2017 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race [Clubman Series] 第2戦

オートポリス初エントリーで菱井將文が逆転勝利

開催場所 : オートポリス  開催日 : 5月7日

昨年は熊本地震の影響から、キャンセルされたオートポリス戦。そのため今回の開催は2年ぶりということになる。多くのクラブマンシリーズのドライバーにとって走行するチャンスが少ないサーキットということもあり、アップダウンの激しいコースとともに、波瀾要素は少なくない。
2015年のクラブマンシリーズが誕生して以来、ずっと勝利を続けてきたPOTENZA RE-71Rだったが、ついに前戦でその連勝記録が16で止まった。この第2戦は、新たな連勝記録を再開するための重要なレースということになる。
エントリー台数は35台。地元九州のエントラントも数多く、またオートポリスをホームコースとするドライバーの参戦もあった。このあたりには、オートポリスで2016年にスタートした、事実上の地方戦ともいえる「オートポリス86/BRZレース」の存在も小さくないのだろう。

●予選
ワンデーレースのため、予選は日曜日の午前中に行われた。開幕戦で表彰台に立った#500小野田貴俊選手(YH)、#38神谷裕幸選手(YH)が1位、2位となった。3位にはオートポリスをホームコースとする地元のベテランドライバー#42田中雅裕選手(YH)が入り、九州勢がトップ3の一角を手にした。
ブリヂストン装着勢では4位に#771菱井將文選手(ブリヂストン)が入った。ジムカーナで数多くのチャンピオンを獲得してきたレジェンドドライバーだが、レースは2016年からのスタート。今回がオートポリス初走行となったのだが、難しいコースを見事に攻略した形だ。
開幕戦でポールポジションを獲得し、期待された橋本洋平選手は予選6位。クリアラップを取ることができず、タイムロスしてしまった。この予選では18位までコースレコードを記録、2年間のタイムアップぶりが予選タイムで明らかになった。

●決勝レース
日曜日の午後に行われた決勝レースは、初夏のような強い日差しが時おり見られ、気温も路面温度も高くなっていた。
地元勢の期待を受けた田中雅裕選手がスタートをミス、7位にまで順位を落してしまった。それ以外のドライバーは予選順位通りの並びで、レースが始まった。先頭グループは小野田貴俊選手、神谷裕幸選手、菱井將文選手の3台で、少し遅れて#310大島大輝選手(YH)と橋本洋平選手、#758岩本佳之選手(YH)、そして田中雅裕選手がセカンドグループを形成。
レースが動いたのは5周目、橋本洋平選手が4位へとポジションを上げ、トップグループを追い上げ始めた。しかしその時、トップグループは極めて接近した形で3台が争っていた。7周目、菱井將文選手が神谷裕幸選手に並びかけるものの、オーバーテイクはならなかったが、次の8周目ついに菱井將文選手が2位へとポジションを上げる。その勢いで9周目には一発で小野田貴俊選手を仕留め、トップに立った。
そこから小野田貴俊選手が追い上げを見せたが、周回遅れの処理に手間取ったこともあり、結果菱井將文選手が今シーズン初勝利、昨年の第7戦十勝以来となる通算2勝目を挙げた。ファステストラップを記録した橋本洋平選手は追い上げたものの届かず、4位でレースを終えた。

●コメント
優勝した#771菱井將文選手(ブリヂストン)のコメント。
「今回がオートポリスを走るのは初めてだったんですけど、予選はボクとしては上出来だったと思います。決勝レースは、なんとか前を走るクルマの隙を見つけて、前へ出られればと思っていたんですが、その通りになりました。5周目くらいにはもうどこで抜けるか見えていたんですけど、あまり無理をしてペナルティになってもダメなので、どうしようかと考えていたんです。トップ2台のペースも段々落ちてきていたので、3位から2台抜いてトップに立つことができました。ブリヂストンタイヤの方がグリップの落ちがずっと少なかったことが、大きかったですね」

≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!

RESULT
 

[決勝]  出走台数:35台 /完走台数34

コース:オートポリス ( 4.674km×10laps=46.74km )  天候:Fine/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン 周回数 タイム  
    1 771 菱井 將文 Bridgestone CUSCO BS 86 10 22:45.462  
    2 500 小野田 貴俊 YH ネッツ東埼玉ワコーズED86 10 22:46.615  
    3 38 神谷 裕幸 YH N中部ミッドレススノコ86 10 22:47.073  
    4 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチBS86REVO 10 22:47.677  
    5 310 長島 大輝 YH 埼玉自動車大学校 ED 生駒 86 10 22:50.601  
    6 758 岩本 佳之 YH カローラ名古屋86Racing 10 22:52.162  
 

[予選]  出走台数:35

コース:オートポリス ( 4.674km )  天候:Cloudy/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン 周回数 タイム  
    1 500 小野田 貴俊 YH ネッツ東埼玉ワコーズED86 5 2:13.643  
    2 38 神谷 裕幸 YH N中部ミッドレススノコ86 2 2:13.924  
    3 42 田中 雅裕 YH トライレーシングMオートBRZ 3 2:13.979  
    4 771 菱井 將文 Bridgestone CUSCO BS 86 2 2:13.994  
    5 310 長島 大輝 YH 埼玉自動車大学校 ED 生駒 86 3 2:14.629  
    6 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチBS86REVO 5 2:14.784