• 開催場所:オフロードヴィレッジ(埼玉)
  • 開催日:2018年04月22日(日) 〜 2018年04月22日(日)
18JMXr02kk_6722w.jpg

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県川越市と上尾市にまたがる荒川河川敷に造られたウエストポイント・オフロードヴィレジッで開催された。
大勢の観客が集まる関東大会はこれまで春秋2開催が通例だったが、今年のスケジュールは春の1戦のみ。
大会期間中は土日とも快晴となり気温も30度近くまで上昇し、真夏を思わせる陽気となった。
河川敷という限られたスペースの中にコンパクトに収まるコースは、基本平坦で大小多数のジャンプとコーナーが連続するテクニカルなレイアウトが特徴。土質は石を含んで固く締まる黒土にウッドチップを加え、柔軟性と保水性を持たせている。
絶好のコンディションの中行われた大会には、主催者発表で8500人のファンが訪れ随所で繰り広げられるバトルを楽しんだ。

18JMXr02kk_2089w.jpg

■IA1 ヒート1
 好スタートを決めたのは大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)。1周目、その大塚の真後ろで1コーナーをクリアした新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)が一気にトップに躍り出ると、チームメイトの小方 誠(カワサキDL)を従え序盤をリードする。
4周目、新井は小方の先行を許し2番手に後退。レースは終盤までカワサキの2台が僅差のままでリードするが、オープニングラップ8番手のポジションから激しいバトルを制して順位を上げてきた成田 亮(ホンダ-ブリヂストン)が先行する2台に接近。
終盤3台となったトップ争いは、15周目に成田がまず新井と順位を入れ換えると、17周目に小方を捉えて逆転。なんとか追いすがろうとした小方を振り切った成田がトップでチェッカーを受け、開幕戦九州のパーフェクト優勝に続き3連勝をマークした。
小方が2位。新井は3位。4位に星野優位(ヤマハ-ブリヂストン)、5位に山本 鯨(ホンダ-ブリヂストン)、6位に小島庸平(ホンダ-ブリヂストン)が続いてフィニッシュした。

■IA1 ヒート2
 第2ヒートも大塚のホールショットでレースがスタート。その大塚をパスしトップでオープニングラップをクリアしたのが星野優位。
序盤、新井が星野をパスしトップに浮上。このコースを地元とする星野優位は、2番手に後退してからもこのポジションをキープ。
後半、ワークス勢を相手に健闘を見せていた星野優位に小方が接近。
最終ラップ、後続を突き放した新井が優勝のチェッカーを受けた後方で、ついに星野は小方の先行を許し3位でフィニッシュ。山本が4位、成田は5位でゴールし、総合では新井がトップ。成田は3位表彰台を獲得。星野優位が4位、山本、小島の順となった。

18JMXr02kk_6628w.jpg

◆新井宏彰 - Kawasaki Team GREEN
 「土日通してミディアム。散水がある事も部分的にすごく滑りやすいことも含め、知り尽くしたコースなので、迷いはありませんでした。
スタートだけほんの少し気がかりでしたが、両ヒートともほぼ完璧に決まったし、ヒート1は最後に(小方)マコトを抜き返すつもりで狙っていたら成田さんに追い付かれてリズムが狂ってしまった感じです。
その分ヒート2は早めにトップに出て、後半のスタミナには自信があったし、完璧なレースができたと思います。それもタイヤのポテンシャルを信頼できたからこその結果です。」


◆若林朋之 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部
「4月としては非常に暑く、気温が30℃にまで達し、路面もハードコンディションとなりました。
総合優勝した新井選手は、オフシーズンに開発を進めたミディアムパターンを使用、終始高いパフォーマンスを見せてくれました。
またヒート1で開幕3連勝を達成した成田選手も、新しいミディアムパターンを使用し、ライバルを圧倒するタイムで優勝し、グリップ、耐久性の優位性を実証してくれました。
次回はスポーツランドSUGOで、あらゆるコンディションが想定されますが、事前テストでしっかりと見極め、最適なタイヤを供給をしていきます。」

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2018/04/22
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 982 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 20 8 1:33.028 31:39.211
2 2 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 20 3 1:33.694 31:40.242
3 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 20 3 01:33.866 31:48.701
4 166 星野 優位 BS Bridgestone レーシングチーム鷹 YZ450F ヤマハ 20 6 1:34.602 32:13.520
5 1 山本 鯨 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 20 8 1:35.436 32:37.180
6 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing with MORIWAKI CRF450R ホンダ 20 8 1:35.906 32:42.244
7 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 20 6 1:36.974 32:45.967
8 30 岡野 聖 DL フライング ドルフィン サイセイ YZ450F ヤマハ 20 13 1:36.321 32:46.834
9 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキANNEX KX450F カワサキ 20 6 1:36.039 32:47.685
10 777 H.ナイト DL KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 20 9 1:36.975 33:05.666
11 35 池本 凌汰 DL SRM マウンテンライダーズ RM-Z450 スズキ 20 6 1:36.898 33:10.078
12 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 20 13 1:38.339 33:18.584
13 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 19 1 2 1:36.088 31:50.718
14 14 長門 健一 DL Team Sakurai wiyh Waki Racing CRF450R ホンダ 19 1 13 01:38.700 31:56.091
15 13 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 19 1 7 1:38.796 31:59.854
16 122 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 19 1 3 1:38.138 32:16.975
17 69 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 19 1 5 1:40.150 32:37.619
18 19 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム世田谷 CRF450R ホンダ 19 1 8 1:40.022 32:38.226
19 15 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT KYB CRF450R ホンダ 19 1 11 1:41.416 33:06.468
20 1010 川口 尚希 BS Bridgestone 小田切レーシングクラブ RM-Z450 スズキ 18 2 3 01:43.811 31:59.072

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2018/04/22
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 20 5 1:34.489 32:01.509
2 2 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 20 9 1:34.671 32:07.112
3 166 星野 優位 BS Bridgestone レーシングチーム鷹 YZ450F ヤマハ 20 13 1:35.232 32:07.967
4 1 山本 鯨 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 20 14 1:33.796 32:15.850
5 982 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 20 20 1:34.156 32:16.771
6 30 岡野 聖 DL フライング ドルフィン サイセイ YZ450F ヤマハ 20 7 1:35.945 32:43.686
7 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing with MORIWAKI CRF450R ホンダ 20 12 1:36.544 32:51.525
8 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 20 12 1:36.749 32:51.865
9 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 20 12 1:37.031 33:01.810
10 35 池本 凌汰 DL SRM マウンテンライダーズ RM-Z450 スズキ 20 18 1:37.785 0:33:03.936
11 122 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 20 7 01:38.968 33:31.581
12 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 19 1 12 1:38.646 32:10.898
13 15 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT KYB CRF450R ホンダ 19 1 3 1:40.481 32:15.339
14 777 H.ナイト DL KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 19 1 2 1:38.701 32:26.611
15 13 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 19 1 8 1:39.055 32:27.017
16 69 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 19 1 7 1:41.019 32:58.220
17 19 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム世田谷 CRF450R ホンダ 19 1 8 01:40.103 33:13.109
18 62 小林 雅裕 KAMON Racing YZ450F ヤマハ 18 2 6 1:44.386 32:20.285
19 21 中村 泰介 DL RT MIKURA with ALL-ONE YZ450F ヤマハ 18 2 6 1:44.646 32:36.317
20 75 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 18 2 5 1:45.075 32:38.516