YART-YAMAHAがブリヂストンで初優勝!F.C.C.TSR Honda Franceも3位で、ブリヂストン勢初のダブル表彰台!

  • 開催場所:スロバキア リンク
  • 開催日:2018年05月12日(土) 〜 2018年05月12日(土)
007055_8_Hours,Slovakia_ring_2018.JPG

EWC 2017-2018年第3戦スロバキア8時間耐久レースが、第2戦ルマン24時間耐久レースから3週間のインターバルを経て、5月10日から12日にスロバキアリンクで開催された。昨年初開催されたこのレースは、今年2回目の開催となった。
前回ルマン24時間で、ブリヂストンサポートチームのF.C.C.TSR Honda Franceが、初優勝を遂げ盛り上がったが、最終戦鈴鹿8耐まで全5戦のこのシリーズで、ちょうど中間に位置する今回のレースは、タイトルを争う上でも重要な1戦となる。


木曜日の午後と、金曜日の午前に各ライダー20分づつ2回の予選が行われた。
木曜日の1回目の予選では、気温33℃から26℃、路面温度44℃から37℃というコンディションの中、#5 F.C.C.TSR Honda Franceが見事暫定ポールポジションを獲得。同じくブリヂストンサポートチームの#7 YART-YAMAHAが、暫定2位と好調なスタートを切った。金曜日の午前に行われた予選2回目では、両チームはタイムアタックをしなかったものの、そのタイムを上回るチームはなく、1-2位のグリッドは暫定結果のまま確定した。
また今回のレースでは、ブリヂストン市販タイヤV02のユーザーが4チームいたが、その中で#21 MERCURY RACING(BMW、BS)が予選8位と健闘した。

007103_8_Hours_Slovakia_ring_2018.jpg

決勝日も朝から天気が良く、レーススタートとなる昼頃には、気温25℃路面温度48℃と暑いコンディションとなり、12:30に8時間耐久レースがスタートした。
序盤でトップに立ったのは、ポールポジションの#5 F.C.C.TSR Honda Franceで、スタートで遅れた#7 YART-YAMAHAも12周目には2位に浮上し、序盤に1-2体制を築いた。
2人目のライダーでトップ争いが激しくなり、ブリヂストンサポート2チームが3位の#94 GMT94 YAMAHA(Ya、DL)を10秒程度離す。
しかし3人目のライダーで、#94 GMT94 YAMAHAは2位に上がり、レース中盤に差し掛かる頃にはトップから2秒差に迫る勢いを見せた。
レースが4時間を過ぎたところで、転倒者によりセーフティーカーが導入された。この時セーフティーカーの1台がトップ#7 YART-YAMAHAと2位#94 GMT94 YAMAHAの間に入り、間隔が大きく開いた。逆に#5 F.C.C.TSR Honda Franceは、50秒あった4位#111 Honda Endurance Racing(Ho、DL)との差が無くなってしまい、セーフティーカー解除となった後、4位にポジションダウンしてしまった。
その後140周目には3位に浮上するが、2位との差は30秒程度となってしまった。
終盤に入りピットのタイミングによっては、#94 GMT94 YAMAHAがトップに立つなど、トップ争いも激しくなった。
しかし#94 GMT94 YAMAHAはピット回数が1回多い為、最後のピットインを終えた後は、#7 YART-YAMAHAが15秒のリードをし、最終的には30秒の差を付け、ブリヂストンでの初優勝を飾った。
2位#94 GMT94 YAMAHAの後、トップと同一周回で#5 F.C.C.TSR Honda Franceが3位でゴールした。
またブリヂストンの市販V02のユーザー#21 MERCURY RACINGが、堂々6位入賞を果たした。

005380_8_Heures_Slovakia_ring_2018.JPG

◆Mr.Mandy Kainz (YART代表)
「ブリヂストンでやっと勝つことができて、大変嬉しい。昨年は2位を2回取りながら、あと1歩の所で優勝を逃していたが、必ずブリヂストンで勝てると信じていた。今シーズンこれまでの2戦がリタイヤだったので、タイトルは難しいが、次戦も是非優勝を狙いたい。」


