Bridgestone Motorsport

  • レース情報
  • スペシャルコンテンツ
  • レース写真・画像
  • モータースポーツタイヤ
  • ヒストリー
  • メール会員登録

カテゴリー別トップ

  • 4 Automobile Racing
  • 2 Motorcycle Racing

お薦めコンテンツ

  • 4厘レース速報 2016
  • 2輪レース速報 2016
  • 8耐レース速報 2016
  • 2016年鈴鹿8耐ブリヂストンサポートチーム一覧

2輪モータースポーツ関連コンテンツ

山田宏のMotoGP™ここが見所! 2009

日曜日の決勝レースが雨により月曜日へ順延となる、変則スケジュールで行われた開幕戦のカタールGPでは、ドゥカティのストーナー選手がフィアット・ヤマハチームのふたりを従えてのトップフィニッシュを飾りました。

'09 MotoGP Rd.2 日本GP ここが見所!!

'09 日本GP 4月25日〜4月26日開催
山田宏 ((株)ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)

カタールGPを振り返って
開幕戦のカタールGPは飛んでもない事になりました。砂漠の中なので、1年に何回かしか雨は降らないのですが、大雨でレースはキャンセルになってしまいました。土曜日にも少し雨が降ったのですが、すぐに止んで乾いたので問題ありませんでした。日曜日はウォームアップまでは問題なかったのですが、GP125のレースが始まり(20:00スタート)すぐに雨が降り、4周でレースは中断。コース回復に時間が掛かると判断され、4周でレースは成立。ポイントが通常の半分になりました。その後路面は乾いてきましたがGP250のレーススタートは遅れて、周回数が2/3に短縮されてスタートし、無事に終了しました。MotoGPのスタートは予定通り23:00から出来る事になり、グリッドに着いていざスタートという時に、また雨が降ってきました。すぐにレースディレイが伝えられ、マシンとライダーがピットに戻り待機しましたが、雨は激しくなる一方!1時間近くも降り続け、結局レースはキャンセルになりました。レース待機中にDORNAと全チームマネージャーが集まり、どうするかについて話し合われました。その話し合いの中で、完全な中止も選択肢にあったのですが、多くの意見で明日(月曜日に)やろうという事になりました。我々もチームにとっても予定を全て変更するのは大変な事なのですが、やはりMotoGPの為にはレースをやった方が良いという事になりました。月曜日にレースを延期して実施するというのは、少なくともこの20年では無かったことです。我々も1日延びただけですごく疲れましたが、ライダーはもっと大変だったと思います。しかし全員が一丸となってレースをやろうとなり、イタリアやスペインでは月曜日になったにも関わらず、TVで生放送放映されたというので良かったと思います。(羨ましいですね!)
レースはやはり絶好調のストーナー選手が優勝。彼は全セッショントップタイムで、ポールポジションから一度もトップを譲ることなく優勝しました。これで彼はカタールGP3連覇です。2位には昨年のチャンピオンロッシ選手が、3位にはロッシ選手のチームメイトのロレンソ選手が入りました。我々にとって興味深かった結果のひとつが、3位から5位に入っている選手(4位にエドワーズ選手、5位にドビチオーゾ選手)が、昨年ライバルのタイヤを履いていた選手という点です。多くのジャーナリストが「ワンメークになると、昨年BSのユーザーが特に前半戦では有利だろう」という予想をしていましたが、その予想は外れたと言えます。逆に言えば我々の09年スペックのタイヤが、誰にでも乗れる事が証明されたということでしょう。我々にとって今年唯一の日本人、ルーキーの高橋選手は15位で完走して1ポイントを挙げました。MotoGPマシンにも徐々に慣れてきているので、母国グランプリのもてぎでは、コースも知り尽くしているので更に上の位置での争いが期待されます。

