モータースポーツタイヤ情報

カート

カート KART
サイズタイヤの構造
CIK-FIA公認のハイグリップタイヤとJAF指定のSLタイヤ CIK-FIA公認

ハリグリップタイヤを使用。
国内レースでは全日本選手権。

JAF指定

SLタイヤを使用。
国内レースでは地方選手権やSLレースなど。
ホビーとして楽しまれる方にも最適。

一般的にカート用タイヤは、開催されるレースやコース、サーキットのレギュレーションによって、メーカーや種類が決められています。ブリヂストンは、CIK-FIA公認のハイグリップタイヤとJAF指定のSLタイヤをご用意し、幅広いシチュエーションでカートドライバーの要求に応えます。
※詳しくは参加するレースのレギュレーションに従ってください。

CYK公認 ハイグリップタイヤ

SLタイヤと比較するとグリップ力を追求したタイヤで、国内では全日本選手権FS125クラスで使用できる。
CIKのホモロゲーション期間は3年間(今回は2014〜2016年)に設定されており、ハイグリップタイヤの仕様が見直されるのは3年サイクル。

YMM DRY-10,DRY-11 PRIMEコンパウンド
世界選手権、欧州選手権、全日本選手権で数々の実績を積み重ねてきたブリヂストンのレーシングテクノロジーを注ぎ込んだハイグリップタイヤ。マシンのポテンシャルを最大限に引き出すために幅広い温度領域でグリップ力を発揮する。
YMH DRY-10,DRY-11 OPTIONコンパウンド
操縦安定性とハンドル・アクセル操作に対するレスポンスに優れたコンパウンドを採用。耐摩耗性とグリップ力を高次元でバランスさせたCIK公認タイヤ。
YJP WET-R
グリップ力と耐摩耗性を高次元で両立させたコンペティティブ・ウェットタイヤ。

ページの上に戻る

JAF指定 SLタイヤ

SL規定に則って製造された耐久性の高いタイヤ。
イコールコンディションでのレースの実現、コスト低減などを目的に、タイヤの構造が定められている。
スリックのSL07、SL83、レインのSL94があり、クロ−ズド格式から地方選手権まで幅広く採用されている。

YJL SL07 DRY-8,DRY-9
耐摩耗性を維持しつつ、グリップ力と操縦安定性を高次元でバランスさせたSLカートミーティング公認タイヤ。
YBN SL83 DRY-1
耐摩耗性に優れたSLカートミーティング公認タイヤ。使用開始時からタイヤライフを通して安定したグリップ力を発揮。
YFD SL94 WET-K
安定したウェット性能に加え、耐摩耗性を確保。ダンプ時にも高いグリップ力を発揮する幅広い温度領域に適したSLカートミーティング公認ウェットタイヤ。

ページの上に戻る

レンタルカート用タイヤ

誰もが手軽にモータースポーツを体験することのできる、
レンタルカート用に開発されたタイヤです。

YJL SL07 DRY-8,DRY-9
耐摩耗性を重視したレンタルカート用タイヤ。さらに安定したグリップ力を発揮。

ページの上に戻る