2016年 全日本モトクロス IA2 第3戦

道脇右京が第2ヒート2で8位入賞を果たす
高輪喜樹は総合18位・大塚豪太は総合20位

開催場所 : 世羅グリーンパーク弘楽園  開催日 : 5月14日~15日

 2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦中国大会は、広島県世羅郡世羅町の世羅グリーンパーク弘楽園で開催された。会場の世羅グリーンパーク弘楽園は、山の尾根を縫うように造られたダイナミックなレイアウトのコースで、飛距離が20メートル近い大ジャンプや登りハイスピードジャンプなど見どころが多い。路面は褐色の山土で、多少石が混じるハードパック。尾道自動車道の全線開通したことで交通の便もよく、また大会期間中は土曜日が快晴・日曜日も曇り空から時折青空が顔を出す好天に恵まれたことから、公式発表で3620人のファンが見応えあるレースを楽しんだ。

■ヒート1
 ホールショットを奪ったのは岡野聖(ヤマハ-DL)。竹中純矢(スズキ-DL)・能塚智寛(ホンダ-DL)がこれに続き、ブリヂストン勢では、#39道脇右京(ホンダ-ブリヂストン)が5番手、#58高輪喜樹(ホンダ-ブリヂストン)は8番手で、それぞれオープニングラップをクリア。2周目、ひとつ順位を下げて6番手とした道脇は、4周までこのポジションをキープするも5周目にミスで大きく後退。一方、8位争いを繰り広げていた高輪は、前半一桁のポジションをキープするものの、激しいバトルのなかで後半やや順位を下げ11位でフィニッシュ。近藤祐介(ホンダ-ブリヂストン)は16位、大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)は19位でチェッカーを受けた。

■ヒート2
 ホールショットを奪ったのは岡野聖(ヤマハ-DL)。渡辺祐介(ヤマハ-DL)がこれに続き、道脇は渡辺のすぐ後ろにつけて1コーナーをクリア。1周目、混戦の中8番手で戻ってきた道脇は、前半5番手に順位を上げ、7周目までこのポジションをキープする。中盤ひとつポジションを下げて6番手を走行していた道脇は、後半2台の先行を許したものの、後半8番手のポジションを守ってチェッカーを受けた。一方、オープニングラップ11番手で戻ってきた大塚は後半16番手まで順位を落とすも、終盤1台をパスし15位、高輪は20位でフィニッシュした。

RESULT

コース:グリーンパーク弘楽園

[ヒート1]

天候:Cloudy/路面: 気温:21℃ 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 20 32:51.267  
  2 29 竹中 純矢 DL Team SUZUKI RM-Z250WS スズキ 20 32:55.753  
  3 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 20 33:41.411  
  4 912 小川 孝平 DL Team ITOMO CRF250R ホンダ 20 33:51.669  
  5 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 20 33:57.865  
  6 47 内田 篤基 DL Team SSC RM-Z250 スズキ 20 34:03.138  

[ヒート2]

天候:Fine/路面: 気温:24℃ 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 19 31:51.761  
  2 31 岡野 聖 DL フライング ドルフィン サイセイ YZ250F ヤマハ 19 32:09.680  
  3 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 19 32:13.911  
  4 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 19 32:14.234  
  5 36 横澤 拓夢 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 19 32:24.257  
  6 912 小川 孝平 DL Team ITOMO CRF250R ホンダ 19 32:36.167