2016 GAZOO Racing 86/BRZ Race [Clubman Series] 第6戦

松原怜史がポールトゥウィン
シリーズ3勝を挙げチャンピオンへ王手

開催場所 : 富士スピードウェイ  開催日 : 9月3日

まだまだ夏のような日差しが降り注ぐものの、朝夕には涼しい風が抜けるようになった9月の富士スピードウェイが、第6戦の舞台だ。6月に開催された第4戦に引き続き、富士スピードウェイでの連戦となる。エントリー数は史上最高となる81台で、3カ月もの長いインターバルを使って何度かテストをしたり、マシンのダメージを修復したりして、多くのドライバーが顔を揃えた。
今回のレースはスーパー耐久シリーズの第4戦9時間耐久レースがメインレースとなっているため、86/BRZレースは土曜日の朝に予選、その夕方に決勝レースという1Dayのプログラムとなった。朝の天気は快晴すぎるほどで、真夏の太陽が路面温度を上げていた。
予選は2組に分けて実施され、いつものように上位45台が決勝Aレース、それ以下が決勝Bレースへと出場することになる。

●予選
予選1組、3戦連続ポールポジションへの期待がかかる#62松原亮二選手(ブリヂストン)は7番手に沈む。トップタイムは前戦優勝の#75手塚祐弥選手(ブリヂストン)が獲得、2番手には参戦2戦目の#121今橋彩佳選手(ブリヂストン)が速さを見せた。
気温も路面温度も高くなりつつある予選2組は、タイム的に不利が予想された。実際2番手の#886河村直樹選手(ブリヂストン)のタイムは、予選1組では6番手と同等だった。だがそうした不利を吹き飛ばしたのは#128松原怜史選手(ブリヂストン)。手塚選手を上回るタイムを叩き出し、ポールポジションを獲得した。3番手には第2戦の勝者#84橋本洋平選手(ブリヂストン)、4番手は強者#600小野田貴俊選手(ブリヂストン)となった。

●決勝レース
お昼直前に行われた決勝Bレースでは、86/BRZレース初参戦となるベテランドライバー、#480島崎三樹彦選手(ブリヂストン)がポールボジションから、一度もトップを譲ることなく、そのまま独走体制で優勝を果たした。
夕方に開催された決勝Aレースは、雲が増えてお昼の強い日差しが影を潜め、少し涼しさを感じられた。ただし不安定で、時折強い日差しが差すこともあった。
レースは、スタートから松原怜史選手がリードし、それを手塚選手が追う展開。それに続いたのが河村選手と小野田選手で、4人が等間隔でトップグループを形成。3周目のダンロップコーナーで小野田選手が3位に上がったが、しかし手塚選手の背後にぴったりと着くことはできない。
その手塚選手も松原怜史選手を追い詰められない。じつは手塚選手、スタートグリッド上で強くなり始めた日差しを見て、タイヤの内圧を調整し直していた。実際には日差しは一時的に強くなっただけで、その調整は逆効果だった。
結果松原怜史選手は危なげない走りでシーズン3勝目を挙げた。クラブマンシリーズでは全8戦中4戦の有効ポイントとなるため、残り3レースで1勝を挙げればシリーズチャンピオンが確定する。今回2位となった手塚選手は、シリーズランキングでも2位へ上がり、3位の小野田選手とともにチャンピオン争いも注目される。
今回のレースもトップ10をPOTENZA RE-71Rユーザーが独占する形となった。

●コメント
優勝した#128松原怜史選手のコメント。
「タイヤに関しては内圧管理が上手くいって、どちらかというと前半に合わせて逃げ切ろうという戦略だったんですが、その通り上手くいきました。2位の手塚選手も結構速くて、なかなか引き離せなかったんですけど、勝つことはできました。これで3勝目、チャンピオンに王手をかけられたと思います。次の北海道(十勝スピードウェイ)で勝って、決めたいと思います」

≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!

RESULT
 

[決勝Aレース]

出走台数:45台 /完走台数42
コース:富士スピードウェイ ( 4.563km×10laps=45.63km )
天候:Cloudy/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 128 松原 怜史 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 21:30.857  
    2 75 手塚 祐弥 Bridgestone 栃木スバル OT モチュール BRZ 21:31.196  
    3 600 小野田 貴俊 Bridgestone ネッツ東埼玉ワコーズED86 21:32.711  
    4 886 河村 直樹 Bridgestone N中京エリア86小牧BS86 21:40.614  
    5 126 庄司 雄磨 Bridgestone OTG AREA 86 21:41.912  
    6 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチ86ポテンザED 21:44.182  

[決勝Bレース]

出走台数:33台 /完走台数32
コース:富士スピードウェイ ( 4.563km×10laps=45.63km )
天候:Cloudy/路面:Dry 

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 480 島崎 三樹彦 Bridgestone 片山鋲螺工業SPM アクレBRZ 22:01.263    
  2 881 米田 利唯 DL 富山トヨペット DL 86 22:06.612    
  3 164 井上 博史 Bridgestone ミッドレス WAKO'S 86BS 22:07.418    
  4 58 稲山 誠 Bridgestone メタルラボ・スペック BRZ 22:07.507    
  5 69 石川 昌平 DL ARTAオートバックス86 22:08.429    
  6 100 鶴田 康仁 Bridgestone アクロスWmブリッド86鶴 22:09.508    
 

[予選1組目]

出走台数:41
コース:富士スピードウェイ ( 4.563km )
天候:Fine/路面:Dry 

    順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム  
    1 75 手塚 祐弥 Bridgestone 栃木スバル OT モチュール BRZ 2:07.976  
    2 121 今橋 彩佳 Bridgestone ネッツ兵庫☆トミカ86R 2:08.178  
    3 710 朝日 俊光 Bridgestone ラルグ水戸 86 2:08.184  
    4 703 花里 祐弥 Bridgestone 埼玉トヨタ・エンドレス86R 2:08.295  
    5 126 庄司 雄磨 Bridgestone OTG AREA 86 2:08.315  
    6 177 松田 利之 Bridgestone ACCESS86 2:08.361  

[予選2組目]

出走台数:40
コース:富士スピードウェイ ( 4.563km )
天候:Fine/路面:Dry 

 
  順位 No. ドライバー タイヤ マシン タイム    
  1 128 松原 怜史 Bridgestone asset・テクノ・BS・86 2:07.815    
  2 886 河村 直樹 Bridgestone N中京エリア86小牧BS86 2:08.457    
  3 84 橋本 洋平 Bridgestone カーウォッチ86ポテンザED 2:08.468    
  4 600 小野田 貴俊 Bridgestone ネッツ東埼玉ワコーズED86 2:08.571    
  5 771 菱井 将文 Bridgestone CUSCO BS 86 2:08.623    
  6 787 上野 浩 Bridgestone オートサービス ボンバー86 2:08.920