2016年 全日本モトクロス IA1 第1戦

成田亮がパーフェクトV
ブリヂストン勢が両ヒート表彰台を独占

開催場所 : HSR九州  開催日 : 4月2日~3日

2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第1戦九州大会は、熊本県菊池郡大津町のHSR九州で開催された。満開の桜が出迎えた会場のHSR九州は、本田技研工業褐F本製作所内にあるオンロード・オフロード両方を有する施設で、完成車両のテストコースを一般開放する形で、九州地方のモータースポーツの中心的な役割を果たす。2014年に全面改修されたコースは、元々の火山灰による黒土と搬入したサンドのミックス路面。黒土は固く締まって滑りやすく、大会に合わせ大量の砂を搬入するために、走行によって砂の乗った部分と、元の黒土が露出した部分に分かれ、グリップ力とトラクションの両方が試される、国内では他にない特殊なコンディションとなる。春本番を迎えたシーズン開幕戦。天候は、土曜日が晴れて予選はホコリが舞ったが、日曜日は午後から降り出した小雨がちょうどいい散水となり、ほぼベストのコンディションが保たれた。同日ロードコースではEnjoy Hondaというイベントが開催され、入場者はロードコースでのイベントとモトクロスレースの両方を行き来できたため、主催者発表で6700名のモータースポーツファンが会場を訪れ、今シーズン最初のレースを楽しんだ。

■IA1 ヒート1
 今シーズンからブリヂストンにスイッチした成田亮(ホンダ-ブリヂストン)と新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)・小島庸平(スズキ-ブリヂストン)の好スタートで開始されたレース。すぐにトップに立った成田がリードし、成田・小島・新井・小方誠(カワサキ-DL)・三原拓也(ヤマハ-DL)の順でオープニングラップをクリアする。2周目にこのレースのベストタイムをマークし、序盤から確実にリードを広げた成田の後方では、小島と新井がテールtoノーズの2位争いを展開。小島と新井が互いに牽制し合う隙にリードを広げた成田は、早々と独走態勢を築き、1度もトップを譲らぬままライバルを圧倒して優勝。小島と新井の2位争いは小島が先着。ブリヂストン勢では、平田優(ヤマハ-ブリヂストン)が6位、星野優位(KTM-ブリヂストン)が8位でチェッカーを受けた。

■IA1 ヒート2
 成田・新井・小島・熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)らが確実にスタートを決めた第2ヒート。ここでも成田がすぐにトップに立ち、オープニングラップは成田・熱田・小島・新井がトップグループを形成してコントロールラインを通過する。ホンダのホームコースでライバルを圧倒する速さを見せつけた成田は、このヒートも序盤からリードを拡大。後方では小島・熱田・新井が2位争いを展開する。この3台のバトルでは、前半熱田が先行。小島は6周目にフープスでバランスを崩して転倒し、トップ争いから脱落してしまう。一方、オープニングラップ7番手から順位を上げてきた平田は、4周目に成田を上回るこのヒートのベストタイムをマークして、熱田・新井に追い付き一気にパスし2番手に浮上。レースは、成田が独走のまま開幕パーフェクトVを達成し、平田が単独2位。新井・三原を従えたベテラン熱田は、最後まで3位のポジションをキープしてチェッカーを受け、このヒートもブリヂストン勢が表彰台を独占。新井が4位・小島は6位でチェッカーを受けた。

◆成田 亮 - Team HRC所属
 今シーズンから再びブリヂストンと契約できたことを嬉しく思っています。このコースは滑りやすくて難しい部分もあるんですが、事前テストにも来てもらえて、しっかりと対応することができました。ミディアムを使用したんですが、グリップ力に幅が合って、しかもそれが最後まで信頼できるので、レースに関して何の不安もなかったですね。自分のライディングに合っているという印象も強かったです。

◆大庭裕史 - 株式会社ブリヂストン MCタイヤ開発部
 路面で見ると硬くて滑りやすい黒土のセクションとサンド質のセクション。同じコース内に特徴が大きく異なるセクションが存在することがタイヤ選択の大きなポイントになりました。もちろん予めわかっていたことで、準備を進めてきましたが、カバーできる路面域をより広くするという点で、まだまだ課題がありますね。そんな状況でもIA1クラスでは、両ヒートとも表彰台と上位を独占するという結果となり、タイトル獲得に向けたトップライダーたちのシーズンスタートをサポートできたことをうれしく思います。

RESULT

コース:HSR九州

[ヒート1]

天候:Cloudy/路面: 気温:21℃ 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 982 成田 亮 Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 16 33:52.273  
  2 1 小島 庸平 Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 16 34:17.634  
  3 331 新井 宏彰 Bridgestone K.R.T. KX450FSR カワサキ 16 34:19.514  
  4 6 三原 拓也 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 16 34:32.195  
  5 4 小方 誠 DL グリーンクラブピュアテックレーシング KX450FSR カワサキ 16 34:32.803  
  6 99 平田 優 Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 16 34:48.621  

[ヒート2]

天候:Rain/路面: 気温:21℃ 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 982 成田 亮 Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 16 34:25.553  
  2 99 平田 優 Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 16 34:36.889  
  3 2 熱田 孝高 Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 16 34:39.167  
  4 331 新井 宏彰 Bridgestone K.R.T. KX450FSR カワサキ 16 34:40.343  
  5 6 三原 拓也 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 16 34:44.887  
  6 1 小島 庸平 Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 16 34:57.519