平田優が両ヒート3位表彰台を獲得し総合3位 成田亮は通算150勝を目指して渾身の走りを見せるも総合4位

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2017年06月03日(土) 〜 2017年06月04日(日)
7038-01.jpg

 2017年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦SUGO大会は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。天候は土日とも晴れ。しかし日中は分厚い雲が広がって気温も下がり、6月とは思えない肌寒いコンディションとなる。このコースの路面は独特の粘土質で、乾くと固く締まる傾向がある。しかし大会前日の金曜日に激しい雨が降ったために、土曜日朝は一部マディ部分が残るウエット。それが走行に連れて徐々に乾き、コース上には多数のワダチやギャップが出現するコンディションとなった。今シーズン中盤は東北地方で連戦となり、その幕開けとなった今大会には、公式発表で土日合わせ4350人のファンが訪れた。
 IA1クラスのブリヂストン市販ユーザーのタイヤ選択は、全車がフロントにミディアムX30を装着。他方リアの選択は、ミディアムX30とソフトX20が半々という状況となった。

7038-02.jpg

■IA1 ヒート1
 前回中国大会で足を痛めた小島庸平(スズキ-ブリヂストン)・事前練習走行で同じく足を痛めた新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)のワークス勢2選手が今大会を欠場。他にも欠場が出たためにスタートグリッドについたライダーが15名という寂しい顔ぶれのレースとなる。そんな中気を吐いたのが、通算150勝の記録に王手をかけて地元に戻った成田 亮(ホンダ-ブリヂストン)だ。得意のスタートを決めてオープニングラップをトップで戻ってきた成田は、チームメイトの山本鯨(ホンダ-DL)と小方誠(カワサキ-DL)を抑え前半をリードする。しかし中盤、成田は小方の先行を許し2番手に後退。その後方では平田優(ヤマハ-BS)が山本をパスし3番手に浮上する。後半、平田は成田をパスして2番手に浮上し、さらに成田は山本の追撃も防ぎきれず4番手に。レース終盤、2番手をキープしていた平田と追い上げてきた山本の2位争いは、山本が先行し平田は3位でフィニッシュ。成田は4位、深谷広一(スズキ-ブリヂストン)が5位。星野優位(KTM-ブリヂストン)は6位でチェッカーを受けた。

■IA1 ヒート2
 左に大きく回り込んだ後、右に90度ターンして大坂を駆け上がる1~2コーナー。激しいスタートの攻防を制したのは、このヒートも成田だった。成田の後方に山本・星野裕(カワサキ-DL)・小方・星野優位・平田と続き1周目のコントロールラインを通過。レースは7周目まで成田がリードを保つが、小方の先行を許した成田は徐々にポジションを下げてしまう。一方、オープニングラップ6番手から追い上げを開始した平田は、前半確実に順位を上げると、後半深谷と星野裕をパスし3番手に浮上する。しかしこの時点で上位2台とは差が開いており、確実にポジションをキープした平田はこのヒートも3位表彰台を獲得。ブリヂストン勢では、成田4位・深谷5位でフィニッシュした。

◆平田優 - YAMAHA FACTORY RACING TEAM
「土曜日の練習走行と予選は路面がかなり柔らかい状態で、元々好きなソフトパターンで走行しました。路面が締まってきた決勝のヒート2だけは、ミディアムにしようかと少し迷いましたが、所々柔らかい部分が残っていたし、ソフトパターンのカバーレンジが広いことは分かっていたので、そのままソフトパターンを使い続けました。予想通り、土曜日のウエットな状況から最終ヒートのかなり固い状態まで全く問題なく走り切ることができました。スタートから最後までしっかりとグリップしてくれたので、両ヒートとも追い上げることができたし、タイヤにかなり助けられましたね」

◆大庭裕史 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部
「IA1トップライダーに負傷欠場が相次ぎ少し寂しい大会となりましたが、決勝は非常に白熱したバトルが展開されました。金曜日のまとまった雨のため土曜朝は泥濘土のセクションが点在する状態でしたが、そこから路面は回復していき、予選・決勝ともグリップの得やすい路面だったように思います。反面、走行で掘れ易い路面だったためギャップや深いワダチが形成され、テクニカルな側面もありました。決勝はミディアムパターンが中心となりましたが、その中でもトラクションを重視したスペックがチョイスされ、開発中のプロトパターンを含め良好なコメントを得ました。今回はブリヂストン装着選手の勝利を逃したましたが、次戦以降の巻き返しをサポートできるよう準備を進めていきます」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2017/06/04
  • 天候:Fine
  • 決勝出走:15
  • 完走:15
  • (1.6km x 17laps = 27.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 17 12 1:56.052 33:33.871
2 400 山本 鯨 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 17 16 1:56.408 33:38.675
3 99 平田 優 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RT YZ450FM ヤマハ 17 9 1:56.689 33:42.684
4 1 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 17 11 1:57.386 34:09.111
5 7 深谷 広一 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 17 5 1:58.277 34:12.602
6 166 星野 優位 BS Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 17 7 1:59.675 34:14.334
7 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 17 14 1:59.541 34:26.967
8 793 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE RM-Z450 スズキ 17 4 2:01.043 34:47.287
9 45 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 17 11 2:00.226 34:47.834
10 19 長門 健一 DL チーム サクライ with ワキレーシング CRF450R ホンダ 17 4 2:02.245 35:15.091
11 117 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム大田 CRF450R ホンダ 17 15 2:02.563 35:23.991
12 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 17 6 2:01.708 35:27.266
13 122 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 16 8 2:01.697 34:30.790
14 89 阿部 公亮 TEAM エム FACTORY YZF ヤマハ 16 16 2:09.119 35:06.843
15 09 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF ホンダ 16 6 2:08.503 35:18.830

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2017/06/04
  • 天候:Fine
  • 決勝出走:15
  • 完走:15
  • (1.6km x 17laps = 27.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 17 8 1:57.020 33:38.469
2 400 山本 鯨 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 17 13 1:56.711 33:41.286
3 99 平田 優 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RT YZ450FM ヤマハ 17 10 1:55.841 34:00.664
4 1 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 17 9 1:57.373 34:04.496
5 7 深谷 広一 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 17 12 1:57.862 34:05.862
6 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 17 3 1:58.162 34:08.675
7 793 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE RM-Z450 スズキ 17 17 1:59.731 34:38.654
8 166 星野 優位 BS Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 17 7 2:00.692 34:39.437
9 45 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 17 12 2:00.878 34:49.336
10 122 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 17 12 2:02.039 35:25.462
11 117 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム大田 CRF450R ホンダ 17 10 2:04.369 35:30.550
12 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 17 15 2:03.322 35:32.355
13 19 長門 健一 DL チーム サクライ with ワキレーシング CRF450R ホンダ 16 10 2:05.596 34:13.431
14 09 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF ホンダ 16 10 2:06.290 34:15.180
15 89 阿部 公亮 TEAM エム FACTORY YZF ヤマハ 16 9 2:07.317 34:42.822