今シーズン苦闘を続けてきた井口卓人が最終戦で快走、3位表彰台に立つ

  • 開催場所:富士スピードウェイ
  • 開催日:2021年11月20日(土) 〜 2021年11月21日(日)
TGR 86/BRZ Race プロフェッショナルシリーズ 第11戦 井口卓人が3位表彰台獲得!

2013年の開幕戦以来、通算77戦目の今回がTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの最終戦となる。来シーズンからはTOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cupへとリニューアルされることが決まっている。マシンは全て新型のGR86とBRZとなり、現行モデルでのレースは各サーキットが開催するローカルレースへとステージが変わる。これはヴィッツレースからヤリスカップへの移行と、同じ方式になる。最小限の認定パーツだけが許されたワンメイクレースでありながら、多くの日本のプロドライバーたちが顔を揃えるというユニークなレースも、一端幕を閉じることになる。来シーズンは、少し違ったレギュレーションの下で、より進化したレースが開催される予定になっている。そんな現行モデル最終ラウンドのエントリー台数は33台となった。

●予選
前戦十勝大会で2戦ともに2位となり、シリーズチャンピオンを決めた#10菅波冬悟(DL)。やはりチャンピオンがかかっていたこともあり、少し慎重なレース運びをしていたようだった。その鬱憤を晴らすかのように、今回の予選では2分2秒台のコースレコードでポールポジションを決めた。OTGのチームメイトであり、日本のトップドライバーのひとりである#80宮田莉朋(DL)もコースレコードを記録したものの、差は0秒316もあった。さらに同じOTGの若手ドライバー#70伊東黎明(DL)も3番手タイムを出したが、そこに割って入ったのが#34佐々木雅弘(ブリヂストン)だった。しかし予選後、そのアタックラップに走路外走行の判定が下り、タイムは抹消。10位へとドロップしてしまった。結果としてOTGがトップ3を独占する形になった。
ブリヂストン装着勢は、4位に#988井口卓人、5位に#18中山雄一と、今シーズン不調に苦しんだふたりのドライバーが並んだ。また6位の#82谷口信輝も今回はブリヂストンを選択し、トップ10には6台のポテンザRE-07D装着車両が入った。
18.jpg82.jpg



●決勝
スタート.jpg
予選での飛び抜けた速さを、菅波はそのまま決勝レースに持ち込んだ。レースペースも早く、2分3秒520というファステストラップは、多くの選手の予選タイムよりも速いものだった。その菅波冬悟の後ろを、宮田と伊東が追いかける展開へ。同じチームだからこそ、無理なバトルはせず、上位独占するためにとりあえず逃げるはず。そう見越した井口は、その流れを追い、レース後半での勝負を狙っていた。
その上位4台が少しずつ差を拡げていくことで、5位争いは激しくなっていく。オープニングラップでは#123松井孝允(DL)が5位へと上がったが、6位谷口、そして予選10位から激しく追いあげてきた佐々木が7位と、ベテランのプロドライバーたちのバトルが展開していく。しかし勢いは佐々木にあり、5周目に6位、7周目に5位へとポジションを上げた。OTG勢の後ろに続いていた井口は、コンディションの変化でその3台のペースが落ち、ギャップが縮まった9周目、オーバーテイクに成功し、3位へとポジションを上げた。OTG勢の間に割って入る形で、今シーズン初の表彰台に立つことになった。
優勝はポール・トゥ・ウィンの菅波。今シーズン4勝目。2位には宮田、3位に井口が入った
988.jpg
井口表彰台.jpg
ブリヂストン装着勢は、4位に佐々木、7位谷口、8位中山と、トップ10に4台が入った。
34.jpg



井口3位.jpg

●プロフェッショナルシリーズの決勝レースで、3位表彰台を獲得した#988井口卓人選手のコメント。
「昨日の予選までのいい流れもあったのですが、前を走る3台が同じチームだったので無理なバトルはしないだろうと思い、まずは一緒に逃げて後続との差を拡げることを考えました。レース終盤にセクター3で雨がポツポツと降り始めて、それで前を走るマシンのペースが落ちてきて差が縮まり、オーバーテイクすることができました。今シーズンは厳しいレースが続いていたので、この型の車両の最後のレースで表彰台に上がることができて、良かったです」

