ファイナルラップ劇的な逆転優勝 阪口良平、チームの地元で栄冠

  • 開催場所: 岡山国際サーキット
  • 開催日:2016年04月24日(日) 〜 2016年04月24日(日)
685801.jpg

もうすぐ5月となるレースウィークの岡山は、初夏の訪れを予感させるような暑い日と、まだまだ肌寒い雨の日が、猫の目のように変わる天気となっていた。予選前日の金曜日、気温は高く、その分だけタイヤの負担は大きかった。土曜日は一転して曇り空で気温がむしろ低くなっていくような天気だった。しかし結果からいえば、その両方のコンディションでポテンザRE-05Dはポテンシャルを発揮し、見事今シーズン初優勝を飾ったのである。

●予選
予選開始早々にトップタイムを出したのは#370元嶋佑弥選手(GY)。第1戦でチームメイトが優勝したこともあり、自分の速さをアピールしたいところだ。2位には#557大西隆生選手(ブリヂストン)、3位に#34佐々木雅弘選手(ブリヂストン)が続いた。
日が陰ってきたことで、気温が徐々に下がっていく。それがタイヤの負担を軽くし、2度目、3度目のタイムアタックを可能にする。#80服部尚貴選手(DL)、#34佐々木選手がタイムアップするが、元嶋選手のタイムには届かない。
そして後半、コースインを遅らせた#906阪口良平選手(ブリヂストン)がアタックするものの惜しくも2位。#1谷口信輝選手(YH)もまた、阪口選手と1/1000秒まで全く同タイム。しかし昨年の岡山国際サーキットでポールポジションを獲得した#770山田英二選手(ブリヂストン)が、終盤に元嶋選手を逆転する。

だが終了直前、谷口選手がチャンピオンの意地を見せトップタイムを更新、ポールポジションを獲得した。2位に山田選手、3位元嶋選手、4位阪口選手。ブリヂストン勢では5位佐々木選手、7位大西選手が続いている。
終わってみれば谷口選手から1秒以内に22台という、大混戦の予選。熱いレースを予感させるに十分だった。

685802.jpg

●決勝
スタートでは元嶋選手が出遅れてポジションを下げ、トップ谷口選手、2位山田選手、3位佐々木選手、4位阪口選手、5位元嶋選手という並びで、レースは進んでいった。 6位以下は徐々に離れていき、トップグループは5台となった。谷口選手のペースが上がらず、5台が密集した状態でレースが進んでいく。山田選手が谷口選手に並びかけるシーンも何度かあったが、オーバーテイクはできなかった。
残り3周というところで、佐々木選手が山田選手を1コーナーでオーバーテイクしようとしてタイムロスし、逆に阪口選手に3位のポジションを奪われてしまう。その阪口選手は次の周に山田選手をオーバーテイクすることに成功。そしてファイナルラップ、谷口選手をバックストレートでパスし、そのままトップチェッカーを受けた。阪口選手は2014年の開幕戦以来、2度目の優勝となった。2位は谷口選手、3位には佐々木選手が入った。
ブリヂストン勢は、阪口選手、佐々木選手に続いて、5位に山田選手、8位に大西選手が入り、トップ10に5台がランクインした。

●ドライバーコメント
#906阪口良平選手
(予選4位 決勝1位)
「なかなかトップ集団のペースが上がらなかったのですが、自分としてはペースを抑えて走っていたので、タイヤにも、ブレーキにも、余力があったと思います。それで終盤になって3位、2位、1位とひとつずつ順位を上げることができました。タイヤはまったく問題なかったですね。ワンチャンスを残らず全部モノにすることができたので、優勝することができました。とにかくチーム(岡山トヨペット)の地元ということで、応援も多かったし、期待に応えることができて良かったです」





≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!


