窪口綾がポール・トゥ・ウィンで オートポリス2連覇を飾る

  • 開催場所:オートポリス
  • 開催日:2020年08月30日(日) 〜 2020年08月30日(日)
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020 クラブマンシリーズオープン 第6戦

九州のインターナショナル・サーキット、オートポリスは高低差があり、タイトコーナーから高速コーナーまで複雑なレイアウトが採用されているためアマチュアドライバーにとっては難コースだ。それだけにオートポリスのコースをしっかりと習熟したドライバーがオープンクラスでは大きな価値を持つ。今回のエントリー台数は18台。
最近のドライバーのトレンドのひとつはドライビングシミュレーターでのトレーニングだ。とくに走行経験のないコースを事前にチェックすることで、実際に走行する前にしっかりと学習することができる。シミュレーターの精度も向上し、そのトレーニング方法も仕上がってきた。結論からいえば、今回のオープンクラス、シミュレーターのメーカーで働く#277窪口綾(ブリヂストン)がポール・トゥ・ウィンを果たし、2年連続で優勝となった。そして、2位には織戸学がプロデュースするレーシングシミュレーターでコーチをしている#559岡田整(YH)が入った。

277.jpg

●予選
前年度優勝というだけでなく、前日の占有走行でもトップタイムをマークした窪口は優勝候補の筆頭だった。
予想は裏切られることはなく早めのタイミングでアタックに向かい、トップタイムを記録し堂々のポールポジションを獲得した。逆転を狙って予選後半にアタックした岡田だったが、届かず3位。予選2位には、かつて岡山トヨペットのレーシングチームでエンジニアを担っていた#218新谷隆徳(DL)が入った。ブリヂストン装着勢はトップ10に4台が入った。

277-4.jpg

●決勝
スタートでトップを守りきった窪口選手が徐々にリードを拡げていく展開となった。2周目には0.915秒、4周目には2.532秒、6周目には4.917秒となり、独走態勢を築いていく。性能差がないワンメイクレースでこれだけのタイム差が生じ続ければ、ライバルたちはまったく歯が立たない。結局9.387秒という大差で、ポール・トゥ・ウィン。昨年に続きオートポリス大会を優勝で決めた。
2位はスタートから新谷がキープしていたが、それを岡田が5周目にオーバーテイク。結局その順位でチェッカーフラッグを受けた。ブリヂストン装着勢は、優勝した窪口をはじめ、トップ10に5台が入った。



窪口.jpg

ポール・トゥ・ウィンを達成した#277窪口綾選手のコメント。
「スタートは失敗してしまったのですが、何とかトップを守ることができて2連覇することができました。すごく嬉しいですね。金曜日くらいからトランスミッションの調子が悪くなっていて、とくに4速が厳しかったんですね。それで決勝レースをスタートしてからは労ってシフトしていました」

レース結果

コース:オートポリス

[Clubman Series OPEN]

決勝

  • 開催日:2020/08/30
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:17
  • 完走:17
  • (4.674km x 10laps = 46.74km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 277 窪口 綾 BS Bridgestone ACCESS86 10 22:54.603
2 559 岡田 整 YH AGICA MAX ORIDO 86 10 23:03.990
3 218 新谷 隆徳 DL カードクター・ダット 86μ 10 23:06.346
4 71 嶋 啓児 DL GR Garage 福岡空港DL86 10 23:06.737
5 183 浜久保 太一 BS Bridgestone NOROSHI GR 小牧 86 10 23:08.803
6 777 廣畑 孝 DL OTG TN滋賀 86 10 23:10.267
7 21 高月 瑠偉 BS Bridgestone JOBU 86 Revo BS 10 23:18.647
8 270 江原 聖洋 DL Team NAORYU BRZ 10 23:22.316
9 14 鈴木 祐子 BS Bridgestone Kpowers ARG 86 10 23:51.344
10 111 山本 哲也 BS Bridgestone Owltech 86 10 24:04.207
11 118 川西 賢作 YH KDO86・うどんちゃん 10 24:16.034
12 522 樫村 徳俊 BS Bridgestone GB CAMP 86 10 24:16.592
13 24 泉田 進 DL DL-DENSEI-86 10 24:23.382
14 110 加藤 秀幸 BS Bridgestone Owltech 86 10 24:44.884
15 883 石橋 英樹 GY 長崎トヨペット 86 10 24:52.604
16 428 嶋田 幸生 GY BRZ 10 25:10.548
17 150 中嶋 慎次 DL トップギアBRZ with 福岡スバル 9 23:23.799
[Clubman Series OPEN]

予選

  • 開催日:2020/08/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:17
  • (4.674km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 277 窪口 綾 BS Bridgestone ACCESS86 2 2:15.277
2 218 新谷 隆徳 DL カードクター・ダット 86μ 3 2:15.594
3 559 岡田 整 YH AGICA MAX ORIDO 86 2 2:15.983
4 71 嶋 啓児 DL GR Garage 福岡空港DL86 2 2:15.990
5 183 浜久保 太一 BS Bridgestone NOROSHI GR 小牧 86 2 2:16.313
6 777 廣畑 孝 DL OTG TN滋賀 86 2 2:16.756
7 21 高月 瑠偉 BS Bridgestone JOBU 86 Revo BS 2 2:17.524
8 522 樫村 徳俊 BS Bridgestone GB CAMP 86 2 2:18.096
9 270 江原 聖洋 DL Team NAORYU BRZ 4 2:18.707
10 24 泉田 進 DL DL-DENSEI-86 2 2:19.355
11 14 鈴木 祐子 BS Bridgestone Kpowers ARG 86 2 2:19.637
12 111 山本 哲也 BS Bridgestone Owltech 86 2 2:19.724
13 110 加藤 秀幸 BS Bridgestone Owltech 86 3 2:20.036
14 118 川西 賢作 YH KDO86・うどんちゃん 3 2:21.282
15 150 中嶋 慎次 DL トップギアBRZ with 福岡スバル 2 2:23.272
16 428 嶋田 幸生 GY BRZ 4 2:27.944
17 883 石橋 英樹 GY 長崎トヨペット 86 6 2:27.944