ブリヂストン 企業サイト

2輪モータースポーツ関連コンテンツ

ブリヂストン モータースポーツ活動 主要カテゴリー紹介

ブリヂストンサポート カテゴリー全紹介! 全日本ロードレース選手権

「全日本ロードレース選手権」とは、その名の通り、日本全国のサーキットを舞台に争われる国内最高峰のオートバイ・ロードレースシリーズのことであり、現在4つのクラスで構成されている。

全日本ロードレース選手権とは?

最高峰クラスとなるのが、国内外のオートバイメーカーが誇る最新のスポーツバイクで激戦が繰り広げられる「JSB1000」だ。市販の公道を走るスーパースポーツのバイクをベースに、限られた改造範囲の中でレース用に仕上げたマシンで、日本最大のロードレースである「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に直結するクラスである。ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキという日本の4メーカーに加えてBMW、ドゥカティ、アプリリアのマシンも参戦して凌ぎを削る日本独自のカテゴリーとなっている。

「J-GP2」は、2010年から開始され、今年で7年目を迎えた。参加台数も増え、マシンが徐々に成熟してきて白熱のバトルが期待される。エンジンの排気量は600ccで、「ST600」とほぼ同じく改造範囲が狭いが、フレームに関しては自由度が高く、Moto2と同じ専用設計のフレームも使用可能。タイヤもレーシングスリックタイヤを使用する。

レーサーの登竜門となっているのが「J-GP3」である。10代の若手ライダーからベテランまでが切磋琢磨している。小排気量であることからトップスピードは低いが、コーナリングスピードは大排気量車並みの速さを見せることから、小排気量車ならではのテクニックが求められ、レースは常に混戦となるクラスである。このクラスは世界選手権のMoto3へ繋がるカテゴリーとなっているので、世界を目指す若手ライダーの目標となっている。

「JSB1000」「J-GP2」「J-GP3」とは異なり、市販用バイクを使い改造範囲を限定している「ST600」には、国内4メーカーのマシンが参戦。2014年まで使用されていた公道走行用タイヤをベースに開発されたブリヂストンの専用レーシングタイヤBATTLAX RACING R10が昨年からワンメイク供給されている。世界レベルで活躍経験があるライダーも多く参戦しており、タイヤもイコールコンディションとなったことで、“日本一の激戦区”と言われているクラスである。

全日本ロードレース選手権のタイヤ

全日本ロードレース選手権で使用されるタイヤは、クラスによって異なる。

まず、ブリヂストンワンメイクの公道走行用市販タイヤを使うのが「ST600」だ。オートバイ自体、国内外のメーカーが発売している600ccクラスのスーパースポーツであり、さらに改造範囲が狭く、非常にノーマルに近い状態。タイヤも市販用の溝が付いたもので、スリックタイヤに比べてドライでのグリップ力や耐久性には劣る。しかし逆に言えば、セッティングの範囲の狭い中で、いかに戦闘力の高いマシンに仕上げていくか、メカニックとライダーの腕にかかっていると言える。コンパウンドも1種類に限定しており、幅広いコンディションに対応しているので、タイヤの性能を引き出す為のライディングやマシンセッティングに集中出来るので、ライダーのスキルアップには絶好のクラスといえる。また、“自分が乗っているものに近いオートバイが戦っている”という感覚で応援できることから、オートバイファンには興味深いレースだ。

それに対し、「JSB1000」「J-GP2」「J-GP3」は、レース専用のスリックタイヤが使用される。ウェットな路面になった時は、それぞれ専用のウェットタイヤを使用する。

「JSB1000」クラスは、市販車ベースのマシンとなっているため、その特性を最大限に引き出せるよう改良されたタイヤを使用している。現在ブリヂストンユーザーの上位チームは、リム径が16.5インチに合うタイヤを使用しているが、2017年からはリム径も市販車と同じ17インチのみに規制される。

