成田亮が今季3度目のパーフェクトVで9勝目をマーク 小島庸平は両ヒート表彰台登壇で総合3位

  • 開催場所:名阪
  • 開催日:2016年09月11日(日) 〜 2016年09月11日(日)
6826-01.jpg

 2016年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第7戦近畿大会は、奈良県山辺郡山添町の名阪スポーツランドで開催された。会場の名阪スポーツランドは、奈良県の東端、三重との県境にほど近い山間部にある総合モータースポーツ施設。岩盤を含む固く締まった上に山砂が積み重なったサンド路面は、アクセルを開けながらの豪快なライディングが楽しめる。大会期間中は土曜日が快晴、日曜日はやや曇りがちになったが、気温は30℃を超え、厳しい残暑の中でのレースとなった。名阪国道という紀伊半島を横断する重要な街道沿いにあるコースは、中部地区・関西地区どちらからでも約1時間でアクセスできるため、毎年多くの観客が訪れる。約1カ月半のサマーブレイク明け、シリーズ戦はいよいよ終盤戦のクライマックスに差しかかるとあって、公式発表で4722名の観客が訪れバトルの多いレースを楽しんだ。

6826-02.jpg

■IA1 ヒート1
 完璧なタイミングで鮮やかなホールショットを決めたのは成田亮(ホンダ-ブリヂストン)。オープニングラップは田中教世(カワサキ-DL)・小島庸平(スズキ-ブリヂストン)が続きトップグループを形成。序盤、成田と田中のトップ争いでは、3周目に一旦は成田が田中の先行を許すが、次の周回に成田は田中を抜き返し再びレースをリードする。その成田の後方では2位争いが展開。6周目には小島が田中をパスし2番手に浮上。田中を抑えながら小島が成田の背後に迫る3台のトップ争いは、互いに牽制し合いながら終盤まで続くが、レースをコントロールした成田が逃げきって今季8勝目をマーク。前回東北大会で手の甲を骨折した小島は大健闘の2位フィニッシュ。ブリヂストン勢では、新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)が4位・熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)は8位でチェッカーを受けた。

■IA1 ヒート2
 小島と新井が並んで1コーナーに進入したスタートは、小島が先行するもすぐに成田が小島をパスしてトップに浮上。快調にラップを刻む成田に対して、体力に不安を残す小島は田中の追撃を受けると8周目に3番手に後退。トップグループはヒート1と同じ3名に絞られるが、リードする成田が完全にレースを支配し、結局1周目から1度もトップを明け渡さぬまま確実に走りきった成田がトップでチェッカーを受け第2戦関東大会以来となる、シーズン3度目のパーフェクトVを達成。怪我の影響を残しながら粘り強い走りを見せた小島は3位で総合も3位。オープニングラップ6番手から小島の後ろまで順位を上げてきた熱田が4位。ブリヂストン勢では新井宏彰が6位でチェッカーを受けた。

◆成田亮 - Team HRC 所属
 このコースは砂の下に埋まっている岩盤やレールの中の固い部分がネックになるのですが、土曜日の練習走行からソフトタイヤを選択して全く問題はなかったですし、スタートも決まって思い通りのレースができました。ヒート2はコースが荒れるかなと思っていましたが、逆に整地されて平らになったので、その分楽になって集中して走ることができました。

◆大庭裕史 - 株式会社ブリヂストン MCタイヤ開発部
 このコースはサンド路面でのトラクションが重要なんですが、部分的に存在する固い路面でのグリップなども求められます。フロントヤイヤはソフトパターンとミディアムパターン、リアタイヤはソフトパターンとサンドパターンを使用しました。特にリアタイヤに関しては、ヒート1からヒート2までの路面の変化を読みつつパターンをチョイスする展開でした。結果的にはいずれのタイヤも良好に機能し、成田選手の完全勝利と小島選手の表彰台獲得をアシストできたと思います。