◆以下、前戦、Rd.1 カタールGPのレースリザルトです。

MotoGPクラス 第1戦 Qatar Grand Prix
ドーハ 4月 12日 Fine/Dry 5.38km×22周=118.36km
決勝出走:18 /完走:17
Pos. No. Rider Tyre Team Machine Maker Laps Time
1 27 ケーシー・ストーナー BS ドゥカティ・チーム デスモセディチ GP9 ドゥカティ 22 42:53.984
2 46 バレンティーノ・ロッシ BS フィアット ヤマハ チーム YZR-M1 ヤマハ 22 43:01.755
3 99 ホルヘ・ロレンソ BS フィアット ヤマハ チーム YZR-M1 ヤマハ 22 43:10.228
4 5 コーリン・エドワーズ BS モンスター・ヤマハ・Tech 3 YZR-M1 ヤマハ 22 43:18.394
5 4 アンドレア・ドビツィオーゾ BS レプソル・ホンダ・チーム RC212V ホンダ 22 43:21.247
6 15 アレックス・デ・アンジェリス BS サンカルロ ホンダ グレシーニ RC212V ホンダ 22 43:23.867
7 7 クリス・バーミューレン BS リズラ スズキ MotoGP GSV-R スズキ 22 43:27.611
8 36 ミカ・カリオ BS プラマック・レーシング デスモセディチ GP9 ドゥカティ 22 43:28.739
9 24 トニー・エリアス BS サンカルロ ホンダ グレシーニ RC212V ホンダ 22 43:33.465
10 14 ランディ・デ・ピュニエ BS ホンダLCR RC212V ホンダ 22 43:36.268

Pole Position: ケーシー・ストーナー ドゥカティ・チーム/デスモセディチ GP9/ドゥカティ
Fastest Lap: ケーシー・ストーナー ドゥカティ・チーム/デスモセディチ GP9/ドゥカティ 1:55.844 167.190km/h 0周



日本GPについて
今年は日本GPが第2戦になりました。今までは9月に行われていたので大きな変更です。
もてぎでのGPは今年で11年目です。ここもてぎでの日本GPは、我々にとっても思い出深いGPで、我々は2004年から昨年まで何と5連勝しました。
1周4.801kmのコースは、左:6、右:8の14のコーナーからなっていて、ストップアンドゴーのレイアウトです。メインストレートは762mの長さですが、ラップタイムでの平均速度は、163km/hとGPコースの中では中位に位置します。路面のグリップは良いと言えます。昨年の日本GPでは、ロッシが見事に優勝してチャンピオンを決定しました。今年はチャンピオン争いという興味は無いのですが、第2戦という事で今年の各チーム、ライダーの力を占う意味では興味深いと思います。日本GPの後はヨーロッパに渡り、本格的な争いがスタートするので、どのチームも良い流れでヨーロッパに乗り込みたいはずです。毎年もてぎでは冬季テストが行われないので、まだ2戦目という事もあり、今年のマシンの仕上がりにも注目されます。



◆以下、昨年2008年の日本GPのレースリザルトです。

MotoGPクラス 第15戦
ツインリンクもてぎ 9月 28日 Fine/Dry 4.801km×24周=115.224km
決勝出走:19 /完走:17
Pos. No. Rider Tyre Team Machine Maker Laps Time
1 46 バレンティーノ・ロッシ BS フィアット ヤマハ チーム YZR-M1 ヤマハ 24 43:09.599
2 1 ケーシー・ストーナー BS ドゥカティ・コルセ・チーム デスモセディチ GP8 ドゥカティ 24 43:11.542
3 2 ダニ・ペドロサ BS レプソル・ホンダ・チーム RC212V ホンダ 24 43:14.465
4 48 ホルヘ・ロレンソ MI フィアット ヤマハ チーム YZR-M1 ヤマハ 24 43:15.764
5 69 ニッキー・ヘイデン MI レプソル・ホンダ・チーム RC212V ホンダ 24 43:34.192
6 65 ロリス・カピロッシ BS リズラ スズキ MotoGP GSV-R スズキ 24 43:35.284
7 5 コーリン・エドワーズ MI テック3 ヤマハ YZR-M1 ヤマハ 24 43:35.517
8 56 中野 真矢 BS サンカルロ ホンダ グレシーニ RC212V ホンダ 24 43:35.602
9 4 アンドレア・ドビツィオーゾ MI JiR チームスコット MotoGP RC212V ホンダ 24 43:35.818
10 21 ジョン・ホプキンス BS カワサキ・レーシングチーム ニンジャZX-RR カワサキ 24 43:46.730

