2016年 全日本モトクロス IA2 第2戦

大塚豪太がヒート1-10位/ヒート2-5位

開催場所 : オフロードヴィレッジ  開催日 : 4月16日~17日

2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県川越市と上尾市に跨がるウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。大会期間中、土曜日は春らしい穏やかな好天となったが、日曜日は低気圧の影響で終日強風が吹きつけた。会場のウエストポイント・オフロードヴィレッジは荒川と入間川の間に位置する河川敷コース。基本フラットで限られた敷地の中に、大小のコーナーとジャンプ・リズムセクションなどを配する。都心からクルマで1時間ほど、電車・バスなど公共交通機関を利用してもアクセスできる立地の良さから、大会期間中は主催者発表で7200名の観客が訪れ、強風と舞い上がるホコリに耐えながらレースを見守った。なお、大会直前に九州地方を襲った熊本地震に対して、土曜日のライダーブリーフィング・日曜日の大会式典で黙祷を行い競技をスタートした。

■IA2 ヒート1
ホールショットを奪ったのは能塚智寛(ホンダ-DL)。ブリヂストン勢は、道脇右京(ホンダ-ブリヂストン)が4番手・斉藤嵩(スズキ-ブリヂストン)が7番手・菅谷崚介(カワサキ-ブリヂストン)が11番手・大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)が14番手でオープニングラップをクリア。前半6番手を走行する健闘を見せた道脇は、後半ややペースを下げて11位。斉藤は中盤ひとつ順位を上げ6位に浮上するも、終盤ミスで8位となりチェッカー。菅谷は前半10番台で健闘するも、後半は20位をキープ。一方、序盤16番手まで順位を下げた大塚は、中盤以降に盛り返し、順位を上げ10位でチェッカーを受けた。

■IA2 ヒート2
風で飛ばされるように雲がなくなり、青空が広がるも、相変わらず強い風が吹きつけた午後のレース。スタートでまずまずのポジションを得たのは道脇と大塚。オープニングラップは道脇4番手・大塚5番手で、後方ブリヂストン勢は近藤祐介(ホンダ-ブリヂストン)6番手・菅谷13番手・斉藤14番手でレース開始する。序盤の混戦の中、大塚は8番手までポジションを下げたものの、中盤以降持ち直すと、ヒート1と同じく後半にポジション挽回し、大塚は5位でフィニッシュ。道脇は7位。1分40秒前後のラップタイムを重ね確実に周回を重ねた斉藤は、4台をパスし10位でチェッカーを受けた。

RESULT

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート1]

天候:/路面: 気温: 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 20 31:48.614  
  2 31 岡野 聖 DL フライング ドルフィン サイセイ YZ250F ヤマハ 20 31:53.282  
  3 912 小川 孝平 DL Team ITOMO CRF250R ホンダ 20 31:54.539  
  4 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF250R ホンダ 20 32:00.459  
  5 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 20 32:13.775  
  6 29 竹中 純矢 DL Team SUZUKI RM-Z250WS スズキ 20 32:15.346  

[ヒート2]

天候:/路面: 気温: 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 20 32:37.328  
  2 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF250R ホンダ 20 32:49.006  
  3 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 20 32:57.370  
  4 36 横澤 拓夢 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 20 32:59.911  
  5 34 大塚 豪太 Bridgestone T.E.SPORT CRF250R ホンダ 20 33:00.532  
  6 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 20 33:12.766