2013年にスタートした、トヨタ 86とスバル BRZによるJAF公認ワンメイクレース。ナンバー付のレース専用車両での戦いは、イコールコンディションでの激しいバトルが展開され注目を集めている。プロドライバーからアマチュアまで、幅広いドライバーが同じ舞台でモータースポーツを楽しめる環境を整えたことも大きな意味を持っている。

tgrv_img.jpg

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceとは?

2012年に販売が開始されたトヨタ 86/スバル BRZは、ドライビングを純粋に楽しむことができるFRスポーツカーとして人気のモデルだ。幅広いニーズに応えるアフターパーツが数多くリリースされ、自分好みに仕立てることができるなどさまざまな楽しみ方を見いだせるクルマであると同時に、モータースポーツのベース車両としての素質も一級品。そのポテンシャルを引き出し、存分に楽しんでもらおうというのがTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceである。

参加が認められるのは専用に用意されたレース参戦車両のトヨタ 86「86 Racing」とスバル BRZ「RA Racing」のみ。ロールケージや牽引フックを装備するなどサーキットユースに必要な最低限の装備が与えられ、ナンバー付車両とすることで初心者にも参加しやすいレースとなっているのが大きな特徴だ。

なお、足まわりなどの車両パーツの一部については、トヨタカーズ・レース・アソシエイション(T.R.A.)認定部品への変更が認められている。 また、2015年からは2シリーズ制となり、SUPER GTなどにも参戦するプロドライバーが競い合うプロフェッショナルシリーズと、アマチュアドライバーが参戦するクラブマンシリーズに分かれて開催されている。プロに挑戦したいアマチュアはプロクラスにエントリーすることも可能であり、ドライバーの目的に応じて幅広いレースの楽しみが提供されているカテゴリーだ。

2017年シーズンの見どころ

2015年からの2シリーズ制への移行によって、腕に覚えのあるプロドライバーからレース初心者まで、多くの新規参加ドライバーが名乗りを上げたが、今年もこの流れは続きそうだ。

4月1、2日のツインリンクもてぎでの開幕戦を皮切りに、全国のサーキットで、トッププロドライバー、セミプロ、アマチュアの激しい戦いが展開される。 2016年シリーズに、プロフェッショナル、クラブマン両シリーズ制覇を果たしたブリヂストンは、もちろん2017年もさらなる手厚いサポートを行っていく。 エントリーしやすいワンメイクレースを足元から支え、モータースポーツの裾野を広げる取り組みにも、POTENZAは積極的に関わっているのである。

参加型モータースポーツに新風を巻き起こしたTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race。イコールコンディションで争われるワンメイクレースだからこそ際立つ、ドライバー同士のハイレベルな「ガチンコバトル」を、ぜひサーキットで体感してほしい。

2017 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceカレンダー

第1戦 4/1(土)・2(日) ツインリンクもてぎ
第2戦 5/7(日) オートポリス
第3戦 6/3(土)・4(日) 富士スピードウェイ
第4戦 7/1(土)・2(日) 岡山国際サーキット
第5戦 7/29(土)・30(日) 十勝スピードウェイ
第6戦 9/1(金)・2(土) 富士スピードウェイ
第7戦 9/30(土)・10/1(日) スポーツランドSUGO
第8戦 10/21(土)・22(日) 鈴鹿サーキット
第9戦 未定 未定