2016年 全日本モトクロス IA2 第6戦

大塚豪太が両ヒートでポイントを獲得

開催場所 : 藤沢スポーツランド  開催日 : 7月23日~24日

 2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦東北大会は、岩手県一関市藤沢町の藤沢スポーツランドで開催された。会場の藤沢スポーツランドは、一関市と藤沢町、そして地元有志で管理される国内唯一の公営モトクロスコース。スタンド席からほぼ全体が見渡せるロケーションの良さと、毎回大量の山砂を搬入してコンディションが保たれるサンド路面が大きな特徴。梅雨の時期にスケジュールされるため雨の開催も多いが、今年は土曜日が快晴、日曜日午後にも青空が顔を出すなど夏の到来を思わせる好天に恵まれ、土日合せ3900人のファンがサンドコースならではのダイナミックな走りとハイスピードバトルを楽しんだ。

■IA2 ヒート1
 古賀太基(ホンダ-DL)のホールショットでレースがスタート。ブリヂストン勢では道脇右京(ホンダ-ブリヂストン)が5番手に付け前半このポジションをキープするも、9周目にマシントラブルで戦列を離脱となる。1周目14番手で戻ってきた大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)は、中盤やや順位を落とすも後半再び盛り返して15位。後方からの追い上げとなった高輪喜樹(ホンダ-ブリヂストン)は、5周目の転倒で最後尾まで順位を落とし、再スタートするも24位。一方地元のルーキーライダー鳥谷部晃太(ヤマハ-ブリヂストン)は、オープニングラップのアクシデントに巻き込まれ最後尾スタートとなるも、懸命の追い上げで18番手までポジションを回復しポイントを獲得した。レースは能塚智寛(ホンダ-DL)が制し、ランキング首位を堅持した。

■IA2 ヒート2
 スタートで集団に飲まれた大塚は、オープニングラップを14番手でクリア。2周目、16番手に後退した大塚は、前半ペースを上げることができずこのポジションをキープしていたが、レース中盤の9周目、後半に入った13周目に一つずつ順位を上げ13位でフィニッシュ。1周目22番手から追い上げることとなった高輪は、激しいバトルを繰り広げてレース中盤にポイント圏内まで順位を上げると、最後まで走りきって18位。スタートから高輪とポジション争いを繰り広げた菅谷は、終盤高輪の先行を許し19位でポイントを獲得した。また、このヒートも後方からの追い上げとなった鳥谷部は、レース中盤にポイント圏内まで順位を上げたものの、次の周にミスで再び順位を落としてしまい、後半挽回を図るも22位でポイント獲得はならなかった。レースは地元の渡辺祐介(ヤマハ-DL)が優勝した。

RESULT

コース:藤沢スポーツランド

[ヒート1]

天候:Cloudy/路面: 気温: 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 17 32:44.648  
  2 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 17 32:49.725  
  3 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 17 32:59.964  
  4 36 横澤 拓夢 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 17 33:03.684  
  5 29 竹中 純矢 DL Team SUZUKI RM-Z250WS スズキ 17 33:05.624  
  6 05 森 優介 DL Team ITOMO CRF250R ホンダ 17 33:11.073  

[ヒート2]

天候:Fine/路面: 気温: 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 17 32:55.717  
  2 31 岡野 聖 DL フライング ドルフィン サイセイ YZ250F ヤマハ 17 33:01.748  
  3 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 17 33:12.453  
  4 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 17 33:16.212  
  5 36 横澤 拓夢 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 17 33:20.668  
  6 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF250R ホンダ 17 33:25.109