Pole Position: ホルヘ・ロレンソ フィアット ヤマハ チーム/YZR-M1/ヤマハ
Fastest Lap: ケーシー・ストーナー ドゥカティ・コルセ・チーム/デスモセディチ GP8/ドゥカティ 1:47.091 161.391km/h 9周


■ツインリンクもてぎ

4.801km×24周=115.224km


予選、決勝の見所
もてぎは比較的パッシングポイントが多いと言えるでしょう。1コーナー、3コーナー、5コーナーの入り口や、S字やVコーナー、ヘアピン入り口と、多くのコーナー入り口で抜く事が出来るでしょう。そして最後の勝負所は、バックストレート後の90度コーナーです。このコーナーでは過去にも数多くのドラマが生まれています。ヘアピンをうまく立ち上がれるかによって、バックストレートでのスピードにも影響するので、その点も見ものです。そして終盤はここでのブレーキング競争が見逃せません。ちなみに開幕戦の結果を見ると、マシンの最高速度に関して今年はメーカーによる差は少なくなっています。昨年はドゥカティがかなり速かったのですが、今年は大きな差は見られませんでした。
今年はワンメークにより予選専用タイヤというのはありません。我々が決めて持ち込んだ2スペックしかないので、そのどちらかで予選タイムを出さなくてはなりません。開幕戦のカタールGPではソフトとミディアムを持ち込み、結局全員がミディアムをレースに選び、ソフトで予選のタイムアタックを行いました。予選時間が今年から45分に短縮されているのですが、カタールでは昨年と同じように、最初は決勝用のミディアムでスタートして、予選最後の15分位でソフトに換えてタイムアタックをする選手が多かったです。
もてぎでも予選は同じような展開になると思われるので、最後の15分は目が離せません。決勝ではまずスタートに注目です。1コーナーでのポジションが序盤の展開に重要になります。特に速いライダーがスタートで出遅れたとき、1−2周の間でどう挽回してくるかが注目されます。勝ちを狙うライダーは、序盤から離しにかかると思います。混戦になった場合何が起こるか判らなくなるので、早く逃げたいはずです。今回も調子の良いストーナー選手とロッシ選手が軸になると思いますが、今回3位のロレンソ選手、昨年ポールポジションのペドロサ選手、もてぎで3勝のスズキのカピロッシ選手などが注目です。もちろん我らが高橋裕紀選手にも、地元での活躍を期待しています!

今週末の天気予報は、現在の所土日共に曇り/雨の予報です。何とか天気予報が変わるか外れるかして(!)少なくとも決勝は雨が降らない事を祈ります。


タイヤ
このコースはストップアンドゴーのレイアウトなので、ブレーキングから進入の速度を高めるのと、立ち上がりでしっかりトラクションを掛ける事が重要です。また低中速コーナーでも、少しでもコーナリングスピードを上げる必要があります。それが、進入と立ち上がりの速さにもつながるからです。ハードブレーキングをしっかり受け止めるフロントタイヤと、コーナリング速度を高める為のエッジグリップ、そしてリアのトラクションが重要です。今回は開幕戦カタールGPと同じく、フロント、リア共にソフトとミディアムのスペックを持ち込みます。雨は降って欲しくありませんが、ウェットタイヤはソフトコンパウンド1種類です。今年は4月開催なので、従来の9月とは気温が違うでしょう。カタールと同じスペックが、コースも温度も違うもてぎでうまく作動するか?もてぎでは今年のスペックはまだ一度もテストしていないので、一抹の不安はありますが、今年の目標である、より広範囲の条件に合うタイヤが出来ているかが実証されます。
カタールのロサイルサーキットはタイヤに厳しい上、気温もまずまず高かったので、全員がミディアムをチョイスしたのですが、もてぎでは気温にもよりますがソフトを使うライダーもいると思います。

