久保凜太郎が王者に輝く BRZ勢として初の快挙!!

  • 開催場所:ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2020年11月21日(土) 〜 2020年11月22日(日)
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020 プロフェッショナルシリーズ 第7戦

チャンピオン争いは3人に絞られていた。ポイントリーダーは#87久保凜太郎(ブリヂストン)で、それを10.5ポイント差で追うのが#1谷口信輝(DL)、そして19.5ポイント差で#34佐々木雅弘(ブリヂストン)というラインナップになっている。優勝が20ポイントなので、佐々木は優勝しても、上位の2人がノーポイントが条件となる。数字上は久保が圧倒的に有利で、3位以上なら谷口の成績に関わらず、チャンピオンが決まる。谷口は4位以下なら久保がノーポイントでもチャンピオンの可能性を失う。しかし相手は4度のチャンピオンを獲得している絶対王者である。プレッシャー、駆け引き、戦略、いろいろなことが頭の中を駆けめぐり、久保を苦しめていたことは間違いない。今シーズン、レースペースの安定性はそのままに、一発の速さを手に入れた久保は、その好調を結果に結びつける他ない。

●予選
15分間の予選、シグナルがグリーンになったことを無視するかのように、誰もコースインしない。2分経過し#813坂裕之(DL)がコースインしたものの、それに続くドライバーはなく、たったひとりの予選アタックが展開していた。その静寂が破られたのは残り8分を切ってからだった。そこから一斉にコースインが進み、タイムアタックに入っていく。トップタイムをマークしたのは、練習走行でも好調だった#98近藤翼(DL)だった。谷口もアタックしたが及ばず、5番手タイムに留まる。そして最後の最後に逆転劇が待っていた。スボット参戦の#500坪井翔(DL)がポールポジションを獲得したのである。若き日本のトップドライバーが、今シーズン初の86レースでベテラン勢を押し切ったのである。
予選後、走路外走行の判定によって、8人のドライバーがトップタイムの抹消という処分を受けた。しかも、その全てのドライバーが1アタックしかしていなかったため、ノータイムで予選落ちという結果になってしまった。(救済措置により決勝レースへは後方グリッドからのスタートとなった)その中には近藤や#7堤優威(ブリヂストン)といった有力選手も含まれていたため、予選順位は変動することに。谷口は4番手に繰り上がり、11番手だった久保は9番手、佐々木選手は10番手となっている。
ブリヂストン装着勢は、トップ10に4台を占めた。
88.jpg

●決勝
坪井の速さはピカイチだった。ポールポジションからのスタートをしっかりと決め、その後一度もトップを脅かされることなく、完璧な走りでポール・トゥ・フィニッシュを飾った。このレースの経験値など関係なかったのだ。2位はベテラン#60服部尚貴(DL)、3位は#10菅波冬悟(DL)がスタートから同じポジションを守り切り表彰台へ上がった。4番手スタートの谷口は順位を上げることができなかった。結果からいえば、久保がチャンピオンを獲得するには、それだけで十分だった。
スタートを決め8位で1コーナーに入っていった久保は、オープニングラップでさらに1台オーバーテイクして7位に。前を走るのはチームメイトである#88手塚祐弥(ブリヂストン)だったのだが、メカニカルトラブルが発生し6周目にピットへ。これで6位となり、谷口は優勝することが最低条件となってしまった。87号車が6位という表示を見て、谷口は諦めたという。
今シーズン、久保は十勝の第1ヒートで優勝し、他は2位が3回、3位が1回という上位での戦いぶりをみせた。雨絡みの天候が今シーズンの特徴でもあったが、そこでウエット性能の高いブリヂストンRE-07Dを活かしたことが、チャンピオンを引き寄せた要因のひとつだったに違いない。
ブリヂストン装着勢は、トップ10に3台が入った。
87goal.jpg

久保2.jpg

プロフェッショナルシリーズで6位入賞を果たし、シリーズチャンピオンを獲得した#87久保凜太郎選手のコメント。
「シリーズチャンピオンを決めることができて、ホッとしている、というのが正直なところですね。初参戦から6年目ですけど、本当にチームや関係者に感謝したいですね。昨日の予選はちょっと上手くいきませんでしたが、レース自体はスタートを決めることができて、手塚祐弥選手の残念なトラブルもあって、6位にまで上がることができました。その時点でかなり優位に立っていたことは判っていましたが、とにかく守るのではなく、前へ出ることしか考えていませんでした。まだまだ若かった頃からいろいろとお世話になった谷口信輝選手と戦って、チャンピオンを取れたことが嬉しかったですね」

