2016年全日本ロードレース【J-GP2】第8戦

雨で大荒れのレースで作本輝介が全日本初優勝
ブリヂストンユーザーが表彰台を独占

開催場所 : 岡山国際サーキット  開催日 : 9月24日-25日

 今季はここまで5戦を終え、浦本修充(DL)が4勝、生形秀之(ブリヂストン)が1勝。関口太郎(ブリヂストン)は3戦連続表彰台獲得でランキング2位につけている。
 そして迎えた6戦目。40分間の予選でも浦本と生形に注目が集まったが、ポールポジションを獲得したのは石塚健(DL)。予選2番手は作本輝介(ブリヂストン)。石塚は全日本初ポールポジション、作本はJ-GP2クラス初のフロントロウ。3番手には水野涼(ブリヂストン)がつけ、若手がフロントロウを占めた。生形は4番手・浦本5番手・関口6番手と、注目のライダーたちは2列目に並ぶ。

 曇天で始まった決勝日。J-GP2クラスの決勝グリッドで雨粒が落ちてくる。これでスタートディレイに。すぐに雨は上がり、ウェット宣言下で周回数は17周に減算されて仕切り直しとなったが、全車ドライタイヤを選択。
 予定より15分ほど遅れて切られたスタート。好スタートを切った石塚を捕えてオープニングラップでトップに浮上したのは水野。背後に生形がつけ、その後方で石塚と作本が表彰台争いを開始する。
 4周目に石塚をかわして3番手に浮上した作本が水野と生形を猛然を追いかけ、3台でのトップ争いに持ち込む。首位は水野から生形へ、そして生形から作本へと替わる。この3台を単独4番手の関口が追いかける。7周を終了するあたりから再び雨が降り始め、その雨は刻々と強くなる。
 11周目。水野が作本の前に出る。2番手に後退した作本は転倒。さらに生形も転倒。これで水野がトップ独走体制に。しかしほかに多くの転倒車が出たことで赤旗中断、10周終了時点でレース成立。その結果、作本が全日本初優勝、水野は2位、生形は3位と、ブリヂストンユーザーが表彰台を独占。また関口が4位となったために、ブリヂストンが1位から4位までを占める結果となった。

●作本輝介(予選2位/決勝1位)
「今季はずっとブリヂストンがいいタイヤを提供してくれていたのに、これまで結果が出せませんでした。今日は恩返しができたかなと思います。とはいえ、今回レース展開での初優勝は正直なところ、あまりうれしくないです。鈴鹿ではちゃんと戦って、ちゃんとチェッカーを受けて気持ち良く今季を終わらせたいです」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「レース直前の降雨によりスタートディレイとなり、ウェット宣言の中でスタート。レース中の雨で赤旗中断し、10周でレース成立とやや消化不良のレースとなってしまいました。非常に難しい状況の中でブリヂストンユーザーが表彰台を独占でした。若い作本選手が全日本初優勝し、我々ブリヂストンにとってもJ-GP2クラスでの岡山初優勝を表彰台独占で飾れ、非常にうれしい結果でした。初優勝の作本選手とチームの皆様にお祝いを申し上げます」

RESULT

コース:岡山国際サーキット( 3.703km×10laps=37.03km ) 天候:Cloudy-Rain/路面:Dry-Wet 気温:25℃ 路面温度:29℃

  順位 No. ライダー タイヤ チーム マシン メーカー 周回数 タイム  
  1 15 作本 輝介 Bridgestone Team高武RSC MD600 モリワキ 10 15:45.245  
  2 634 水野 涼 Bridgestone MuSASHi RT ハルク・プロ HP6q HARC-PRO. 10 15:45.355  
  3 2 生形 秀之 Bridgestone エスパルス ドリームレーシング GSX-R MFD6 スズキ 10 15:46.631  
  4 44 関口 太郎 Bridgestone MISTRESA with HARC-PRO HP6 ホンダ 10 15:49.557  
  5 94 浦本 修充 DL Team KAGAYAMA GSX-proto71 スズキ 10 15:55.351  
  6 17 石塚 健 DL Will-RAISEracingRS-ITOH ZX-6R カワサキ 10 15:59.232