レース結果

コース:富士スピードウェイ

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2021/11/21
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:32
  • 完走:28
  • (4.563km x 10laps = 45.63km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 10 20'41.548
2 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 10 20'45.508
3 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 10 20'46.110
4 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 10 20'48.150
5 70 伊東 黎明 DL OTG DL 86 10 20'48.207
6 123 松井 孝允 DL NETZ TOYAMA Racing 86 10 20'49.252
7 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 10 20'50.412
8 18 中山 雄一 BS Bridgestone 茨城トヨペットGRつくば86R 10 20'52.525
9 31 青木 孝行 NX ケーエムエス フェニックス86 10 20'53.459
10 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 10 20'55.661
11 293 岡本 大地 NX N Fera Sports 86 10 20'57.911
12 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 20'58.267
13 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 10 20'59.052
14 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 10 20'59.839
15 504 冨林 勇佑 DL エアバスター86DL デルタ 10 21'01.217
16 550 宗藤 昌太朗 BS Bridgestone 名神タイヤ86 10 21'01.363
17 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 10 21'01.641
18 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 10 21'02.398
19 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 10 21'02.533
20 56 鶴賀 義幸 BS Bridgestone 栃木トヨタT2FACTRY BS86 10 21'04.154
21 522 地頭所 光 BS Bridgestone GBCAMP 86 10 21'04.487
22 76 森川 基雄 DL ウイニング制動屋NUTEC86 10 21'10.057
23 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 10 21'10.436
24 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 10 21'11.868
25 909 小暮 卓史 DL RECARO BRZ DL T 10 21'13.460
26 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校MS86 10 21'14.421
27 7 堤 優威 BS Bridgestone muta BS カバナ86 10 21'25.606
28 1 久保 凜太郎 BS Bridgestone RECARO × Rin BRZ BS 10 21'27.891
- 97 柴田 優作 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 3 DNF
- 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 3 DNF
- 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 2 DNF
- 310 坪井 翔 BS Bridgestone C.S.I Racing 86 1 DNF
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2021/11/20
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:32
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 3 2'02.835
2 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 3 2'03.151
3 70 伊東 黎明 DL OTG DL 86 3 2'03.372
4 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 3 2'03.380
5 18 中山 雄一 BS Bridgestone 茨城トヨペットGRつくば86R 3 2'03.484
6 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 3 2'03.532
7 123 松井 孝允 DL NETZ TOYAMA Racing 86 3 2'03.674
8 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 4 2'03.782
9 7 堤 優威 BS Bridgestone muta BS カバナ86 3 2'03.841
10 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 3 2'03.842
11 293 岡本 大地 NX Nfera Sport R86 4 2'03.851
12 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 4 2'03.889
13 31 青木 孝行 NX ケーエムエス フェニックス86 3 2'03.949
14 76 森川 基雄 DL ウイニング制動屋NUTEC86 4 2'03.973
15 310 坪井 翔 BS Bridgestone C.S.I Racing 86 3 2'03.991
16 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 3 2'03.994
17 504 冨林 勇佑 DL エアバスター86DL デルタ 3 2'03.995
18 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 3 2'04.040
19 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 3 2'04.050
20 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 3 2'04.058
21 1 久保 凜太郎 BS Bridgestone RECARO × Rin BRZ BS 4 2'04.158
22 522 地頭所 光 BS Bridgestone GBCAMP 86 3 2'04.252
23 550 宗藤 昌太朗 BS Bridgestone 名神タイヤ86 3 2'04.361
24 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 5 2'04.466
25 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 4 2'04.553
26 56 鶴賀 義幸 BS Bridgestone 栃木トヨタT2FACTRY BS86 3 2'04.577
27 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 3 2'04.586
28 97 柴田 優作 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 4 2'04.684
29 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 3 2'04.802
30 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 6 2'04.815
31 909 小暮 卓史 DL RECARO BRZ DL T 4 2'04.869
32 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校MS86 4 2'05.209
- 813 坂 裕之 DL MプランニングK2 アクセス DL86 DNS