2016年 全日本モトクロス IA2 第9戦

道脇右京が両ヒートでシングル順位獲得し総合8位

開催場所 : スポーツランドSUGO  開催日 : 10月22日~23日

 2016年全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦・第54回MFJ-GPモトクロス大会が、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。毎年国際格式で行われるシーズン最終戦であり、このコースは、自然の起伏の中に名物の「大坂」や「スネークコーナー」などのアップダウンや大小コーナーやジャンプを配したダイナミックなレイアウト。粘土質の路面は固く締まりやすいが、掘り返しや散水の繰り返しで適度の柔軟性を持たせそのため走行に因って路面に多数のワダチやギャップができるのも大きな特徴のひとつである。大会期間中は朝夕かなり冷え込み、日曜日には若干の風が吹いたものの土日ともほぼ好天。決勝日には、海外ライダーの参戦や、地元宮城出身のベテラン熱田孝高選手の現役引退などの話題も重なり、大勢のファンが訪れレースを楽しんだ。

■IA2 ヒート1
 予選を7番手でクリアした道脇右京(ホンダ-ブリヂストン)は、オープニングラップを13番手でクリアしレースをスタート。2周目10番手に順位を上げた道脇は、5周目にさらに一つポジションを上げて中盤は9番手を走行。終始激しいバトルを繰り広げ、15周目には7番手まで順位をアップした道脇だったが、直後ひとつ順位を落として8位でチェッカー。またルーキーの鳥谷部晃太(ヤマハ-ブリヂストン)はスタートで出遅れ1周目のコントロールラインを17番手で通過。前半19番手にポジションを落とした鳥谷部は、中盤一つ順位を上げると、終盤攻勢をかけて15位でチェッカーを受けた。ブリヂストンのサポートライダーでは、菅谷峻介(カワサキ-ブリヂストン)がほぼ最後尾から20位まで追い上げ貴重なポイントを獲得した。

■IA2 ヒート2
 ホールショットを奪ったのは渡辺祐介(ヤマハ-DL)。ブリヂストン勢では道脇が9番で1周目のコントロールラインを通過。菅谷は16番手、馬場涼太(ヤマハ-ブリヂストン)は17番手、鳥谷部は21番手、高輪喜樹(ホンダ-ブリヂストン)は28番手から追い上げを開始する。前半一つ順位を上げて8番手を走行していた道脇は、中盤ミスで10番手に順位を落とすも後半一つ挽回し9位でフィニッシュ。馬場は二つ順位を上げ15位、菅谷は17位、鳥谷部は20位でチェッカーを受けた。

RESULT

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート1]

天候:Fine/路面: 気温:17℃ 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 17 32:33.802  
  2 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 17 32:41.226  
  3 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 17 32:50.274  
  4 29 竹中 純矢 DL Team SUZUKI RM-Z250WS スズキ 17 32:53.755  
  5 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF250R ホンダ 17 32:59.383  
  6 52 植田 翔太 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX250F カワサキ 17 33:09.028  

[ヒート2]

天候:Fine/路面: 気温:17℃ 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 28 能塚 智寛 DL Team HRC CRF250RW ホンダ 17 33:02.764  
  2 32 渡辺 祐介 DL YAMALUBE RACING TEAM YZ250F ヤマハ 17 33:03.141  
  3 36 横澤 拓夢 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 17 33:19.083  
  4 122 古賀 太基 DL N.R.T. CRF250R ホンダ 17 33:20.735  
  5 912 小川 孝平 DL Team ITOMO CRF250R ホンダ 17 33:34.614  
  6 05 森 優介 DL Team ITOMO CRF250 ホンダ 17 33:35.002