2016 GAZOO Racing 86/BRZ Race [PROFESSIONAL Series] 第3戦

ブリヂストンがトップ5を独占
佐々木雅弘が今季初勝利を挙げる

開催場所 : スポーツランドSUGO  開催日 : 5月14日 〜 5月15日

宮城県の山間部にあるスポーツランド菅生は、まだ春のさわやかな風が吹く過ごしやすい気候だった。しかしシリーズ3戦目となるこのレースは、気候とは裏腹に熱く盛り上がっていた。注目すべきポイントは二つ。ひとつはライバルメーカーのNewタイヤの速さ、もう一つは前戦岡山で新生RE-05Dが見せた速さが、ここ菅生でもライバル達を凌駕できるのか?ということだった。パドックにいる誰もが今季の流れを方向付ける重要な一戦であることを自覚し、会場のボルテージは嫌が応にも高まっていた。だが、予選が始まってみると上位をブリヂストンユーザーが占め、決勝レースでもまたRE-05Dはその速さを実証して見せたのだった。

●予選
予選は上位10台のマシンがコースレコードタイムを更新するという、86/BRZレース全体の進化を表すものとなった。ポールポジションを獲得したのは、前戦岡山国際サーキットで優勝した#906阪口良平選手(ブリヂストン)。練習走行で攻めきれていなかった走りを、予選で修正することに成功、見事なアタックを見せた。2位には#202蒲生尚弥選手(ブリヂストン)が入った。蒲生選手にとってフロントローからのスタートは、2013年以来となる。
3位には#80吉田広樹選手(DL)が入ったが、前戦でのペナルティによってスタートは10グリッド降格が決まっていた。
ブリヂストン勢は、4番グリッドに#34佐々木雅弘選手(ブリヂストン)、6番グリッドに久保凛太郎選手(ブリヂストン)、8番グリッドに井口卓人選手(ブリヂストン)、10番グリッドに山田英二選手(ブリヂストン)と、トップ10に6台が入るという速さを見せた。

●決勝
まずはスタートでポールポジションの阪口選手はやや出遅れてしまい、蒲生選手に先行を許してしまう。一方、佐々木選手はスタートを決めて3位へとひとつポジションを上げることに成功する。2周目の1コーナーで阪口選手が蒲生選手のイン側に飛び込んだものの、オーバースピードでラインを外すと、その間に佐々木選手が阪口選手をかわし2番手と3番手が入れ替わる。勢いを駆った佐々木選手は蒲生選手を続く3周目でかわしてトップに立つと、この3台に久保凛太郎選手を加えた4台がトップグループを形成してお互いに牽制しつつレースは進んでいった。最終的には地元であり勝手知ったる菅生でトップの佐々木選手がファステストラップを記録するペースで逃げると、オーバーテイクポイントの少ないサーキットということもあり、トップグループはそのままの順位でチェッカーフラッグを受けることとなった。
セカンドグループから山田選手が抜け出し5位にポジションアップを果たすと、それによりブリヂストンユーザーが1位から5位までを占める結果となった。またトップ10には、8位井口選手と9位#557大西隆生選手(ブリヂストン)を加えた、計7台のブリヂストン装着選手が入った。

●ドライバーコメント
#34佐々木雅弘選手
(予選4位 決勝1位)
「予選は4番手で上手くいかなかったんですが、レースは理想的な展開でした。まずスタートで3位に上がることができて、2周目に2位、そして3周目のストレートでトップに立つことができました。その後もリードを拡げるためにプッシュしていったんですが、最後までタイヤは問題なく、タレることなく走り切ることができました。タイヤにずいぶんと助けてもらった勝利といっていいでしょうね。ボクが勝ったことでチャンピオン争いも面白くなったと思います」

≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!

RESULT
 

[決勝]  出走台数:36台 /完走台数33

コース:スポーツランドSUGO ( 3.737km×13laps=48.581km )  天候:Fine/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン 周回数 タイム  
    1 34 佐々木 雅弘 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 13 21:57.794  
    2 202 蒲生 尚弥 Bridgestone ASICS Blue 86R 13 22:00.348  
    3 906 阪口 良平 Bridgestone AREA86倉敷 13 22:00.660  
    4 87 久保 凜太郎 Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 13 22:00.904  
    5 770 山田 英二 Bridgestone CUSCO BS 86 13 22:01.912  
    6 32 トモアキ GY 大阪トヨタ86レーシング 13 22:13.360  
 

[予選]  出走台数:36

コース:スポーツランドSUGO ( 3.737km )  天候:Fine/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン 周回数 タイム  
    1 906 阪口 良平 Bridgestone AREA86倉敷 5 1:39.445  
    2 202 蒲生 尚弥 Bridgestone ASICS Blue 86R 1 1:39.609  
    3 80 吉田 広樹 DL OTG DL 86 1 1:39.665  
    4 32 トモアキ GY 大阪トヨタ86レーシング 2 1:39.716  
    5 34 佐々木 雅弘 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 1 1:39.764  
    6 87 久保 凜太郎 Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 1 1:39.777