国内A級ライセンスがあればビギナーでもレースを楽しむことができるというコンセプトに則り、タイヤは市販ラジアルタイヤに限定されているのが、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceにおける注目すべき点だろう。

また、タイヤサイズはカタログモデルに標準装着として設定されている205/55R16のみとなり、使用可能銘柄はプロフェッショナルクラス「POTENZA RE-07D」、クラブマンシリーズ「POTENZA RE-12D」となる。

「POTENZA RE-07D」は2019年プロフェッショナルシリーズで6度表彰台を独占し、全国のサーキットで速さを証明した。ドライコンディションだけでなく、ウェットコンディションでも安定したグリップ性能を発揮した。
製品ページ https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re07d/index.html

「POTENZA RE-12D」は安定したグリップ力を発揮し、2019年エキスパートクラスで5勝を挙げ、シリーズチャンピオン獲得にも貢献しました。
製品ページ https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re12d/index.html

加えて参戦コストを抑える意味もあり、1回のレースで使用できるタイヤは、公式予選、決勝を通じて4本までに制限される(1大会2ヒート制でも同じ)。つまり1レースで1セットしか使用できないわけだ。予選・決勝をトータルで考え、どのようにタイヤを使うのかといったきめの細かいマネージメントも欠かせない。

2020_86t_1.jpg