2016 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会

ブリヂストン5年ぶりの表彰台独占!!

開催場所 : 鈴鹿サーキット  開催日 : 7月28日 〜 7月31日

 金曜日に行なわれた予選では、まずは土曜日のトップ10トライアル進出をかけて各チーム共に10位以内のタイムを目指す。今年のタイヤ本数規制は予選と決勝で合わせて20本。その割り振りも含めての戦い。朝のフリー走行で唯一の2分07秒台をマークした昨年の覇者YAMAHA FACTORY RACING TEAM(ブリヂストン)が2連覇に向けて順調な仕上がりを見せる。
 予選アタックが開始されるころには路面温度が50℃を超えていた。それでもYAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行が唯一となる2分06秒台をたたき出して、文句なしの暫定ポールポジションを獲得する。YAMAHA FACTORY RACING TEAMは第2ライダーのポル・エスパロガロも2分07秒3、第3ライダーのアレックス・ロウズも2分07秒7と、圧倒的な速さを見せた。2番手タイムをマークしたのはMuSASHi RT ハルク・プロ(ブリヂストン)の高橋巧。2分7秒026と、YAMAHA FACTORY RACING TEAM中須賀に0.1秒差に迫った。3番手は過去に鈴鹿8耐で2勝を挙げているレオン・ハスラムを招へいしたTeam GREEN(ブリヂストン)。以下、ヨシムラスズキシェルアドバンス、F.C.C.TSR Honda、TOHO Racing、Moto Map SUPPLYとブリヂストンユーザーの上位陣は順調にトップ10トライアル進出の権利を得た。

 土曜日に行なわれたトップ10トライアル。まずはF.C.C.TSR Hondaのパトリック・ジェイコブセンは2分07秒248と、自身の昨日のタイムを1秒半以上詰め、一気にトップに躍り出る。Team GREENの渡辺一樹も2分07秒730と2分7秒台をマーク。YAMAHA FACTORY RACING TEAMはまずはポル・エスパロガロが2分06秒258をたたき出してトップの座を守る。ヨシムラスズキシェルアドバンスはコース前半セクションでエスパロガロを上回るタイムをマーク。2分06秒405と僅差で及ばなかったものの、2番手浮上。Team GREENの二人目のアタッカー、レオン・ハスラムも2分06秒台をたたき出し3番手に。最後に登場したYAMAHA FACTORY RACING TEAM中須賀克行はエスパロガロにチーム最速タイムは譲ったが、2分06秒台をマークして、最強チームであることを証明。2年連続ポールポジションからスタートすることになった。

 ウィークで一番気温が高くなった決勝日。朝から強い日差しが照りつけ、11:30のスタート時、気温はすでに30℃を超えていた。
 ホールショットを奪ったのは6番手スタートのTeam KAGAYAMA(DL)。ヨシムラスズキシェルアドバンス津田拓也、YAMAHA FACTORY RACING TEAM中須賀克行、と続く。中須賀はヘアピンで小さなミスを犯す。これに乗じて中須賀をパス、さらに津田も捕えて2番手に浮上したのはF.C.C.TSR Hondaドミニク・エガーター。しかし中須賀は冷静に2周目には3番手、3周目には2番手に浮上。Team KAGAYAMA清成龍一、F.C.C.TSR Hondaエガーター、ヨシムラスズキシェルアドバンス津田の4台はスプリントレース並の争いを開始する。しかし7周目のシケインでエガーターが転倒、津田が遅れ、Team KAGAYAMA清成とYAMAHA FACTORY RACING TEAM中須賀の一騎打ちに。このトップ争いを追いかけたのはオープニングラップを9番手で終えたMuSASHi RT ハルク・プロ高橋巧。周回ごとにポジションを上げて17周目にはトップ2台の背後につけた。これを見たYAMAHA FACTORY RACING TEAM中須賀はTeam KAGAYAMA清成の前に出て、逃げ切り態勢に入った。

 YAMAHA FACTORY RACING TEAMは3人のライダーは完全な走りを、チームスタッフは完璧なピットワークを見せ、終始他を圧倒。心配された夕立は降らず、アクシデントによるセーフティーカー出動もなく8時間が終了。YAMAHA FACTORY RACING TEAMは17周目以降トップを一度も他車に譲ることなく、見事に鈴鹿8耐2連覇を遂げた。新コースになってから最多となる218周をマークし、完全なる勝利だった。
 ヨシムラスズキシェルアドバンスとTeam GREENが、何度もコース上で順位が入れ替わる激しい2位争いを展開。これをTeam GREENが制し、ヨシムラスズキシェルアドバンスが3位表彰台を獲得。同時に、ブリヂストンタイヤにとっては2011年以来の表彰台独占となった。序盤の転倒とその後の修理で大きく後退したF.C.C.TSR Hondaは、その後の懸命の追い上げで18位完走。MuSASHi RT ハルク・プロは、3時間経過を前にニッキー・ヘイデン走行中にマシントラブルが発生し、その時点でレース終了となってしまった。

●吉川和多留氏 (YAMAHA FACTORY RACING TEAM 監督)
 2年連続の優勝ができて非常に嬉しく思います。優れたタイヤ性能でこの優勝を支えてくれたブリヂストンに対して、チームスタッフとライダーを代表して深く感謝いたします。タイヤの性能を最大限に引き出してレースできるように、チームとブリヂストンで協力して準備してきたことが優勝という結果につながったと思います。今後とも応援宜しくお願い致します。

●鈴木通弘 (株式会社ブリヂストン 執行役員 グローバルブランド戦略・モータースポーツ担当)
 優勝を果たした YAMAHA FACTORY RACING TEAM の皆様に心よりお祝い申し上げます。気温・路面温度ともに高い 8 耐らしいコンディションの中、お客様を魅了する素晴らしいレースが展開されました。このような素晴らしいイベントにおいて当社のタイヤが性能を発揮して勝利に貢献することができ、本当に嬉しく思います。今回のレースで、当社が優勝チームを 11 年連続で足元からサポートできましたこと、また 上位 3 位までブリヂストンタイヤ装着チームが独占したことを、大変光栄に思います。来年以降も、この素晴らしい鈴鹿 8 耐を全力で支え、連続優勝の記録の更新を目指したいと思います。

RESULT

コース:鈴鹿サーキット( 5.821km ) 天候:Fine/路面:Dry 気温:31℃ ~ 33℃ ~ 32℃ 路面温度:51℃ ~ 59℃ ~ 38℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 Delay(Lap) ベストタイム  
  1 21 中須賀 克行/P.エスパルガロ/A.ロウズ Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 218 2:08.411  
  2 87 柳川 明/L.ハスラム/渡辺 一樹 Bridgestone TEAM GREEN ZX-10R カワサキ 218 2:08.805  
  3 12 津田 拓也/J.ブルックス/芳賀 紀行 Bridgestone ヨシムラスズキシェルアドバンス GSX-R1000L6 スズキ 217 1 2:09.070  
  4 7 B.パークス/野左根 航汰/藤田 拓哉 PI YART YAMAHA-OFFICIAL EWC TEAM YZF-R1 ヤマハ 214 4 2:09.789  
  5 32 J.ウォータース/青木 宣篤/今野 由寛 Bridgestone Moto Map SUPPLY GSX-R1000 スズキ 214 4 2:11.147  
  6 17 加賀山 就臣/浦本 修充/清成 龍一 DL Team KAGAYAMA GSX-R1000 スズキ 213 5 2:08.896