• 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2018年11月03日(土) 〜 2018年11月04日(日)
600_OKAMOTO_run2.JPG

ポイントリーダーの小山知良が121点、岡本裕生が120点と1ポイント差でタイトルを争う全日本ロードレース選手権ST600クラス。決戦は最終戦に持ち込まれた。
 いつもより一日早い木曜日から始まったウイーク。木曜日、金曜日と常にセッショントップタイムをマークしたのは小山。予選もただ一人2分12秒台をマークして「全セッションでトップタイムは初めてのこと」と大喜びのポールポジション獲得となった。
 2番手にはセッション序盤から小山にポールポジション争いを挑んでいた佐野優人が初フロントロウを獲得。弟の佐野勝人が予選3番手につけた。一方、岡本は7番手グリッドから逆転チャンピオンをねらうことになった。

600_SANO_race.JPG

朝から雨に見舞われた最終戦。ST600決勝がスタートすることには少し雨脚が弱まったものの、雨は降り続いていた。ウエット宣言が出され、周回数も12周から10周に減算された。
 好スタートを切ってホールショットを奪ったのは小山。しかしオープニングラップから激しいトップ争いが展開され、オープニングラップを先頭で戻ってきたのは佐野優人。南本宗一郎、岡本と続き、小山は4番手に後退する。その後佐野優人、南本、國峰啄磨が次々にトップ浮上し、序盤から激しいトップ争いが展開する。
 レース中盤。佐野優人、國峰、岡本、小山の4台が集団から抜けた。そして5周目に岡本がトップ浮上。 6周目には、チームメイトの小山と國峰が接触し、二人ともコースアウトしてしまう。すぐにレース復帰したものの、小山はポジションを12番手まで大きく後退してしまう。
 これでトップ争いは岡本と佐野優人の2台に絞られた。2台は最後まで熾烈なバトルを展開するが、最終ラップには佐野勝人、長尾健吾の2台が加わり4台での争いとなる。
これを佐野優人が制し、全日本初優勝!岡本は2位フィニッシュで逆転チャンピオンを獲得。3位に佐野勝人が入り、兄弟で表彰台を飾った。

600_podium.JPG

●佐野優人(予選2位、決勝1位)
「全日本初優勝が地元の鈴鹿でできたことが、とてもうれしいです。地元に戻ってきて、やっとバイクが理解でき、走らせ方も分かったのが勝因の一つです。タイトル争いには関係していなかったから、今日は勝つことだけを考えていました。雨は得意だけれど、鈴鹿の雨はほとんど経験がありませんでした。でも、これで鈴鹿の雨も自信がつきました」

600_OKAMOTO_podium.JPG

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「ウエットコンディションとなり、全員がレインタイヤでレースに臨みました。レース中盤までランキングトップの小山選手とランキング2位の岡本選手がトップ集団の中でポジション争いを繰り広げましたが、中盤に小山選手がコースアウト。岡本選手は2位でタイトルを決めました。最終戦も今シーズンを象徴するような激しいレースとなり、今期4人目のウィナーが誕生しました。今シーズンは参加者も増え、毎戦素晴らしいレースが続き、我々も足元をしっかり支えることが出来たことをうれしく思います。来シーズンからは、新商品R11が指定タイヤとなりますが、地方選手権も含めこのクラスが更に活性化して素晴らしいライダーが育つよう、我々も努力を続けていきます」

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[ST600]

決勝

  • 開催日:2018/11/04
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:33
  • 完走:29
  • (5.821km x 10laps = 58.21km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 97 佐野 優人 BS Bridgestone BATTLE FACTORY CBR600RR ホンダ 10 2:22.220 24:00.355
2 51 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 10 2:22.643 24:00.485
3 98 佐野 勝人 BS Bridgestone TEAM VITAL SPIRIT CBR600RR ホンダ 10 2:22.051 24:01.257
4 16 長尾 健吾 BS Bridgestone 善光会TEAMけんけん+BEE YZF-R6 ヤマハ 10 2:22.049 24:01.318
5 9 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 10 2:22.753 2:'02.886
6 71 上原 大輝 BS Bridgestone Mistresa RT HARC-PRO CBR600RR ホンダ 10 2:22.465 24:03.635
7 74 稲垣 誠 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 10 2:22.695 24:04.510
8 55 國峰 琢磨 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 10 2:23.181 24:08.056
9 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 10 2:24.249 24:12.536
10 230 小山 知良 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 10 2:23.161 24:12.803
11 8 名越 公助 BS Bridgestone GBS YAMAHA マツエセブン忠男 YZF-R6 ヤマハ 10 2:23.962 24:16.496
12 18 杉山 優輝 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 10 2:24.432 24:20.759
13 14 仲村 優佑 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 10 2:25.105 24:22.803
14 17 行村 和樹 BS Bridgestone TOHO RACING CLUB CBR600RR ホンダ 10 2:25.148 24:28.743
15 27 田尻 悠人 BS Bridgestone GOSHI Racing CBR600RR ホンダ 10 2:24.693 24:30.548
16 090 中村 龍之介 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR600RR ホンダ 10 2:25.477 24:31.890
17 52 関野 海斗 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 10 2:25.324 24:31.946
18 26 西嶋 修 BS Bridgestone チーム阪神ライディングスクール ZX-6R カワサキ 10 2:25.730 24:32.267
19 38 小山 葵 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 10 2:25.161 24:32.429
20 44 平野 ルナ BS Bridgestone TEAM ENDLESS by SHANTI SSM CBR600RR ホンダ 10 2:25.850 24:38.424
[ST600]

予選

  • 開催日:2018/11/03
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:33
  • (5.821km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 230 小山 知良 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 3 2:12.983
2 97 佐野 優人 BS Bridgestone BATTLE FACTORY CBR600RR ホンダ 3 2:13.317
3 98 佐野 勝人 BS Bridgestone TEAM VITAL SPIRIT CBR600RR ホンダ 4 2:13.464
4 9 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 3 2:13.572
5 55 國峰 琢磨 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 2 2'13.626
6 16 長尾 健吾 BS Bridgestone 善光会TEAMけんけん+BEE YZF-R6 ヤマハ 3 2:13.693
7 51 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 3 2:13.703
8 12 古山 颯太 BS Bridgestone 伊藤レーシング YZF-R6 ヤマハ 3 2:14.134
9 43 中山 耀介 BS Bridgestone TEAM SHOTA YZF-R6 ヤマハ 3 2:14.272
10 74 稲垣 誠 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 4 2:14.421