2016-2017 FIM EWC 世界耐久選手権 第2回大会

世界耐久選手権 第2戦ルマン24時間レースで、ブリヂストンサポートチームが2位表彰台獲得!

開催場所 : フランス ルマン  開催日 :   4月 14日 〜 4月 17日

木曜日の午後に予選1回目、金曜日の午前中に予選2回目が、各ライダー20分の計時予選で行われた。EWCでは登録3人のライダーの、ベストタイムの平均でグリッドが決まる。
木曜日は、ルマンでは珍しく快晴で昼は日差しも強く、気温18℃、路面温度40℃と絶好のコンディションとなった。

この予選ではブリヂストンのサポートチーム、#7YART-YAMAHAが好調。B.パークスがただ一人1'35秒台に入れるコースレコードを叩きだし、
海外レースデビューの野左根も好タイムを出し、3人の平均タイム1'36.402で暫定ポールを獲得。#5F.C.C.TSR Honda(ブリヂストン)が暫定6位に付ける。
金曜日の午前中に行われた予選2回目は、曇り空で気温12℃、路面温度18℃でスタート。
予選2回目では、ライダー二人目の組で、#11 TEAM SRC KAWASAKI(PI)の元MotoGPライダーR.デュプニエが、昨日B.パークスのタイムを破る1'35.730を出す。
結局予選結果は、その#11 TEAM SRC KAWASAKIが、0.033秒の差でポールポジションを獲得。
初めてブリヂストンタイヤでレースに臨む#7YART-YAMAHAが2番手からのスタートとなった。昨年ここルマンで3位表彰台を獲得した#5 F.C.C. TSR Hondaは、7番グリッドから24時間レースを迎えることとなった。

迎えた決勝日の朝、空は厚い雲に覆われ、時折霧雨が降るという天気だったが、雨が降る事はなく午前中のウォームアップ走行は、完全ドライでレース前最後の確認を行った。

午後になり、若干明るくなり雲り空の下、15時に24時間のスタートが切られた。
ホールショットを奪ったのは予選2番手#7 YART-YAMAHAのB.パークス。1周目は#1 Suzuki Endurance Racing Team(DL)にトップを奪われるものの、2周目にはトップに立ちレースをリードする。
8周目に転倒者があり、早くもセーフティーカーが入る。11周目にレースが再開されてからも、#7 YART-YAMAHAはトップをキープしたまま、32周で最初のピットインを行う。
#5 F.C.C.TSR Hondaはスタートから5番手に付け、最初のピットインを迎えた。
その後#7 YART-YAMAHAは、2位に30秒以上の差を付けてトップを快走する。
3回目のピットインが終わった所で、2位に付けていた#11 SRC KAWASAKIのR.デュプニエが転倒!再スタートをするがピットに入って大きく順位を落とす。

その後8時間になる手前で、3位走行中の#1 Suzuki Endurance Racing Teamが転倒。修復してすぐにレースに復帰する。
この頃には、トップ2台のみが同一周回となり、12時間終了時点でトップ#7 YART-YAMAHAと2位 #94 GMT94 YAMAHA(DL)の差は40秒、3位#11 SRC KAWASAKIは4周遅れ、#5 F.C.C. TSR Hondaは4位と健闘していた。
その後トップと2位の差が徐々に詰まりだし、14時間終了時点では15秒の差となる。
15時間が目前となった所で、3位#11 SRC KAWASAKIのピット作業が長引き、その間に#5 F.C.C. TSR Hondaが3位に浮上!
16時間経過時も、ブリヂストンサポートチームの#7 YARTと#5F.C.C. TSR Hondaが1−3位をキープする。
しかし3位争いは激しさを増し、その後17時間経過あたりでは、#5 F.C.C. TSR Hondaは5位にポジションダウン。

トップ争いはずっと続くが、スタートから20時間が過ぎたところで、トップがついに交代。#7 YART-YAMAHAに代わって#94 GMT94 YAMAHAがトップを奪う。
#7 YART-YAMAHAも必死に追いかけるが、トップとの差は少しずつ開いてしまう。最終スティントに入った時には、1分以上の差がついてしまうが、最終走者のB.パークスがプッシュし、速いタイムで差を詰める。
24時間のチェッカーが、日曜日の午後3時に降られ、優勝は#94 GMT94 YAMAHA。#7 YART-YAMAHAはトップまで20秒に差を詰めるが2位でゴール。昨年このルマンで3位表彰台を獲得した、#5 F.C.C. TSR Hondaは5位でチェッカーを受けた。


YART代表 Mr.Mandy Kainz
「ブリヂストンタイヤを使うのは今年初めてだが、初めてテストした2月から格段に性能が進化し、ライダーもチームスタッフも非常に嬉しい。
今週末は低温時に若干の課題があったが、レースの大半でトップを走った事で、タイヤを含む我々全体のポテンシャルは確認出来た。
優勝出来る日も近いと思うので、ブリヂストンと共にEWCのタイトル獲得をしたい!」


株式会社ブリヂストン MCタイヤ事業部長 内田 達也
「我々は今回記念すべき、40周年を迎えたルマン24時間耐久レースに参戦できた事を嬉しく思います。
又今回初めてブリヂストンタイヤでレースをした、YART-YAMAHAは、そのポテンシャルを如何なく発揮し、20時間過ぎまでトップを快走してくれたことは、
チーム、ライダー、マシン、タイヤのパッケージがトップを狙える事を証明してくれました。我々のタイヤの初レースで、2位という結果は称賛に値します。
改めてチーム、ライダーの皆様にお祝い申し上げます。また一時は3位も走った、F.C.C. TSR Hondaの5位入賞も立派な成績です。昨年から一緒にEWCのタイヤ開発に携わって頂き感謝いたします。
EWCはブリヂストンとしても新たなチャレンジです。次のオシャスレーベンでのレース、そして同じく40周年を迎えるEWC最終戦の鈴鹿8時間耐久に向けて更に開発を進め、優秀なサポートチームを足元から支えていきたいと思います。」

RESULT

コース:ブガッティ サーキット( 4.185km ) 天候:Cloudy-Fine-Cloudy/路面:Dry 気温: 8℃ 〜18 ℃ 路面温度: 8 ℃ 〜40 ℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 Delay(Lap) ベストタイム  
  1 94 D.チェカ/N.カネパ/M.D.メグリオ DL GMT94 YAMAHA R1 ヤマハ 860 1:36.667  
  2 7 B.パークス/M.フリッツ/野左根 航汰 Bridgestone YART - YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 860 1:36.592  
  3 11 M.ジネス/R.D.ピュニエ/F.フォレット PI TEAM SRC KAWASAKI ZX-10R カワサキ 848 12 1:36.408  
  4 1 V.フィリップ/E.マッソン/A.カドリン DL Suzuki Endurance Racing Team GSX-R1000 スズキ 848 12 1:37.542  
  5 5 G.ブラック/D.カドリン/A.ティゾン Bridgestone F.C.C.TSR Honda CBR1000 ホンダ 843 17 1:37.760  
  6 4 J.エンジョルラス/D.ブイソン/K.デニス DL Tati Team Beaujolais Racing ZX-10R カワサキ 837 23 1:38.578