レース結果

コース:岡山国際サーキット

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2016/04/24
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:36
  • 完走:35
  • (3.703km x 12laps = 44.436km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 906 阪口 良平 BS Bridgestone AREA86倉敷 12 22:41.158
2 1 谷口 信輝 YH KTMS 86 12 22:41.835
3 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone asset・テクノ・BS・86 12 22:42.509
4 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 12 22:43.218
5 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 12 22:43.345
6 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 12 22:44.380
7 10 佐藤 晋也 GY OTG TN滋賀 86 12 22:45.455
8 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 12 22:50.001
9 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 12 22:50.059
10 32 トモアキ GY 大阪トヨタ86レーシング 12 22:52.724
11 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 12 22:53.896
12 205 松本 武士 DL Team OGAWA86 12 23:00.212
13 217 山谷 直樹 DL ダイニチ CF 亜衣 DL 制動屋86 12 23:00.710
14 85 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 12 23:02.723
15 76 柴田 優作 YH 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 12 23:03.881
16 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 12 23:04.938
17 202 蒲生 尚弥 BS Bridgestone ASICS Blue 86R 12 23:05.056
18 31 青木 孝行 YH ケーエムエスADVAN86R 12 23:05.330
19 97 近藤 翼 YH 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 12 23:05.626
20 50 高島 登 BS Bridgestone エムテックス制動屋SSR86 12 23:07.511
21 586 加納 央樹 YH BANKING☆ウイニング86 12 23:09.461
22 692 小杉 諭司 DL ドラゴンベアードKRPDL 86 12 23:10.014
23 81 井上 尚志 BS Bridgestone まんさく自動車ルブロスBS86 12 23:12.698
24 999 ジョニー YH ウィニング制動屋86 長谷川運輸 12 23:13.285
25 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校 μ 生駒 86 12 23:13.695
26 611 服部 晃輔 DL OGUSU・KOTA BRZ 12 23:14.199
27 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE86 12 23:14.932
28 926 C.kaki NG GY THE BRIDE86 12 23:15.408
29 555 今村 大輔 DL Profi BRZ T-MAN 12 23:15.931
30 38 神谷 裕幸 GY ネッツ中部ミッドレス GY 86 12 23:18.885
31 80 吉田 広樹 DL OTG DL 86 12 23:19.381
32 78 坂 裕之 DL Smart DNC 86 12 23:23.155
33 328 密山 祥吾 YH 埼玉トヨペットGB 86 12 23:25.340
34 11 いとう りな GY THE BRIDE86 12 23:27.814
35 339 山下 亮生 DL 山下製作所KOTA-R BRZ 10 23:45.049
36 45 羽根 幸浩 YH メタルラボ・スペック YH86 5 DNF
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2016/04/23
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:36
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 谷口 信輝 YH KTMS 86 4 1:51.116
2 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 2 1:51.227
3 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 1 1:51.249
4 906 阪口 良平 BS Bridgestone AREA86倉敷 2 1:51.267
5 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone asset・テクノ・BS・86 2 1:51.361
6 80 吉田 広樹 DL OTG DL 86 2 1:51.365
7 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 1 1:51.392
8 10 佐藤 晋也 GY OTG TN滋賀 86 2 1:51.406
9 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 1 1:51.457
10 32 トモアキ GY 大阪トヨタ86レーシング 3 1:51.457
11 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:51.495
12 205 松本 武士 DL Team OGAWA86 2 1:51.520
13 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 2 1:51.521
14 97 近藤 翼 YH 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 3 1:51.621
15 217 山谷 直樹 DL ダイニチ CF 亜衣 DL 制動屋86 1 1:51.704
16 202 蒲生 尚弥 BS Bridgestone ASICS Blue 86R 2 1:51.770
17 76 柴田 優作 YH 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 1:51.922
18 31 青木 孝行 YH ケーエムエスADVAN86R 1 1:51.946
19 85 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 3 1:51.967
20 50 高島 登 BS Bridgestone エムテックス制動屋SSR86 2 1:52.025
21 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:52.069
22 692 小杉 諭司 DL ドラゴンベアードKRPDL 86 3 1:52.070
23 81 井上 尚志 BS Bridgestone まんさく自動車ルブロスBS86 1 1:52.246
24 999 ジョニー YH ウィニング制動屋86 長谷川運輸 3 1:52.315
25 586 加納 央樹 YH BANKING☆ウイニング86 3 1:52.373
26 555 今村 大輔 DL Profi BRZ T-MAN 4 1:52.393
27 339 山下 亮生 DL 山下製作所KOTA-R BRZ 6 1:52.468
28 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校 μ 生駒 86 1 1:52.691
29 926 C.kaki NG GY THE BRIDE86 5 1:52.740
30 45 羽根 幸浩 YH メタルラボ・スペック YH86 6 1:52.920
31 38 神谷 裕幸 GY ネッツ中部ミッドレス GY 86 7 1:53.117
32 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE86 2 1:53.259
33 328 密山 祥吾 YH 埼玉トヨペットGB 86 6 1:53.650
34 611 服部 晃輔 DL OGUSU・KOTA BRZ 4 1:53.674
35 78 坂 裕之 DL TK RACING 86 3 1:54.018
36 11 いとう りな GY THE BRIDE86 4 1:54.122