レース結果

コース:名阪スポーツランド

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2016/09/11
  • 天候:Fine
  • 決勝出走:20
  • 完走:19
  • (1.5km x 19laps = 28.5km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 982 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 19 9 1:41.231 32:20.477
2 1 小島 庸平 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 19 9 1:41.011 32:26.795
3 8 田中 教世 DL K.R.T. KX450FSR カワサキ 19 10 1:40.857 32:31.703
4 331 新井 宏彰 BS Bridgestone K.R.T. KX450FSR カワサキ 19 8 1:41.671 32:39.475
5 7 安原 志 DL 名阪レーシング YZ450F ヤマハ 19 9 1:41.387 32:43.658
6 9 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 19 5 1:41.787 32:45.953
7 14 池谷 優太 DL SRF TEAM REDZONE RM-Z450 スズキ 19 2 1:41.043 33:05.896
8 2 熱田 孝高 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 19 6 1:41.869 33:14.691
9 100 北居 良樹 DL KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 19 6 1:42.951 33:24.404
10 42 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 19 6 1:42.520 33:24.969
11 41 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム川崎宮前 CRF450R ホンダ 19 8 1:43.474 33:26.179
12 4 小方 誠 DL グリーンクラブ ピュアテックレーシング KX450FSR カワサキ 19 10 1:43.142 33:26.467
13 12 伊藤 正憲 BS Bridgestone YSP 浜北大橋 Racing・Muc-off YZ450F ヤマハ 18 5 1:44.263 32:36.671
14 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 18 8 1:45.816 32:40.658
15 13 深谷 広一 DL SRF Teamブルーイーグルス RM-Z450 スズキ 18 2 1:42.724 34:02.633
16 18 白石 翔也 DL Y'S Racing YZ450F ヤマハ 18 4 1:48.530 34:10.160
17 60 垣内 伊吹 BS Bridgestone ホンダドリーム名古屋西 CRF450R ホンダ 18 2 1:49.686 34:18.887
18 1 長門 健一 DL 1WD TEAM SAKURAI with 和木商事 CRF450R ホンダ 17 2 1:44.228 32:56.647
19 16 中村 泰介 PI RT MIKURA with ALL-ONE YZ450F ヤマハ 17 2 1:50.865 33:31.814
20 318 沼田 誠司 DL グリーンクラブJUDGEMENT KX450F カワサキ 2 2 1:45.569

レース結果

コース:名阪スポーツランド

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2016/09/11
  • 天候:Cloudy
  • 決勝出走:17
  • 完走:17
  • (1.5km x 19laps = 28.5km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 982 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 19 4 1:40.472 32:33.450
2 8 田中 教世 DL K.R.T. KX450FSR カワサキ 19 5 1:40.472 32:41.461
3 1 小島 庸平 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 19 5 1:40.992 32:46.615
4 2 熱田 孝高 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 19 9 1:42.344 32:47.689
5 9 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 19 4 1:42.709 32:53.335
6 331 新井 宏彰 BS Bridgestone K.R.T. KX450FSR カワサキ 19 5 1:42.390 33:02.903
7 42 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 19 12 1:44.075 33:19.760
8 12 伊藤 正憲 BS Bridgestone YSP 浜北大橋 Racing・Muc-off YZ450F ヤマハ 19 17 1:43.640 33:22.778
9 7 安原 志 DL 名阪レーシング YZ450F ヤマハ 19 2 1:43.352 33:23.550
10 4 小方 誠 DL グリーンクラブ ピュアテックレーシング KX450FSR カワサキ 19 2 1:42.276 33:24.539
11 100 北居 良樹 DL KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 19 4 1:42.899 33:36.457
12 14 池谷 優太 DL SRF TEAM REDZONE RM-Z450 スズキ 19 4 1:44.590 33:39.452
13 41 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム川崎宮前 CRF450R ホンダ 19 4 1:44.917 34:18.064
14 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 18 3 1:44.427 33:55.659
15 60 垣内 伊吹 BS Bridgestone ホンダドリーム名古屋西 CRF450R ホンダ 18 2 1:50.098 34:25.541
16 18 白石 翔也 DL Y'S Racing YZ450F ヤマハ 17 2 1:47.484 33:50.357
17 16 中村 泰介 PI RT MIKURA with ALL-ONE YZ450F ヤマハ 16 3 1:51.106 32:55.774
- 13 深谷 広一 DL SRF Teamブルーイーグルス RM-Z450 スズキ DNF
- 318 沼田 誠司 DL グリーンクラブJUDGEMENT KX450F カワサキ DNF
- 1 長門 健一 DL 1WD TEAM SAKURAI with 和木商事 CRF450R ホンダ DNF