2022_re71rs_01

2013年にスタートした、トヨタ 86とスバル BRZによるJAF公認ワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」はナンバー付のレース参戦用車両で、イコールコンディションでの激しいバトルが展開され大いに注目を集めた。2022年からは車両のモデルチェンジにより新型車両となり「TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup」となって新シリーズへ移行した。

2022_re71rs_02

そこで2022年からは先代トヨタ 86(型式:ZN6)とスバル BRZ(型式:ZC6)によるワンメイクレースが各サーキット主催で開催されることなり。手ごろな価格で購入できるトヨタ 86Racingもしくはスバル BRZ RA Racingのワンメイクレース用グレードでアマチュアドライバーが楽しめるレースが増えることになる。ドライビングを純粋に楽しむことができるFRスポーツカーとして人気のモデルで幅広いニーズに応えるアフターパーツが数多くリリースされ、自分好みに仕立てることができるなどさまざまな楽しみ方を見いだせるクルマであると同時に、モータースポーツのベース車両としての素質も一級品、ワンメイクレースにおいても前述のとおりTOYOTA GAZOO Racingで2013年から8年間の実績もあり大いに期待できる。

2022_re71rs_03
トヨタ 86Racing

2022_re71rs_04
スバル BRZ RA racing

ワンメイクレース専用に用意されたトヨタ 86「86 Racing」とスバル BRZ「RA Racing」はロールケージや牽引フック、4点式シートベルトを装備するなどサーキットユースに必要な最低限の装備が与えられ、ナンバー付車両とすることで初心者にも参加しやすいレースとなっているのが大きな特徴だ。
2022年は十勝スピードウェイ、富士スピードウェイ、岡山国際サーキット、オートポリスでの開催が予定されている。

ブリヂストンの86/BRZ Race(ZN6/ZC6)サポート

長年のレース開催を通じて多くのアマチュアドライバーがレースを楽しむための環境が整った86/BRZ(ZN6/ZC6)、この車でのレースを楽しむ皆さんに引き続き楽しんでもらうため、以下の3つのサーキットで開催されるレースをブリヂストンはサポートすることを決定。そのタイヤはストリートからサーキットまであらゆるコンディションにおいて高いグリップ性能を発揮するPOTENZA RE-71RSを指定した。

・十勝スピードウェイ:クラブマンカップ
 http://tokachi.msf.ne.jp/
・岡山国際サーキット:チャレンジカップNゼロ-86クラス
 http://www.okayama-international-circuit.jp/hashiru/race/car/cc_ae86.html
・オートポリス:86/BRZ Race トヨタ 86(ZN6)/スバル BRZ(ZC6)クラス
 https://autopolis.jp/ap/entry/race-car/gold-cup/

2022_re71rs_05
商品紹介ページ:https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re71rs/

参加型モータースポーツに新風を巻き起こした86/BRZ Race、2022年からもアマチュアドライバーが楽しめるレースとして大いに盛り上がっていくことを期待したい。

2022_re71rs_06