2017年 全日本ロードレース【J-GP2】第1戦Race2

レース2はポールtoフィニッシュで水野涼が2連勝を達成!!

開催場所 : 筑波サーキット  開催日 : 4月8日〜9日

 日曜日に行われたレース2は完全なウエットコンディション。土曜日の計時予選の結果でグリッドが決まった為、水野(ブリヂストン)がポールポジション、関口(ブリヂストン)がフロントロー3番グリッド、生形(ブリヂストン)が4番グリッドからのスタートとなった。

 好スタートを切りホールショットを奪った関口を、第1ヘアピンで水野が捕えてオープニングラップを制する。関口はペースが上がらず生形、榎戸に次々にかわされる。
 水野、生形、榎戸の3台でトップ集団を形成。3周目に榎戸が生形を捕えて2番手浮上。その間に水野が徐々にリードを広げる。中盤からは1秒以上の差を付け独走体制に移る。3番手の生形は、中盤以降榎戸(DL)から徐々に離されてしまう。
 ラストラップ。第2ヘアピンで転倒があり赤旗中断。これでレース成立となり、水野の2連勝となった。榎戸が2位、生形が3位表彰台を獲得した。

●水野涼(予選1位&3位/決勝1位&1位)
「事前テストからレースウイークまでを通してブリヂストンタイヤは高い性能を発揮してくれました。決勝でも他社と比べてブリヂストンタイヤはレース序盤から終盤までたれることなく、優勝に導いてくれました。去年からのタイヤデータもあり、楽に戦えました。次戦のSUGOも優勝をねらいます」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「レース1は土曜日に行なわれました。レース前に雨がやみ、路面が徐々に乾く方向。気温は15度、路面温度は16度のウエットパッチが残る状況で、全車スリックタイヤでスタート。ブリヂストンユーザーの上位陣はフロントにソフト、リアにミディアムソフトを選択。ブリヂストンユーザーの水野選手と関口選手が最終ラップまで激しいバトルを繰り広げ、水野選手がJ-GP2初優勝を飾りました。 レース2は気温14.5度、路面温度16.5度の完全なウエットコンディション。全員がウェットタイヤで、ブリヂストンユーザーはフロントは全員がソフト。リアは水野選手と生形選手がミディアムソフト、その他のライダーはソフトを選びました。レース途中で雨がやみましたが、水野選手が終始トップを守り切り2連勝を達成しました。水野選手とチームの皆様にお祝いを申し上げます。2レースともライダーにとって難しいコンディションでしたが、すばらしいレースになったと思います」

RESULT

コース:筑波サーキット( 2.07km×18laps=37.26km ) 天候:Rain-Cloudy/路面:Wet 気温:14℃ 路面温度:15℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 634 水野 涼 Bridgestone MuSASHi RT ハルク・プロ HP6q ホンダ 18 18:45.049  
  2 32 榎戸 育寛 DL MOTO BUM HONDA KALEX ホンダ 18 18:46.317  
  3 4 生形 秀之 Bridgestone エスパルス ドリームレーシング GSX-R MFD6 スズキ 18 18:49.322  
  4 33 K.ケミンス DL Thailand チームノリックヤマハ YN6 ヤマハ 18 18:50.558  
  5 44 関口 太郎 Bridgestone SOX Team TARO PLUSONE HP6 ホンダ 18 18:51.919  
  6 31 岩戸 亮介 Bridgestone Team高武RSC MD600 モリワキ 18 19:09.512