• 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2020年08月30日(日) 〜 2020年08月30日(日)
【全日本モトクロス選手権 第1戦 SUGO IA1】チャンピオン山本 鯨が開幕戦で圧勝!! 予選、第1、第2ヒート全て1位のパーフェクトウィン!!

「コロナの影響で世界中が大変なことになっている。これからのモータースポーツを盛り上げて行くためにもみんなの協力と応援が必要。自分がその牽引役になれるよう努力していく。」表彰台からそうコメントを発した山本 鯨。ようやく迎えることができた開幕戦、その走りは正に国内最高峰クラスIA1のディフェンディングチャンピオンに相応しい内容だった。


新型コロナ観戦拡大の影響を受けて、スケジュールの延期や中止、調整が相次いだ今年の全日本モトクロス選手権。ようやく迎えた開幕戦は、全日本ロード選手権に続き宮城県のスポーツランドSUGO インターナショナルモトクロスコースが舞台となった。コースは尾根を跨ぐアップダウンの中にレイアウトされた大小のコーナー、ジャンプと硬く締まる粘土質の路面が特徴。8月末の開催とは言え、猛暑が続いたこの夏、東北も例外ではなく、快晴となった土曜日は容赦なく真夏の日差しが照りつけて、気温も35度近くまで上昇。日陰のないコース上は40度近い体感温度となり、熱中症で運ばれるライダーも散見し始めたため、予選は時間を短縮して行われた。しかし午後から天候が崩れだし、日曜日の明け方までまとまった雨が降ったことに加え、日曜日は終日上空を雲が覆ったことが幸いし、かなり過ごしやすいコンディションとなる。路面も朝の練習走行時はとこ路所に水溜まりが残る状況だったが、徐々に乾いて午後にはほぼベストの状態まで回復。ドライ、~ウェット~ドライと変化する、いかにもモトクロスらしいコンディションの中で、激しいレースが繰り広げられた。

20JMXr01kk3364YAMAMOTO.jpg

■IA1 ヒート1
土日合わせて4000人と数多くのファン固唾をのんで見守る中、IA1クラス第1ヒートのホールショットを奪ったのは能塚智寛(ホンダ_DL)。しかし確実にスタートを決めて能塚の背後に付けた山本 鯨(ホンダ_ブリヂストン)が、オープニングラップにあっさりと能塚をパスしトップに躍り出る。3番手以下を引き離しながら続いた山本と能塚のトップ争いは、懸命に追う能塚に対して、山本が余裕を伺わせながら徐々にその差を広げていく。結局山本は全ラップ1位のまま、最後は2番手の能塚に12秒以上の差を付けてチェッカーを受け、2年連続となる開幕Vを達成。ブリヂストン勢ではオープニングラップ9番手から激しい追い上げを見せた星野優位(ヤマハ_ブリヂストン)が4位。大塚豪太(ホンダ_ブリヂストン)が5位。今季限りでの引退を表明している成田 亮(ホンダ_ブリヂストン)は前半3位争いを繰り広げたものの、後半順位を落し7位。今シーズンからブリヂストンユーザーとなった小方 誠(カワサキ)が8位。小島庸平(ホンダ_ブリヂストン)は9位でチェッカーを受けた。

20JMXr01kk3427OGATA.jpg

■IA1 ヒート2
路面もほぼドライコンディションとなった第2ヒート。抜群のスタートダッシュを披露し鮮やかなホールショットを決めたのは、第1ヒートの覇者山本だった。その山本を追うのはアメリカ帰りの渡辺祐介(ヤマハ_DL)と成田。3台三つ巴のバトルは、渡辺をパスし2番手に浮上した成田が今度は山本に襲いかかる。コーナー毎に火花を散らすような両者のバトルは、一旦は成田が山本の前に出るが、山本もすぐに抜き返してトップをキープする。次の周には渡辺が成田と順位を入れ換え山本の背後からプレッシャーをかけるが、山本もしっかりとこれに応戦し、結局山本は渡辺に対して一度の隙も与えぬままこのヒートも逃げきって見事なパーフェクトVで開幕戦を制覇。ブリヂストン勢では小方が後半の3位争いから抜け出し表彰台を獲得。成田は3位争いの最中に転倒を喫し6位。小島が7位、横澤拓夢(ホンダ_ブリヂストン)が8位でフィニッシュした。

20JMXr01kk3933YAMAMOTO.jpg

●山本 鯨(予選1位/決勝第1ヒート1位/第2ヒート1位/総合1位)
「予選はハード、日曜朝の練習走行はソフトを履きましたが、決勝はミディアムで勝負しました。ヒート2のスタート前に少し雨が降って、実際周りにはソフトパターンを選んだライダーもいましたが、自分は迷うことなくミディアムで行きました。それくらいブリヂストンのタイヤを信頼しているし安定感がありますからね。タイヤの選択に関しては、結果からもわかる通りパフォーマンスにも全くネガは出なかったし、逆にコースが荒れていく中で、いろんなラインや状況でライバルを抑えることができたのは、レンジの広さに助けられた部分が大きかったと実感しています。」

