1990年に発足したN1耐久シリーズを前身とする日本最大の参加型自動車レースであり、「S耐(えすたい)」の愛称で親しまれている。市販車を改造した車両によって行われ、FIA GT3から1500cc以下の小規模改造車まで、バラエティーに富んだ車両構成となっている。2021年からは、メーカー開発車両等が参加できるST-Qクラスが新設され、水素燃料やバイオディーゼル燃料といったカーボンニュートラル燃料を使用する研究開発車両が参戦している。そのためS耐には、SUPER GTなどのトップカテゴリーに参戦するチームや個人規模のプライベーターチーム、研究開発を目的とする自動車メーカーなど様々なチームが参戦しており、盛り上がりを見せている。

レース時間は主に3時間から5時間に及び、SUPER GT等のレースと比較しても長時間の戦いとなる。特に2018年には富士スピードウェイにて24時間レースが開催され、テントを設営しバーベキューを楽しみながら観戦するなど、さながらニュルブルクリンク24時間レースを彷彿とさせるようなレースとなっている。

ブリヂストンとスーパー耐久

日本中のクルマ好き層や自動車メーカー、パーツメーカーが集うスーパー耐久は、今や日本のモータースポーツの中核を担うレースとなっている。ブリヂストンはそんなスーパー耐久を足元から支え、モータースポーツ文化の発展にさらなる貢献をすべくタイヤサプライヤーとしての参加を決意した。スーパー耐久におけるブリヂストンの使命は、これまでSUPER GTやGR86/BRZ Cupで培ってきた「勝つ」ための技術やノウハウでチームをサポートするだけでなく、「高品質」なレースタイヤを「安定して供給」し、レースをサポートことである。
毎戦1000本以上におよぶタイヤを供給するスーパー耐久は、レース現場のスタッフだけでなく、工場や物流などブリヂストン全体として挑戦の場である。

2023年シーズンの見どころ

急遽Rd.2富士24時間レースよりタイヤ供給することとなり、全クラスのレース参加をサポートすべくST-4クラスとST-5クラスに対しては、サーキットにて鍛えられた市販ラジアルタイヤであるPOTENZA RE-12DとRE-71RSをそれぞれ供給することとなった。これらのタイヤは富士24時間レースで高いグリップ力やロングライフ性を発揮し、その高い性能を証明した。街のタイヤショップでも購入できるこれらのタイヤが耐久レースにてどのような性能を発揮しているか、ぜひその目で確かめてもらいたい。2024年からはスリックタイヤに切り替わるため、これを見ることができるのは2023年のみだ。
また、徐々にどのチームもセッティングが煮詰まり、ブリヂストンのタイヤの使い方を熟知しつつある。だからこそ、1スティントで交換するのか、2スティント持たせるのか、もしくは大胆にも無交換とするのかといった様々なタイヤ戦略が展開されていくことだろう。百戦錬磨のドライバーやメカニックたちが繰り広げる戦略にも注目だ。

スーパー耐久オフィシャルWEBページ
https://supertaikyu.com/