まだまだ09シーズンは始まったばかりです。開幕戦のカタールはやや特殊な条件なので、今年の流れを占う意味では日本GPの結果は楽しみです。

日本GPの決勝は4月26日(日)です。ご期待下さい。



《 [番外編] 山田宏の「MotoGPタイヤ・アロケーション」レポート を見る 》

ブリヂストンは、今シーズンから全チーム・全ライダーにタイヤを供給。より広範囲の条件に合うタイヤを安定して、公平に供給し、エキサイティングなレースを盛り上げて行きます。

09/11/18 [番外編-2] '09シーズンを終えて―新たなシーズン、早くもスタート!
09/11/04 '09 MotoGP Rd.17 バレンシアGP ここが見所!
'09 バレンシアGP 11月7日〜11月8日開催
09/10/22 '09 MotoGP Rd.16 マレーシアGP ここが見所!
'09 マレーシアGP 10月24日〜10月25日開催
09/10/14 '09 MotoGP Rd.15 オーストラリアGP ここが見所!
'09 オーストラリアGP 10月17日〜10月18日開催
09/09/29 '09 MotoGP Rd.14 ポルトガルGP ここが見所!
'09 ポルトガルGP 10月3日〜10月4日開催
09/09/02 '09 MotoGP Rd.13 サンマリノGP ここが見所!
'09 サンマリノGP 9月5日〜9月6日開催
09/08/26 '09 MotoGP Rd.12 インディアナポリスGP ここが見所!
'09 インディアナポリスGP 8月29日〜8月30日開催
09/08/07 '09 MotoGP Rd.11 チェコGP ここが見所!
'09 チェコGP 8月15日〜8月16日開催
09/07/22 '09 MotoGP Rd.10 イギリスGP ここが見所!
'09 イギリスGP 7月25日〜7月26日開催
09/07/15 '09 MotoGP Rd.9 ドイツGP ここが見所!
'09 ドイツGP 7月18日〜7月19日開催
09/06/30 '09 MotoGP Rd.8 アメリカGP ここが見所!
'09 アメリカGP 7月4日〜7月5日開催
09/06/23 '09 MotoGP Rd.7 オランダGP ここが見所!
'09 オランダGP 6月26日〜6月27日開催
09/06/10 '09 MotoGP Rd.6 カタルーニャGP ここが見所!
'09 カタルーニャGP 6月13日〜6月14日開催
09/05/27 '09 MotoGP Rd.5 イタリアGP ここが見所!
'09 イタリアGP 5月30日〜5月31日開催
09/05/13 '09 MotoGP Rd.4 フランスGP ここが見所!
'09 フランスGP 5月16日〜5月17日開催
09/04/28 '09 MotoGP Rd.3 スペインGP ここが見所!
'09 スペインGP 5月2日〜5月3日開催
09/04/22 '09 MotoGP Rd.2 日本GP ここが見所!!
'09 日本GP 4月25日〜4月26日開催
09/04/08 '09 MotoGP Rd.1 カタールGP ここが見所!-前編
'09 カタールGP 4月11日〜4月12日開催
09/04/08 '09 MotoGP Rd.1 カタールGP ここが見所!-後編
'09 カタールGP 4月11日〜4月12日開催
09/04/22 [番外編-1] 山田宏の「MotoGPタイヤ・アロケーション」レポート