「J-GP2」のタイヤもレーシング専用タイヤ。スーパーバイク用のタイヤがベースとなっているが、クラスが出来てから7年目ということで、タイヤ開発もマシンに合わせて徐々に進んできている。

「J-GP3」は、4ストローク250ccのオートバイなのでトップスピードは他クラスほど高くはない。しかし軽量なマシンの特徴を活かして、コーナリングスピードは大排気量のオートバイを上回ることがあるほど。それゆえタイヤは他クラスに比べて細いものの、コーナーリング時の高いグリップ力がタイヤに求められる。

ブリヂストンと全日本ロードレース選手権

ブリヂストンが全日本選手権への参戦を開始したのは、1980年代。250ccと500ccクラスに供給することから、そのキャリアをスタートさせた。

まず成果を見せ始めるのは250cc。1980年代後半にはトップレベルのサプライヤーとなり、1989年にはついに岡田忠之選手(ホンダ)の手により、初めてのシリーズチャンピオンを獲得するのである。1990年には250ccでホンダ、ヤマハのワークスチームをサポートし、ホンダワークスであるHRCの岡田選手がV2を達成した。

そして、この全日本ロードレース選手権への参戦をきっかけに、1991年からWGP125ccクラスに挑戦し、その後2002年からブリヂストンは世界最高峰のオートバイレースMotoGP™クラスへの挑戦を始めるのだが、もちろん全日本ロードレース選手権へのタイヤ供給は継続。125cc、250ccでは多くのチャンピオンを輩出したが、大排気量のクラスでは中々成果が現れなかった。しかし最高峰の舞台への参戦効果が表れて、2005年には「JSB1000」クラスで初めてブリヂストンユーザーがチャンピオンに輝き(伊藤真一選手)、その後2008年、2009年を除き毎年ブリヂストンユーザーがタイトルを獲得している。これまでも多くのライダーをサポートすることで、日本におけるオートバイレースの発展に寄与してきているのである。

2016年シーズンの見どころ

2016年シーズン、ブリヂストンは「JSB1000」「J-GP2」「J-GP3」の3クラスに参戦し、また「ST600」クラスにはワンメイクタイヤを供給する。昨年は「JSB1000」と「J-GP3」の2クラスでタイトルを獲得しており、今年は全クラスでタイトル獲得を目指すとともに、「ST600」では安定したタイヤ供給体制で臨む。

「JSB1000」は、昨年前人未到の4連覇を達成した、ヤマハの中須賀克行選手の5連覇に注目が集まる。同じくヤマハのユースチームで2年目の「JSB1000」に臨む、若手の野左根航汰・藤田拓哉両選手の活躍にも期待したい。対するライバル勢では、新型車となるカワサキZX-10Rを駆るチームグリーンの柳川明・渡辺一樹両選手やヨシムラスズキの津田拓也選手、ホンダ勢では高橋巧選手、渡辺一馬選手、山口辰也選手らが「打倒中須賀選手」を合言葉に、タイトル争いに絡んでくるはずだ。
「J-GP2」は、今年は更に有力ライダーが参戦し混戦必至だ。昨年のチャンピオン高橋選手が、「JSB1000」にステップアップしたために不在。ブリヂストンユーザーのランキング2位生形選手、3位関口選手らは同じ体制で継続参戦となるが、「JSB1000」からスイッチした浦本選手、「J-GP3」からステップアップした若手の国峰選手、三原選手や、ブリヂストンユーザーでは「J-GP3」チャンピオンの水野選手、上和田選手など、数多くの若手選手がエントリー。マシンもオリジナルマシンが多く、かなり多様化しているのでその点も興味深いところである。
「J-GP3」は、ほとんどのマシンがホンダNSF250Rとなるが、ライダーはベテランと若手、女性とバラエティに富んでいる。マシンの性能差が少ないこともあり、予選、決勝ともに混戦となるシーンが多く見られそうだ。

ページトップへ↑