2016 GAZOO Racing 86/BRZ Race [CLUBMAN Series] 第4戦

連続表彰台獲得の手塚祐弥が
記念すべきBRZ初優勝を遂げる

開催場所 : 富士スピードウェイ  開催日 :  6月 4日 〜  6月 5日

シーズンも折り返しとなる4戦目を迎えたGR 86/BRZ Race。そのステージはトヨタのホームコースである富士スピードウェイ。ここをホームコースとしているドライバーはプロ/アマ問わず多く、毎年大量のエントリーとなっている。クラブマンシリーズには79台という多くの86/BRZが参戦した。昨年から較べて17台もの増加で、このレースの人気がさらに加速していることは明らかだ。
予選は2組に分割され、また、エントリー台数がフルグリッドの45を超えているため、予選46位以下のドライバーによって争われる決勝Bレースがスケジュールに組み込まれていた。

●予選
今年クラブマンシリーズで86/BRZ Raceに復帰した#62松原亮二選手(ブリヂストン)がその速さをいかんなく発揮した。予選1組で、その松原亮二選手がトップタイムを獲得、2番手以下は#84橋本洋平選手(ブリヂストン)、#600小野田貴俊選手(ブリヂストン)、そしてポイントリーダーの#128松原怜史選手(ブリヂストン)と、クラブマンシリーズの強豪が顔を並べた。
予選2組では、若手#75手塚祐弥選手(ブリヂストン)がトップタイム。ヴィッツでチャンピオン経験のある#886河村直樹選手(ブリヂストン)が2番手、超ベテランのジムカーナドライバー#771菱井將文選手(ブリヂストン)が3番手となった。
1組トップタイムの松原亮二選手が、手塚選手のタイムを上回ったため、2戦連続のポールポジションとなり、予選1組が奇数、予選2組が偶数のグリッドからのスタートとなった。
強豪が揃っていた予選1組では、何度もタイムアタックをしていたドライバーが多かったのに対して、予選2組では比較的少なめなアタックとなっていた。

●決勝レース
決勝Aレースに先駆けて開催された決勝Bレースでは、前夜からの雨が降り続くコンディションの中、#881米田利唯選手(DL)が優勝した。その雨は予報では弱まるとされていたが、実際決勝Aレースが始まる頃でも、止む気配はなかった。
雨の中のスタートでは偶数グリッドが不利なこともあり、やや順位が入れ替わり、松原亮二選手、手塚選手、小野田選手というトップ3がレースをリードしていく。1周目のダンロップコーナーで小野田選手が2位に上がり、手塚選手はややペースが苦しそうだった。
3周目の1コーナー、小野田選手はトップに立ち、逃げ切りの体制に入ったかと思われた。しかし4周目、雨が強くなったことで、状況は変わる。手塚選手が松原亮二選手をオーバーテイクして2位に上がると、小野田選手との差を一気に詰めて、5周目のダンロップコーナーで見事にトップに立つ。
「フルウエットのセッティングだった」という手塚選手は、そのまま安定した速さを見せ、小野田選手を少しずつ引き離していく。トップでチェッカーフラッグを受ける時には、その差は5.718秒にも広がっていた。2位は小野田選手、3位には最終ラップの最終コーナーで松原怜史選手のインを刺した松原亮二選手が制した。
手塚選手は2013年から86/BRZ Raceに参戦しているが、今回が初優勝。さらにBRZとしてもこのレースが記念すべき初優勝となった。

●ドライバーコメント
#75手塚祐弥選手
(予選2位 決勝1位)
「周りのドライバーは弱い雨用のセッティングだったと思うんですが、ボクは強い雨用のセッティングで、しかも予選を1アタックしただけだったので、タイヤの溝も残っていました。そのあたりが勝因だと思います。序盤は少し苦しみましたが、中盤から雨が強くなって、トップに立つことができました。それからは後続の小野田さんが離れたので、安心して走ることができました。ボク自身も初優勝ですが、BRZとして初優勝というのも嬉しいです」

≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!

RESULT
 

[決勝Aレース]

出走台数:45台 /完走台数42
コース:富士スピードウェイ ( 4.563km )
天候:Rain/路面:Wet 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 75 手塚 祐弥 Bridgestone 栃木スバル OT モチュール BRZ 23:24.558  
    2 600 小野田 貴俊 Bridgestone ネッツ東埼玉ワコーズED86 23:30.276  
    3 62 松原 亮二 Bridgestone N群馬FKジースパイスBS86 23:32.766  
    4 128 松原 怜史 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 23:34.057  
    5 336 吉田 綜一郎 Bridgestone snap-on KotaBRZ 23:34.288  
    6 886 河村 直樹 Bridgestone N中京エリア86小牧BS86 23:42.678  

[決勝Bレース]

出走台数:31台 /完走台数26
コース:富士スピードウェイ ( 4.563km×10laps=45.63km )
天候:Rain/路面:Wet 

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 881 米田 利唯 DL 富山トヨペット DL 86 26:04.725    
  2 910 須藤 勇司 Bridgestone DEES-86Racing 26:07.672    
  3 725 長谷川 順一 Bridgestone HSR・長谷川運輸86 26:10.026    
  4 480 福村 憲一郎 Bridgestone 片山鋲螺工業SPM アクレBRZ 26:13.738    
  5 314 佐久間 進 Bridgestone DEES-86Racing 26:14.481    
  6 94 斉藤 裕司 Bridgestone HKYエスカランドPMU86 26:17.297    
 

[予選1組目]

出走台数:39
コース:富士スピードウェイ ( 4.563km )
天候:Cloudy/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 62 松原 亮二 Bridgestone N群馬FKジースパイスBS86 2:07.230  
    2 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチ86ポテンザED 2:07.458  
    3 600 小野田 貴俊 Bridgestone ネッツ東埼玉ワコーズED86 2:07.554  
    4 128 松原 怜史 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 2:07.627  
    5 758 岩本 佳之 Bridgestone カローラ名古屋86Racing 2:07.911  
    6 13 土屋 潤 Bridgestone サミットブレーキ86 2:08.025  

[予選2組目]

出走台数:37
コース:富士スピードウェイ ( 4.563km )
天候:Cloudy/路面:Dry 

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 75 手塚 祐弥 Bridgestone 栃木スバル OT モチュール BRZ 2:07.409    
  2 886 河村 直樹 Bridgestone N中京エリア86小牧BS86 2:08.238    
  3 771 菱井 将文 Bridgestone CUSCO BS 86 2:08.443    
  4 336 吉田 綜一郎 DL snap-on KotaBRZ 2:08.517    
  5 126 庄司 雄磨 Bridgestone OTG AREA 86 2:08.542    
  6 703 花里 祐弥 Bridgestone 埼玉トヨタ・エンドレス86R 2:08.552