2016年 全日本モトクロス IA1 第2戦

成田亮が2戦連続パーフェクトV
星野優位・平田優が2位表彰台獲得

開催場所 : オフロードヴィレッジ  開催日 : 4月16日~17日

2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県川越市と上尾市に跨がるウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。大会期間中、土曜日は春らしい穏やかな好天となったが、日曜日は低気圧の影響で終日強風が吹きつけた。会場のウエストポイント・オフロードヴィレッジは荒川と入間川の間に位置する河川敷コース。基本フラットで限られた敷地の中に、大小のコーナーとジャンプ・リズムセクションなどを配する。都心からクルマで1時間ほど、電車・バスなど公共交通機関を利用してもアクセスできる立地の良さから、大会期間中は主催者発表で7200名の観客が訪れ、強風と舞い上がるホコリに耐えながらレースを見守った。なお、大会直前に九州地方を襲った熊本地震に対して、土曜日のライダーブリーフィング・日曜日の大会式典で黙祷を行い競技をスタートした。

■IA1 ヒート1
鮮やかなホールショットを決めた成田亮(ホンダ-ブリヂストン)に、星野優位(KTM-ブリヂストン)・新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)が続き、ブリヂストン勢がトップ3を形成してレースがスタート。1周目、新井がミスで順位を下げ、オープニングラップは成田・星野・北居良樹(KTM-DL)・熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)のオーダーとなる。前半、成田がリードを広げ独走態勢を築く一方で、2位争いは接近戦となり、レースが後半に入った11周目、熱田が北居をパスし3番手に浮上。直後に北居はコーナーで転倒し、上位は成田・星野・熱田・三原拓也(ヤマハ-DL)のオーダーとなる。リードを保ったまま終盤を迎えた成田は、スタートtoフィニッシュの快心の勝利で今季3勝目をマーク。星野優位が2位でチェッカーを受け全日本最高峰クラスでKTM初となる表彰台を獲得。熱田は終盤ひとつ順位を下げ4位。新井が5位、スタート直後に転倒した小島は7位でチェッカーを受けた。

■IA1 ヒート2
このヒートも抜群のスタートを決めてトップに立ったのは成田。その成田を先頭に、平田優(ヤマハ-ブリヂストン)・深谷広一(スズキ-DL)・星野優位の順位で1周目のコントロールラインを通過。スタートで出遅れた熱田は10番手、オープニングラップに転倒した小島はさらにその後方からの追い上げとなる。成田と平田のトップ争いでは、前半平田が成田の背後につけるが、徐々に成田が差を広げ、再び独走態勢に。結局成田は今大会もスタートから1度もトップを譲らぬ快心の走りで開幕4連勝をマーク。平田は単独2位で今季2度目の表彰台を獲得。深谷と三原の3位争いでは、ラスト2周に両者が接触し深谷が転倒。この隙に繰り上がった熱田が4位、星野は5位でチェッカーを受けた。

◆成田亮 - Team HRC所属
ブリヂストンに変わって2戦目ということもあり、タイヤの使い方に大分慣れてきて、前回よりも今回は更に攻め込むことができました。今回も両ヒートホールショット、これはタイヤの性能のおかげです。スタートが確実に決まるので、自分の1番得意なレース展開がまたできるようになりました。次の広島は開幕1〜2戦とは違う固い路面のコースですが、事前テストで入念に走り込んで、良いタイヤスペックと良いマシンセッティングを見つけるつもりです。

◆大庭裕史 - 株式会社ブリヂストン MCタイヤ開発部
ここはコンパクトでありながらダイナミックなレイアウトで、白熱したレースが展開されるコースです。今回は基本的にはミディアムパターンの使用がメインとなるコンディションでしたが、今回もコースには大量のウッドチップが入って、走行によってコーナーには轍ができるし、ストレートなどは部分的にハード路面にもなり、その一方で散水でぬかるんだ部分もあるなど、コース全体としては様々な路面コンディションが存在しました。タイヤの対応路面の広さが重要になる中、滑る中でもコントロール性を重視したラインナップで、30分間走りきるための性能を確保できたかと思います。結果として成田選手の開幕4連勝、星野・平田選手の表彰台をサポートすることができうれしく思っています。

RESULT

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート1]

天候:/路面: 気温: 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 982 成田 亮 Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 20 31:48.111  
  2 166 星野 優位 Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 20 31:56.951  
  3 6 三原 拓也 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 20 32:00.272  
  4 2 熱田 孝高 Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 20 32:01.465  
  5 331 新井 宏彰 Bridgestone K.R.T. KX450FSR カワサキ 20 32:01.710  
  6 13 深谷 広一 DL SRF Teamブルーイーグルス RM-Z450 スズキ 20 32:09.450  

[ヒート2]

天候:/路面: 気温: 路面温度:

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 982 成田 亮 Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 20 31:45.525  
  2 99 平田 優 Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 20 31:51.389  
  3 6 三原 拓也 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 20 32:02.122  
  4 2 熱田 孝高 Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 20 32:15.379  
  5 166 星野 優位 Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 20 32:16.684  
  6 331 新井 宏彰 Bridgestone K.R.T. KX450FSR カワサキ 20 32:17.262