◆若林朋之 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部
「Honda Dream Racing Bells 山本選手、パーフェクトウィンおめでとうございます。新型コロナウイルス感染症拡大によるレース延期が続き、練習すらも難しい時期があったかと思います。そんな中でも、努力を怠らずトレーニングやレースに向けた準備をしっかりと行ってきた結果が今回の完全優勝につながったものと思います。
レースは、ヒート1からヒート2にかけ、コンディションが変化していく状況でしたが、山本選手はヒート1でソフトパターン、ヒート2でミディアムパターンを装着、両ヒートともタイヤの戦闘力を最大限に引き出してくれました。また、Team Kawasaki R&Dの小方選手は、両ヒート共にソフトパターンを選択。ヒート1こそうまく噛み合わず8位でしたが、ヒート2はソフトタイヤをうまく使いこなし、3位表彰台を獲得してくれました。
次戦は同じくここSUGOでの開催となりますが、IA-1クラスは15分×3ヒート制となり、今回とは違ったレース展開になることが予想されます。戦略に応じた最適なタイヤを供給し、引き続きライダーの足元を支えて参ります。」



レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2020/08/30
  • 決勝出走:22
  • (1.6km x 16laps = 25.6km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 400 山本 鯨 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450RW ホンダ 16 4 02:01.278 32:43.486
2 555 能塚 智寛 DL Honda Dream Racing HAMMER CRF450RW ホンダ 16 5 02:01.583 32:56.192
3 110 渡辺 祐介 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 16 12 02:01.776 33:06.755
4 166 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 16 9 02:01.763 33:11.621
5 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 16 11 02:01.823 33:14.613
6 317 富田 俊樹 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 16 5 02:02.804 33:17.346
7 982 成田 亮 BS Bridgestone Honda Dream Racing N.R.T. CRF450R ホンダ 16 8 02:02.657 33:21.504
8 10 小方 誠 BS Bridgestone Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 16 11 02:00.529 33:24.824
9 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 16 15 02:02.447 33:45.042
10 12 小林 秀真 DL SRM マウンテンライダーズ RM-Z450 スズキ 16 11 02:05.339 34:01.641
11 7 安原 志 DL 八尾カワサキ ANNEX KX450 カワサキ 16 11 02:04.399 34:08.825
12 38 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450R ホンダ 16 8 02:06.431 34:13.688
13 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 16 5 02:05.979 34:42.017
14 322 横澤 拓夢 BS Bridgestone N.R.T. CRF450R ホンダ 16 5 02:06.169 34:49.353
15 27 大石 一斗 DL REAL RIDE with Alphathree FC450 ハスクバーナ 16 6 02:07.503 35:01.020
16 23 鈴木 亮太 BS Bridgestone STW YSP 浜北大橋 with 鈴木兄弟商会 YZ450F ヤマハ 15 1 14 02:11.619 33:46.135
17 17 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 15 1 3 02:11.715 33:50.097
18 19 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 15 1 6 02:12.058 34:25.083
19 26 中村 泰介 DL RT MIKURA with ALL-ONE YZ450F ヤマハ 14 2 4 02:14.431 32:51.143
20 24 白石 翔也 MI YS’ レーシング YZ450F ヤマハ 14 2 4 02:13.547 33:01.968

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2020/08/30
  • 決勝出走:22
  • (1.6km x 17laps = 27.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 400 山本 鯨 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450RW ホンダ 17 2 01:58.496 33:57.600
2 110 渡辺 祐介 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 17 7 01:58.327 33:58.723
3 10 小方 誠 BS Bridgestone Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 17 7 01:58.334 33:59.460
4 317 富田 俊樹 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 17 12 01:59.136 34:10.827
5 555 能塚 智寛 DL Honda Dream Racing HAMMER CRF450RW ホンダ 17 9 01:58.606 34:30.034
6 982 成田 亮 BS Bridgestone Honda Dream Racing N.R.T. CRF450R ホンダ 17 2 01:58.414 34:33.671
7 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 17 7 02:00.286 34:54.945
8 322 横澤 拓夢 BS Bridgestone N.R.T. CRF450R ホンダ 17 11 02:01.701 34:57.805
9 12 小林 秀真 DL SRM マウンテンライダーズ RM-Z450 スズキ 17 3 02:01.089 34:59.688
10 7 安原 志 DL 八尾カワサキ ANNEX KX450 カワサキ 17 5 02:01.944 35:04.608
11 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 17 5 02:01.984 35:07.755
12 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 17 6 02:02.050 35:12.048
13 38 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450R ホンダ 17 4 02:02.874 35:14.153
14 166 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 17 7 02:03.209 35:39.407
15 27 大石 一斗 DL REAL RIDE with Alphathree FC450 ハスクバーナ 16 1 10 02:06.327 34:14.699
16 19 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 16 1 9 02:06.064 34:16.080
17 23 鈴木 亮太 BS Bridgestone STW YSP 浜北大橋 with 鈴木兄弟商会 YZ450F ヤマハ 16 1 6 02:06.345 34:17.808
18 29 沼田 誠司 DL グリーンクラブJUDGEMENT KX450 カワサキ 16 1 5 02:08.136 35:20.039
19 17 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 16 1 4 02:08.658 35:25.498
20 26 中村 泰介 DL RT MIKURA with ALL-ONE YZ450F ヤマハ 15 2 2 02:10.193 34:01.171