2017年 全日本ロード【J-GP2】第3戦

水野涼が開幕3連覇を達成
ブリヂストンユーザーが表彰台を独占

開催場所 : スポーツランドSUGO  開催日 : 5月13日〜14日

 レースウィーク土曜日は大雨と濃霧に見舞われて走行はキャンセル。日曜日に予選と決勝が行なわれる1DAY開催となった。日曜日になっても青空には恵まれず、相変わらずの雨模様になったスポーツランドSUGO。雨量は確実に少なくなっていたが、昨日からの大雨でコース上はハードウェットコンディション。20分間という短時間勝負のタイムアタック合戦が展開された。
 セッション前半は伊藤勇樹(DL)がリーダーボードのトップに立つ。セッション中盤には岩戸亮介(ブリヂストン)・榎戸育寛(DL)・伊藤と次々にトップが入れ替わる混戦。残り5分を切り、さらに熾烈なアタック合戦が開始された。関口太郎(ブリヂストン)・岩戸・水野涼(ブリヂストン)・生形秀之(ブリヂストン)が、次々とトップタイムを塗り替える。
 残り30秒で岩戸が再度トップ浮上。生形も迫ったがわずかに届かず。岩戸がポールポジション獲得。生形・関口がフロントロウを獲得した。

 スタート時刻を迎えても雨は降りやまず、小雨の中で始まった決勝レース。オープニングラップを制したのは生形。関口・水野・岩戸と続く。オープニングラップで伊藤と榎戸が姿を消す波乱のスタート。
 生形が逃げ切り体制に移る。関口と水野はし烈な2位争いを開始。2周目に関口を捕えた水野が生形との差を詰める。関口もしっかりと2台についていき、3台でトップ集団を形成する。8周目のシケインで水野がトップ浮上。水野・生形・関口の順番に替えて3台はつかず離れず周回を重ねる。レース終盤に向けて徐々に水野が逃げ切り体制に移った。
 16周目。関口が生形の前に出た。トップ水野はコンマ9秒先。その差をみるみる詰めていく。そしてラストラップ。関口は水野との差をコンマ3秒まで詰めた。しかし順位を替えるまでには至らず、水野が開幕3連勝を達成。関口は2位でチェッカー。生形は3位表彰台を獲得した。

●水野涼(予選4位/決勝1位)
「ほとんどのブリヂストンユーザーが、誰でも買える市販タイヤでレースしました。市販タイヤなのにポテンシャルが高く、レース序盤から終始速いペースで走ることができました。ウェット路面だったのにグリップも高く、タイヤに助けられました。今後のいいデータにもなったと思います」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「昨日の予選がキャンセルになり、今日は予選と決勝を行なうタイトなスケジュールになりました。予選・決勝共にウェットコンディションで、ブリヂストンユーザーはほとんどのライダーが市販のW01を使用し、予選では1位から4位までを独占。岩戸選手がこのクラスで初のポールポジションを獲得しました。決勝では水野選手と関口選手のバトルが最後まで続き、水野選手が開幕戦に続いて3連勝というすばらしい結果を残しました。水野選手とチームの皆様にお祝いを申し上げます。決勝でも1位から4位までがブリヂストンユーザーという好結果を、うれしく思います」

RESULT

コース:スポーツランドSUGO( 3.737km×18laps=67.266km ) 天候:Rain/路面:Wet 気温:16℃ 路面温度:19℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 634 水野 涼 Bridgestone MuSASHi RT ハルク・プロ HP6q HARC-PRO. 18 30:38.457  
  2 44 関口 太郎 Bridgestone SOX Team TARO PLUSONE HP6 HARC-PRO. 18 30:38.829  
  3 4 生形 秀之 Bridgestone エスパルス ドリームレーシング GSX-R MFD6 スズキ 18 30:42.301  
  4 31 岩戸 亮介 Bridgestone Team高武RSC MD600 モリワキ 18 30:45.054  
  5 17 井筒 仁康 DL Will-RAISEracingRS-ITOH ZX-6R カワサキ 18 31:13.588  
  6 24 中本 翔 MI リリカAMENA with OUTRUN YZF-R6 ヤマハ 18 31:39.904