優勝を飾った。前田は2位でチェッカー。予選で2回の転倒を喫して手を痛めていた星野は反撃できずも3位表彰台を獲得した。

●岡本裕生(予選2位/決勝1位)
「今回は勝てると思っていました。予想どおりにスタートもうまく決まったし、自分のペースで走ることができました。事前テストに参加できなかったのですが、木曜日の走行から調子よく、タイムも出せていました。雨も得意な方です。次戦は走り込んでいるもてぎですし、今大会で自信もついたので、この勢いで今季走る機会をくれたチームに恩返しできるレースをしたいです」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「難しいウェットコンディションの中で全員がウェットタイヤを装着。予選2番手からスタートした岡本選手がレース序盤からトップに立ち、独走で全日本初優勝を遂げました。岡本選手とチームの皆様にお祝いを申し上げます。また、開幕戦で表彰台を獲得した前田選手と星野選手が2戦連続で表彰台を獲得しました。悪天候に見舞われながらも最後までレースが行なわれてよかったです」

RESULT

コース:スポーツランドSUGO( 3.737km×18laps=67.266km ) 天候:Rain/路面:Wet 気温:15℃ 路面温度:15℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 52 岡本 裕生 Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 18 30:20.396  
  2 5 前田 恵助 Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 18 30:36.713  
  3 46 星野 知也 Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 18 30:48.329  
  4 50 國峰 琢磨 Bridgestone T.ProInnovation CBR600RR ホンダ 18 31:03.600  
  5 38 杉山 優輝 Bridgestone MOTO BUM HONDA CBR600RR ホンダ 18 31:03.907  
  6 20 名越 公助 Bridgestone GBS YAMAHA マツエセブン忠男 YZF-R6 ヤマハ 18 31:17.885