荒尾創大が激戦を制し優勝!

  • 開催場所:鈴鹿サーキット 南コース
  • 開催日:2020年12月13日(日) 〜 2020年12月13日(日)
2020オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第10戦
MK4_1499.jpg

昼前から徐々に風が強くなり肌寒さを増した鈴鹿。今季を締めくくる第10戦のスケジュールが始まった。


<予選>
スタート前に佐々木大樹(TONYKART RTJ、TONYKATT/VORTEX/ブリヂストン)がピットイン、さらにスタート直後の1コーナーでは渡会太一(DragoCorse、DRAGOCORSE/TM/ブリヂストン)がコースアウト、リタイアするという波乱で始まった第10戦予選。トップは佐藤凌音(INTREPID JAPAN CORSE、INTREPID/TM/ブリヂストン)となり、後続を引き離していく。2番手には荒尾創大(BirelART RAGNO RT、BirelART/IAME/ブリヂストン)がつけ、その後方に野村勇斗(EXGEL with MASUDA RACING、PRAGA/TM/DL)が続く。トップの佐藤は快調に周回を重ね独走。そのままチェッカーを受け、初のポールポジションを獲得した。

OK10_arao.JPG

<決勝>
今季最後のレースとなる第10戦。スタートは野村がホールショット奪い、レースをリードしていく。3周目、1コーナーで大宮賢人(INTREPID JAPAN CORSE、INTREPID/TM/ブリヂストン)がトップを奪うと、それに平安山良馬(Team EMATY、KR/TM/ブリヂストン)、荒尾(ブリヂストン)らも続いていく。平安山は10周目にトップに立ちリードを広げていく。しかし、2番手集団から抜け出した荒尾が徐々に差を縮めると、13周目にトップに浮上。その後は激しいトップ争いとなる。このトップ争いに接近してきたのが、予選をリタイアで終え後方からのスタートとなっていた渡会(ブリヂストン)。22周目には2番手まで上がり荒尾に迫っていく。逆転もあるかと思われたが、最終ラップのストレートエンドでエンジントラブルにより渡会がストップ。これで楽になった荒尾が残りを逃げ切り2勝目を飾った。なお、今大会の結果によりランキングトップ6までをブリヂストン装着勢で独占した。
●荒尾創大/優勝ドライバーのコメント
最後、渡会選手が迫って来たときは、間に平安山選手を挟んで、その間に逃げようと思っていました。終盤のバトルになれば自分のほうが強いと思っていましたので、集中して走っていました。今年は1台体制で大変だったこともありましたが、来年は先輩ドライバーもいるチームへと移るので、いい部分を見習ってスキルアップしチャンピオンを獲りたいと思います。

レース結果

コース:鈴鹿サーキット 南コース

[OK]

決勝

  • 開催日:2020/12/13
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:29
  • 完走:26
  • (1.264km x 24laps = 30.336km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 11 荒尾 創大 BS Bridgestone birelART IAME 24 18:52.596
2 26 遠藤 照剛 BS Bridgestone Croc Promotion TM 24 18:55.019
3 17 平安山 良馬 BS Bridgestone KR TM 24 18:55.377
4 22 金子 修 BS Bridgestone Praga IAME 24 18:56.025
5 33 大宮 賢人 BS Bridgestone INTREPID TM 24 18:56.372
6 1 佐々木 大樹 BS Bridgestone TONY KART VORTEX 24 18:56.624
7 24 宮下 源都 BS Bridgestone TONY KART VORTEX 24 18:57.277
8 19 清水 啓伸 BS Bridgestone Drago Corse TM 24 18:57.344
9 55 大木 一輝 BS Bridgestone KR TM 24 18:58.210
10 6 朝日 ターボ DL EXPRIT TM 24 18:58.310
11 69 佐々木 大河 BS Bridgestone Praga TM 24 18:59.046
12 44 佐藤 凌音 BS Bridgestone INTREPID TM 24 18:59.531
13 27 小椋 梓 BS Bridgestone KOSMIC VORTEX 24 19:00.226
14 4 皆木 駿輔 DL Croc Promotion TM 24 19:02.032
15 20 新原 光太郎 DL EXPRIT VORTEX 24 19:02.435
16 25 岩崎 有矢斗 BS Bridgestone TONY KART VORTEX 24 19:04.995
17 7 井本 大雅 DL EXPRIT TM 24 19:05.152
18 88 星 涼樹 DL Drago Corse TM 24 19:05.813
19 10 木内 秀柾 BS Bridgestone SWF IAME 24 19:10.299
20 13 三村 壮太郎 YH Croc Promotion TM 24 19:10.727
21 9 森山 冬星 YH KR TM 24 19:11.319
22 14 水野 皓稀 YH Croc Promotion TM 24 19:14.632
23 95 綿谷 浩明 BS Bridgestone XENON TM 24 19:15.172
24 2 渡会 太一 BS Bridgestone Drago Corse TM 23 18:05.447
25 3 山田 杯利 YH Croc Promotion TM 19 15:14.764
[OK]

予選

  • 開催日:2020/12/13
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:29
  • (1.264km x 12laps = 15.168km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 44 佐藤 凌音 BS Bridgestone INTREPID TM 12 9:17.529
2 15 野村 勇斗 DL Praga TM 12 9:18.064
3 33 大宮 賢人 BS Bridgestone INTREPID TM 12 9:18.150
4 24 宮下 源都 BS Bridgestone TONY KART VORTEX 12 9:18.671
5 17 平安山 良馬 BS Bridgestone KR TM 12 9:19.223
6 11 荒尾 創大 BS Bridgestone birelART IAME 12 9:20.034
7 73 伊藤 慎之典 BS Bridgestone KOSMIC VORTEX 12 9:20.158
8 55 大木 一輝 BS Bridgestone KR TM 12 9:20.563
9 26 遠藤 照剛 BS Bridgestone Croc Promotion TM 12 9:22.382
10 69 佐々木 大河 BS Bridgestone Praga TM 12 9:22.496
11 22 金子 修 BS Bridgestone Praga IAME 12 9:22.611
12 27 小椋 梓 BS Bridgestone KOSMIC VORTEX 12 9:22.885
13 5 高橋 悠之 BS Bridgestone TONY KART VORTEX 12 9:22.834
14 6 朝日 ターボ DL EXPRIT TM 12 9:23.119
15 4 皆木 駿輔 DL Croc Promotion TM 12 9:23.534
16 7 井本 大雅 DL EXPRIT TM 12 9:23.853
17 10 木内 秀柾 BS Bridgestone SWF IAME 12 9:24.198
18 25 岩崎 有矢斗 BS Bridgestone TONY KART VORTEX 12 9:24.492
19 21 渡部 樹 DL EXPRIT VORTEX 12 9:24.704
20 20 新原 光太郎 DL EXPRIT VORTEX 12 9:26.307
21 95 綿谷 浩明 BS Bridgestone XENON TM 12 9:30.821
22 88 星 涼樹 DL Drago Corse TM 12 9:31.274
23 13 三村 壮太郎 YH Croc Promotion TM 12 9:37.230
24 9 森山 冬星 YH KR TM 12 9:43.103
25 14 水野 皓稀 YH Croc Promotion TM 12 9:44.207