2017 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race [Clubman Series] 第1戦

渾身のタイムアタックで橋本洋平がポールポジションを獲得

開催場所 : ツインリンクもてぎ  開催日 :  4月 1日 〜  4月 2日

5年目のシーズン開幕戦は、後期型の参入という新しいテーマもあって、どのような様相になるのか? 不安と期待が混じり合った空気の中でスタートした。プロフェッショナルシリーズは後期型マシンでの参加が義務付けられ、クラブマンシリーズでは前期型と後期型の混走となる。
後期型ではボディ剛性の向上などの他に、エンジンが7psパワーアップし、さらにファイナルギヤレシオが4.100から4.300へと約5%低くなっている。これによって後期型のほうがパワフルであることは間違いない。
しかし、それで簡単に勝負が決まるほど、レースは単純ではない。熟成が進んだ前期型の速さも侮れず、実際のテストでも大きな差はなかったという。その結果、前期型と後期型の性能調整は行われない。
ブリヂストン装着勢では、昨年シリーズランキング2位を獲得した#75手塚祐弥選手(ブリヂストン)、昨年の十勝で優勝したジムカーナのレジェンド#771菱井將文(ブリヂストン)、そしてPOTENZAのカラーリングをまとった#84橋本洋平(ブリヂストン)らが、レースをリードしていくドライバーとして注目されていた。

●予選
金曜日の夕方から雨が降り、土曜日の予選の時間帯になっても、路面はまだ乾き切っていない状況だった。予選1組、そうしたコンディションであっても、見事なコースレコードを叩き出し、橋本洋平選手がトップタイムを獲得。2番手の#38神谷裕幸選手(YH)に対して0.989という大きな差だった。菱井將文選手が3番手、手塚祐弥選手が4番手となった。
予選2組では、常にクラブマンシリーズでトップ争いをしてきた#600小野田貴俊選手(YH)がトップタイムをマーク。2番手には#703花里祐弥選手(YH)が入り、ブリヂストン装着勢では4番手に#126庄司雄磨選手(ブリヂストン)が入った。
全体としては小野田貴俊選手よりも、橋本洋平選手が1秒以上速いタイムとなり、結果として橋本洋平選手がポールポジション、予選1組が奇数グリッド、予選2組が偶数グリッドからスタートすることになった。
注目された前期型と後期型の対決は、全体としては59台中後期が19台と、約3分の1のエントリーとなったが、予選トップ10では前期が4台、後期が6台。つまり、少なくとも予選では、やはり後期型のほうが有利にみえた。

●決勝レース
45台のフルグリッドからスタートした決勝Aレースは、全車がスムーズなスタートとなり、ほぼグリッド通りの順位でレースが始まった。ポールポジションからスタートした橋本洋平選手に、2位の小野田貴俊選手がピタリと背後に付き、プレッシャーをかける。オープニングラップこそ0秒832のギャップがあったものの、それ以降は0秒3以下というテール・トゥ・ノーズの状態でレースが進んでいく。わずかな隙でもチャンスにしようと意気込む小野田貴俊選手を、巧みなブロックで押さえ込む橋本洋平選手。ジリジリとした緊張感が伝わってくるようだ。
3位の神谷裕幸選手が小野田貴俊選手に追い付いた8周目、橋本洋平選手は130Rで痛恨のシフトミス! 小野田貴俊選手だけでなく、神谷裕幸選手にもオーバーテイクを許し、3位へと後退してしまう。橋本洋平選手は、順位を取り戻そうとチャレンジするものの、レースはそのままの順位でチェッカーフラッグを受けた。ブリヂストン装着勢としては、菱井將文選手が4位と、上位入賞を果たした。

●コメント
3位表彰台を獲得した#84橋本洋平選手(ブリヂストン)のコメント。
「前期型と後期型が混じって走っていることで、それぞれ速いコーナーが違うんです。しかも前期型が速いところと、このコースのパッシングポイントが重なっているんです。それでちょっと辛かったですね。だからギリギリで堪えていたんですけど、5コーナーからの立ち上がりでシフトミスをしてしまいました。最後までミスなく走らないと、やっぱり優勝できないということですね。まだまだ自分が足りてないんだな、と思いました。タイヤは予選で速さを見せることができました。決勝レースの天候が不安定だったので、コンディションが読み難くて、タイヤ戦略的には難しかったですね」

≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!

RESULT
 

[決勝Aレース]

出走台数:45台 /完走台数40
コース:ツインリンクもてぎ ( 4.801km×10laps=48.01km )
天候:Fine/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 600 小野田 貴俊 YH ネッツ東埼玉ワコーズED86 23:40.778  
    2 38 神谷 裕幸 YH N中部ミッドレススノコ86 23:41.428  
    3 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチBS86REVO 23:42.250  
    4 771 菱井 將文 Bridgestone CUSCO BS 86 23:43.822  
    5 333 古田 岬 YH R-SPEC姉崎ルブテック86 23:49.359  
    6 710 朝日 俊光 YH ラルグ水戸 86 23:50.865  

[決勝Bレース]

出走台数:14台 /完走台数12
コース:ツインリンクもてぎ ( 4.801km×10laps=48.01km )
天候:Fine/路面:Dry 

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 12 五賀 貴男 YH SYMS・楡クリ自動車部BRZ 24:18.058    
  2 564 加藤 尚之 Bridgestone 岡崎ルネサンスらんパーク86 24:20.590    
  3 175 吉田 政美 Bridgestone YMS☆シティオート86 24:47.930    
  4 14 鈴木 祐子 YH Kpowers BRZ 24:58.125    
  5 48 荒川 美恵子 YH もらいぼしヒシキレーシング86 24:58.465    
  6 61 穂積 昭則 YH T-Naoryu & KR BRZ 24:58.773    
 

[予選1組目]

出走台数:30
コース:ツインリンクもてぎ ( 4.801km )
天候:Cloudy/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチBS86REVO 2:19.081  
    2 38 神谷 裕幸 YH N中部ミッドレススノコ86 2:20.070  
    3 771 菱井 將文 Bridgestone CUSCO BS 86 2:20.426  
    4 75 手塚 祐弥 Bridgestone 栃木スバル BS BRZ P.MU 2:20.555  
    5 347 番場 彬 YH 栃木トヨタ ADVAN 86 2:20.652  
    6 710 朝日 俊光 YH ラルグ水戸 86 2:20.924  

[予選2組目]

出走台数:29
コース:ツインリンクもてぎ ( 4.801km )
天候:Cloudy/路面:Dry 

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 600 小野田 貴俊 YH ネッツ東埼玉ワコーズED86 2:20.131    
  2 703 花里 祐弥 YH 埼玉トヨタ・エンドレスYH86 2:20.325    
  3 333 古田 岬 YH R-SPEC姉崎ルブテック86 2:20.692    
  4 126 庄司 雄磨 Bridgestone OTG AREA 86 2:21.690    
  5 16 大久保 仁 YH Forceネッツ東埼玉ED86 2:21.813    
  6 301 北見 洸太 YH ケーエムエスシェンロン86 2:22.031