2016 GAZOO Racing 86/BRZ Race [Clubman Series] 第2戦

橋本洋平が参戦23戦目の初優勝を
見事ポール・トゥ・ウィンで飾る

開催場所 : 岡山国際サーキット  開催日 :  4月23日 〜  4月24日

TGR 86/BRZレース第2戦のステージは、西日本を代表する岡山国際サーキット。テクニカルなコースだけに、地元ドライバーが台頭するのが例年の流れになっている。シリーズを戦うトップドライバーにとっても、岡山スペシャリストの走りやタイムがとても気になる。
エントリー台数は36。そのほとんどはポテンザRE-71Rのユーザーが占めている。現在のクラブマンシリーズは事実上、タイヤまでも含めたワンメイクレースとも言えるだけに、ドライバーの力量が試されるわけだ。

●予選
最初のタイムアタックで1分53秒894のトップタイムをマークした#600小野田貴俊選手(ブリヂストン)は、そのままピットロードに入り、1アタックだけで予選を終える。それに続いたのは、今年サーキットレースデビューしたばかりの#771菱井将文選手(ブリヂストン)と、3戦連続ポール・トゥ・ウィンの#128松原怜史選手(ブリヂストン)。

小野田選手以外はコースに留まり、アタックを続けるドライバーも少なくはなかった。そして予選終盤、松原選手が1分53秒663でトップを奪い、#84橋本洋平選手(ブリヂストン)もまた自己ベストを更新し続けたものの、松原選手には届かず2位。そして3位に小野田選手という順位で予選は終了した。

しかし松原選手は最終コーナー立ち上がりの走行が走路外走行と判定され、当該タイム抹消というペナルティを受ける。これによって橋本選手がポールポジションを獲得した。ここまで3戦連続ポール・トゥ・ウィンを飾った松原選手が5位からのスタートとなり、フロントローに並ぶ橋本選手と小野田選手とどのようにレースと絡むことができるのか?観るものにとっては楽しみな決勝レースとなった。

●決勝レース
スタートで波乱はなく、上位陣はほぼ予選通りの順位で1周目を終えた。松原選手は前へ出ることができず、5位のまま。最初は長い列だったが、3位争いが激しくなったことで、1位橋本選手、2位小野田選手から離れ始め、一騎討ちの状況となっていった。
終盤に追い込みをかけるのが、これまでの小野田選手のレース運びだった。それだけに橋本選手がリードを拡げていっても、小野田選手がどこかで仕掛けるのではないか、と想像させた。しかし小野田選手が橋本選手を捕らえることはできず、そのままチェッカーフラッグが振られた。橋本選手は2013年の開幕戦から参戦しており、通算23戦目にして、初優勝を獲得した。
松原選手は5周目に3位まで浮上したものの、しかしその時すでに先頭の2台とは7秒以上離れており、しかも松原選手は他車との接触でフロント部分が破損してしまっていた。結果、3位は松原選手、4位に菱井選手という順位でゴールした。
開幕戦に引き続き、トップ10はブリヂストンユーザーが独占した。

●ドライバーコメント
#84橋本洋平選手
(予選1位 決勝1位)
「ありがとうございます。とにかく嬉しいです。レースというのは普段と同じようにやる、落ち着いてミスなく走るということが大事だということが判りました。シフトミスが1回だけありましたけど、それ以外ミスはありません。やっぱりトップでレースを走るということ、つまり予選が大事なんですね。予選で7〜8周しているんですが、周回を重ねてもタイムは出るし、そのタイヤで決勝レースを12周しても大丈夫でした。ここからポイントをしっかりと積み重ねていきたいと思います」

≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!

RESULT
 

[決勝]  出走台数:36台 /完走台数35

コース:岡山国際サーキット ( 3.703km×12laps=44.436km )  天候:Fine/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン 周回数 タイム  
    1 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチ86ポテンザED 12 22:57.603  
    2 600 小野田 貴俊 Bridgestone ネッツ東埼玉ワコーズED86 12 22:59.007  
    3 128 松原 怜史 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 12 23:07.783  
    4 771 菱井 将文 Bridgestone CUSCO BS 86 12 23:07.914  
    5 758 岩本 佳之 Bridgestone カローラ名古屋86Racing 12 23:09.071  
    6 177 松田 利之 Bridgestone ACCESS86 12 23:16.614  
 

[予選]  出走台数:36

コース:岡山国際サーキット ( 3.703km×12laps=44.436km )  天候:Cloudy/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン 周回数 タイム  
    1 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチ86ポテンザED 7 1:53.877  
    2 600 小野田 貴俊 Bridgestone ネッツ東埼玉ワコーズED86 1 1:53.894  
    3 771 菱井 将文 Bridgestone CUSCO BS 86 1 1:54.040  
    4 804 山下 昌樹 Bridgestone NUTECアライズ86加藤一門 2 1:54.124  
    5 128 松原 怜史 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 1 1:54.144  
    6 126 庄司 雄磨 Bridgestone OTG AREA 86 1 1:54.407