2016年 全日本モトクロス IA2 第5戦

怪我から復帰した大塚豪太が総合9位
ルーキー鳥谷部晃太がヒート1で自己ベストの7位入賞

開催場所 : 神戸空港島特設コース  開催日 : 7月2日~3日

 2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第5戦神戸大会は、兵庫県神戸市中央区の神戸空港島特設コースで開催された。昨年に続き開催2年目となった大会は、神戸市内からほど近い空港隣接地に特設されたスーパークロス風のコースが舞台。基本フラットなコースはジャンプやフープス等も昨年のレイアウトを踏襲するが、昨年造成した際の硬めの土に対し新たに柔らかめの土を搬入してコーナーの幅を広げた他、ジャンプやフープスの大きさに変化を与えるなどして、より見応えのある演出が施された。大会期間中は強い日差しが照りつけたことから、夏本番を思わせる暑さの中でのレースとなった。空港への連絡線ポートライナーが利用できるなど市内からのアクセスも良く、土日合せて6896名の観客が、目の前で繰り広げられる熱いバトルを楽しんだ。

■IA2 ヒート1
 ホールショットを奪ったのは古賀太基(ホンダ-DL)。一方ルーキーライダーの鳥谷部晃太(ヤマハ-ブリヂストン)はオープニングラップ9番手、また第3戦中国大会での怪我から復帰した大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)は11番手で1周目のコントロールラインを通過する。序盤、一旦は10番手にポジションを落とした鳥谷部だったが、5周目に7番手に順位を上げると、先輩ライダーのアタックを受けながらもしぶとく食い下がり、7〜8位のポジションをキープ。8番手を走行していた20周目には田中雅己(ホンダ-DL)の転倒もあり、最後は自己ベストとなる7位のポジションをキープしてフィニッシュ。一方大塚は、5周目に9番手までポジションを上げるもその後やや順位を落とし後半は12〜13番手を走行。12番手をキープしていた残り2周にひとつ順位を落としたものの、ラストラップに挽回して11位で復帰戦のチェッカーを受けた。

■IA2 ヒート2
 スタート直後の1コーナーで数台が絡むクラッシュがあり、これをくぐり抜けた大塚はオープニングラップを10番手、道脇右京(ホンダ-ブリヂストン)が11番手でクリアした一方で、鳥谷部は24番手と後方からの追い上げを強いられる。前半、二つ順位を下げ12番手を走行していた大塚は、粘り強い走りを見せると後半17周目に10位、23周目にはさらに一つ順位を上げて9位でフィニッシュ。10番手前後のポジションでバトルを繰り広げた道脇は11位、でフィニッシュ。高輪喜樹(ホンダ-ブリヂストン)はこのヒートも入賞を逃し22位。鳥谷部は中盤17番手まで順位を上げたが、16周目を24番手で通過した後リタイアとなった。

RESULT

コース:神戸空港特設コース

[ヒート1]

天候:Fine/路面: 気温:27℃ 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 31 岡野 聖 DL フライング ドルフィン サイセイ YZ250F ヤマハ 25 32:08.684  
  2 912 小川 孝平 DL Team ITOMO CRF250R ホンダ 25 32:18.117  
  3 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 25 32:23.757  
  4 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 25 32:27.826  
  5 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 25 32:30.168  
  6 29 竹中 純矢 DL Team SUZUKI RM-Z250WS スズキ 25 32:38.396  

[ヒート2]

天候:/路面: 気温:28℃ 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 31 岡野 聖 DL フライング ドルフィン サイセイ YZ250F ヤマハ 25 32:06.053  
  2 912 小川 孝平 DL Team ITOMO CRF250R ホンダ 25 32:10.516  
  3 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 25 32:21.152  
  4 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 25 32:26.533  
  5 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 25 32:30.656  
  6 29 竹中 純矢 DL Team SUZUKI RM-Z250WS スズキ 25 32:32.000