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2020/11/22
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:35
  • 完走:34
  • (4.801km x 10laps = 48.01km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 500 坪井 翔 DL ネッツ東埼玉ワコーズED86 10 23:12.440
2 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 10 23:12.650
3 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 10 23:12.895
4 1 谷口 信輝 DL KTMS 86 10 23:14.756
5 31 青木 孝行 DL ケーエムエス フェニックス86 10 23:15.168
6 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 10 23:18.807
7 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 10 23:18.992
8 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 10 23:21.795
9 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 10 23:23.245
10 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 10 23:24.679
11 25 水谷 大介 DL GRTokyoRacing86 10 23:27.944
12 11 脇阪 寿一 DL Owltech 86 10 23:32.287
13 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 10 23:33.491
14 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 10 23:33.745
15 18 中山 雄一 BS Bridgestone 茨城トヨペットGRつくば86R 10 23:34.948
16 293 岡本 大地 NX 86NferaSportR 10 23:35.447
17 97 篠原 拓朗 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 23:36.946
18 123 松井 孝允 GY NETZ TOYAMA Racing 86 10 23:37.737
19 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 10 23:38.974
20 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 10 23:39.162
21 813 坂 裕之 DL のりものクラブDL86 10 23:41.945
22 55 森山 鉄也 BS Bridgestone BRIDEwithT'S86 10 23:43.773
23 305 水野 大 DL ピースレンタカーDL86 10 23:44.781
24 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン 86 10 23:46.805
25 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 10 23:47.245
26 79 市丸 聡 DL カローラ千葉86 10 23:47.791
27 369 平中 克幸 DL TMS 制動屋 DL 86 10 23:48.122
28 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 10 23:48.409
29 989 田中 哲也 DL RECARO 86 DL T 10 23:48.782
30 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 10 23:50.708
31 98 近藤 翼 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 23:51.710
32 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 10 23:56.193
33 338 角谷 昌紀 BS Bridgestone Masaki A-TEC 86 10 24:20.618
34 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 10 24:27.488
- 88 手塚 祐弥 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 6 DNF
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2020/11/21
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:35
  • (4.801km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 500 坪井 翔 DL ネッツ東埼玉ワコーズED86 2 2:17.133
2 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 2 2:17.193
3 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 2 2:17.368
4 1 谷口 信輝 DL KTMS 86 2 2:17.373
5 31 青木 孝行 DL ケーエムエス フェニックス86 2 2:17.395
6 88 手塚 祐弥 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 2:17.459
7 97 篠原 拓朗 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 2:17.484
8 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 2 2:17.586
9 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 2:17.679
10 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 2 2:17.733
11 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 2 2:17.736
12 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 2 2:17.745
13 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 2 2:17.830
14 25 水谷 大介 DL GRTokyoRacing86 2 2:17.876
15 11 脇阪 寿一 DL Owltech 86 2 2:18.040
16 18 中山 雄一 BS Bridgestone 茨城トヨペットGRつくば86R 2 2:18.079
17 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 2 2:18.080
18 813 坂 裕之 DL のりものクラブDL86 2 2:18.404
19 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 2 2:18.424
20 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン 86 2 2:18.447
21 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 2 2:18.538
22 123 松井 孝允 GY NETZ TOYAMA Racing 86 2 2:18.581
23 79 市丸 聡 DL カローラ千葉86 2 2:18.715
24 338 角谷 昌紀 BS Bridgestone Masaki A-TEC 86 2 2:18.748
25 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 2 2:19.406
26 55 森山 鉄也 BS Bridgestone BRIDEwithT'S86 2 2:19.667
27 989 田中 哲也 DL RECARO 86 DL T 2 2:20.022
- 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 DNF
- 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 DNF
- 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 DNF
- 98 近藤 翼 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R DNF
- 293 岡本 大地 NX 86NferaSportR DNF
- 305 水野 大 DL ピースレンタカーDL86 DNF
- 369 平中 克幸 DL TMS 制動屋 DL 86 DNF
- 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 DNF