2016 GAZOO Racing 86/BRZ Race [CLUBMAN Series] 第8戦

強いチャンピオンの凱旋
松原怜史(ブリヂストン)が5勝目で締める

開催場所 : 鈴鹿サーキット  開催日 : 10月29日 〜 10月30日

シリーズ最終戦は、過去2年と同様に鈴鹿サーキットでの開催となる。肌寒い10月末の鈴鹿は、これまでのシーズンの中で開幕戦と並んで気温、路面温度もとても低い状況になる。それだけにマシンのセットアップとともに、タイヤの持つ幅広い性能が求められるステージもある。
エントリー台数は76台。シーズンをフル参戦に近い体制で望んでいるドライバーはもちろん、西日本をベースに戦う地元ドライバー、そして鈴鹿をホームコースにしているドライバーたちも顔を揃えた。
すでにシリーズチャンピオンは#128松原怜史選手(ブリヂストン)に決定している。シリーズランキング2位を賭けた争いは、今回のレースには参戦していない#75手塚祐弥選手(ブリヂストン)を、#600小野田貴俊選手(YH)、#84橋本洋平選手(ブリヂストン)が追う展開となっている。
鈴鹿サーキットはフルグリッドが40台となっているため、2組に分けて実施される予選では、各組上位20台が決勝Aレース、それ以下が決勝Bレースへ出場する。

●予選
土曜日の午前中にスタートした予選1組、チャンピオンを決めた松原怜史選手が2分34秒014でトップタイムをマーク。ほぼ同時にアタックしていた小野田選手はそのタイムに届かずに2位。若手の#336吉田綜一郎選手(ブリヂストン)が3位となったものの、松原怜史選手には1秒018という差をつけられてしまった。以降、ブリヂストン勢は4位から7位まで続いた。
その直後に行われた予選2組では、強い日差しが隠れ路面温度はむしろ下がってしまう。そういった状況の中、#84橋本洋平選手(ブリヂストン)がトップタイムを出すが、すぐに地元の#804山下昌樹選手(YH)にわずか0秒059差でトップを譲る。2度、3度と橋本選手がタイムアタックをするものの、タイムアップはならず、2位のまま予選を終えた。3位には#126庄司雄磨選手(ブリヂストン)となった他、5位に#20中井秀彰選手(ブリヂストン)が入った。
予選1組の松原怜史選手が予選タイムで上回ったため、予選1組が奇数グリッド、予選2組が偶数グリッドからのスタートとなる。

●決勝レース
土曜日に行われた決勝Bレースでは、#502浅沼直之選手(YH)がポールボジションから、一度もトップを譲ることなく、そのまま優勝を果たした。
日曜日の決勝Aレースでは、ポールポジションの松原怜史選手がクリーンにスタートを決めた。昨年からのライバルである小野田選手がすぐに2位へと上がり、松原怜史選手の背後に迫る。3位に山下選手、4位に庄司選手がトップグループを形成、激しい攻防を繰り広げることになった。
しかし速さだけでなく、レース巧者でもある松原怜史選手は要所を締め、上手くトップグループをコントロールすることで、オーバーテイクを許さない。シリーズチャンピオンの強さを見せ、結局ポール・トゥ・ウィンで今シーズン5勝目を挙げた。トップ集団の順位は、結局変わることがなかった。
ブリヂストン勢としては、5位に橋本選手、6位に#758岩本佳之選手(ブリヂストン)、8位が#703花里祐弥選手(ブリヂストン)、9位は#771菱井將文選手(ブリヂストン)、10位に#886河村直樹選手(ブリヂストン)と、トップ10のうち7台を占めた。
クラブマンシリーズでブリヂストンは、シリーズチャンピオンとともに、全8戦すべてで優勝という成果を挙げることができた。

●コメント
優勝した#128松原怜史選手のコメント。
「予選を重視したセッティングだったこともあって、決勝レースのペースは少し苦しかったです。ただコースの中で、抑えるべきところを抑えて、上手くトップを守ることができました。今シーズンはRE-71Rが、いろいろな場面で安定した性能を発揮してくれたことで、シリーズチャンピオンを獲得することができました。本当にありがとうございました」

≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!

RESULT
 

[決勝Aレース]

出走台数:40台 /完走台数37
コース:鈴鹿サーキット ( 5.807km×8laps=46.456km )
天候:Fine/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 128 松原 怜史 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 20:46.099  
    2 600 小野田 貴俊 YH ネッツ東埼玉ワコーズED86 20:46.549  
    3 804 山下 昌樹 YH NUTECアライズ86加藤一門 20:47.019  
    4 126 庄司 雄磨 Bridgestone OTG AREA 86 20:47.330  
    5 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチ86ポテンザED 20:50.870  
    6 758 岩本 佳之 Bridgestone カローラ名古屋86Racing 20:54.911  

[決勝Bレース]

出走台数:32台 /完走台数31
コース:鈴鹿サーキット ( 5.807km×8laps=46.456km )
天候:Fine/路面:Dry 

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 502 浅沼 直之 YH IDI 86 21:27.341    
  2 196 伊東 輝晶 DL 富山トヨタTN86 DL 21:27.561    
  3 100 鶴田 康仁 YH アクロスWmブリッド86鶴 21:28.209    
  4 887 丹羽 賢 YH N中京AREA86小牧 21:28.443    
  5 164 井上 博史 Bridgestone ミッドレス WAKO'S 86BS 21:31.913    
  6 708 久保 直也 DL ダーハマRTタクミ86DL 21:32.137    
 

[予選1組目]

出走台数:35
コース:鈴鹿サーキット ( 5.807km )
天候:Fine/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 128 松原 怜史 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 2:34.015  
    2 600 小野田 貴俊 YH ネッツ東埼玉ワコーズED86 2:34.333  
    3 336 吉田 綜一郎 Bridgestone snap-on KotaBRZ 2:35.033  
    4 758 岩本 佳之 Bridgestone カローラ名古屋86Racing 2:35.690  
    5 703 花里 祐弥 Bridgestone 埼玉トヨタ・エンドレス86R 2:35.872  
    6 771 菱井 将文 Bridgestone CUSCO BS 86 2:35.975  

[予選2組目]

出走台数:37
コース:鈴鹿サーキット ( 5.807km )
天候:Fine/路面:Dry 

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 804 山下 昌樹 YH NUTECアライズ86加藤一門 2:35.441    
  2 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチ86ポテンザED 2:35.500    
  3 126 庄司 雄磨 Bridgestone OTG AREA 86 2:35.648    
  4 347 番場 彬 YH 栃木トヨタ ADVAN 86 2:35.688    
  5 20 中井 秀彰 Bridgestone トヨタ カローラ三重86 2:36.067    
  6 160 石川 昌平 Bridgestone OTG TN滋賀 86 2:36.412