◆山田宏 (株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「我々のタイヤで初優勝を果たしてくれた、YART-YAMAHAのチーム、ライダーの皆様にお祝い申し上げます。今回も激しいトップ争いが続きましたが、チーム一丸となっての勝利です。また前回ルマンで優勝したF.C.C.TSR Honda Franceも3位に入ってくれ、我々にとって初のダブル表彰台となり感謝いたします。今回の好結果に、我々も貢献できたと思うと大変嬉しく思います。 ランキングでは、F.C.C.TSR Honda Franceが差を1点まで詰められながらも、トップをキープしています。次戦のドイツでも全力でサポートして、良い状況で鈴鹿へ戻ってきてもらいたいと思います。」

レース結果

コース:スロバキア リンク

決勝

  • 開催日:2018/05/12
  • 決勝出走:34
  • 完走:29
  • (5.922km x 224laps = 1326.528km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 7 B.パークス/M.フリッツ/M. ノイキルヒナー BS Bridgestone YART - YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 224 206 2:04.560 08:01:37.659
2 94 M.D.メグリオ/N.カネパ/D.チェカ DL GMT94 YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 224 206 2:04.824 08:02:09.122
3 5 J. フック/F.フォレイ/A.ティシェ BS Bridgestone F.C.C.TSR Honda France CBR1000RR ホンダ 224 211 2:04.185 08:02:55.164
4 111 G.ルブラン/S.ギンバート/E.ニゴン DL Honda Endurance Racing Team CBR1000RR ホンダ 223 1 99 2:05.450 08:02:52.843
5 48 K.フォレイ/S.ケースバウマー/P. ヒックマン PI NRT48 S1000RR BMW 222 2 157 2:05.839 08:03:12.231
6 21 K.ハニカ/J.シュムルツ/M.シュムルツ BS Bridgestone Mercury Racing S1000RR BMW 221 3 143 2:06.078 08:03:01.013
7 2 V.フィリップ/E.マッソン/G.ブラック DL Suzuki Endurance Racing Team GSXR-1000 スズキ 221 3 137 2:05.232 08:03:01.780
8 8 R.スタン/R.ムルハウサー/S.スチェット PI Bolliger Team Switzerland ZX-10R カワサキ 220 4 7 2:06.358 08:01:53.215
9 11 J.D.コスタ/R.D プニエ/J. グアノニ PI TEAM SRC KAWASAKI ZX-10R カワサキ 219 5 153 2:05.210 08:03:26.252
10 333 F.アルト/A.マウリン/V. ロンボス DL Yamaha Viltais Experience YZF-R1 ヤマハ 218 6 94 2:07.497 08:02:04.363
11 68 C.ストル/G.アンティガ/S.エゲア PI Atomic 68 GSXR-1000 スズキ 218 6 142 2:07.774 08:02:59.249
12 77 A.パセック/P.シコペック/M.シコペック DL Wójcik Racing Team YZF-R1 ヤマハ 218 6 85 2:07.189 08:03:09.119
13 56 J.パフィー/F.アルテンド-ファー/R.ロウ PI Gert56 German Endurance Racing Team S1000RR BMW 217 7 185 2:06.787 08:03:01.358
14 99 D.マーツ/T.ヘインテラー/J. ホフマン PI WSB-Endurance ZX-10R カワサキ 216 8 171 2:07.964 08:02:42.912
15 44 M.マッツィーナ/C. ガマリノ/L. スカッサ PI No Limits Motor Team GSXR-1000 スズキ 216 8 71 2:07.225 08:02:52.756
16 4 J.パイロット/K.デニス/J.エンジョルラス DL Tati Team Beaujolais Racing ZX-10R カワサキ 214 10 127 2:06.986 08:01:57.739
17 96 R.ロルフォ/A.マスボウ/C.バーグマン DL MOTO Ain YZF-R1M ヤマハ 214 10 175 2:05.999 08:03:09.312
18 61 M.デブルイネ/B. ランブレット/A. D. キムペ DL MOTOTECH EWC TEAM YZF-R1 ヤマハ 213 11 194 2:09.236 08:01:50.769
19 50 M.ラグリーヴ/B.グイテット/G.ファストレー DL Team April Moto Motors Events GSXR-1000 スズキ 213 11 205 2:06.466 08:03:02.777
20 93 L.クメリック/M.チョイ/T.ザジク BS Bridgestone Exteria Eko Racing Team S1000RR BMW 212 12 173 2:09.332 08:02:10.295