佐藤琢磨、テキサス決勝は思いがけない接触でリタイア

  • 開催場所:Texas Motor Speedway
  • 開催日:2022年03月20日(日) 〜 2022年03月20日(日)
2022年 インディカー・シリーズ Rd.2 テキサス375

〈高橋国光さんの訃報を受けて、琢磨選手は喪章をつけてレースに臨んだ〉

takuma_rd2_2.jpg

2022年3月20日、テキサス州フォートワース発。
本日、行われたインディカー・シリーズ第2戦テキサスの決勝レースにおいて、No.51 Nurtec ODT ホンダを駆る佐藤琢磨はほかのドライバーに押し出されてウォールに接触。デイル・コイン・レーシング・ウィズRWRから挑んだ初のオーバルレースを不本意な形で終えることとなりました。

3番グリッドからのスタートを勝ち取った琢磨は第1スティントのほとんどをトップ3で周回、トップを走行中の63周目に最初のピットストップを行いました。

しかしそのような中で不運にも、琢磨がまさにピットボックスに入ろうとしたとき、ピットストップを終えて再スタートを切ろうとしたチームメイトがエンジンをストールさせてしまいます。このため、琢磨はポジションを大きく落としてしまいました。

その後、琢磨は17番手でコースに復帰したものの、デブリン・デフランチェスコが勢い余って琢磨のフロントタイヤにコンタクトし、No.51 Nurtec ODT ホンダはウォールに接触。幸いにも接触時の衝撃が大きくなかったため、メカニックがサスペンションのダメージを修復すると一旦はコースに復帰しましたが、やはりダメージの影響が残っていたため、琢磨は20番手走行中の153ラップでリタイアすることを選択しました。

次戦のロングビーチは4月8〜10日に開催されます。

■佐藤琢磨コメント
「複雑な心境です。僕がフィニッシュできなかったのは残念ですが、チームメイトのデイヴィド・マルカスはエキサイティングにレースを戦いきることができ、チームにとっていいことでした。今日の僕のレースカーはとても速かったと思います。スタート自体は、決して素晴らしいものではありませんでしたが、それでも5番手から3番手まで追い上げることができました。その後、僕は第1スティントで燃費を稼ぐことができ、しかも、僕たちのタイヤマネージメントは悪くなかったので首位に浮上できました。なので完璧な第1スティントだったといえます。ただし、ピットレーンでチームメイトとの間にちょっとした問題が起こり、すぐには自分のピットボックスに入れずにポジションを大きく落としました。第2スティントではトップに返り咲こうとしてデフランチェスコとサイド・バイ・サイドで走行していたところ、彼が勢い余ってコースの上側にやってきたため、僕のマシーンと接触し、サスペンションにダメージを負いました。とても残念なアクシデントでしたが、ここでも僕のメカニックたちは素晴らしい仕事をしてくれました。いまはロングビーチで開かれる次のレースを楽しみにしています。それまでにリフレッシュして、ベストを尽くすつもりです。」

(デイル・コイン・レーシング・ウィズRWRのプレスリリースより)

レース結果

コース:Texas Motor Speedway

決勝

  • 開催日:2022/03/20
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:27
  • 完走:27
  • (1.5km x 248laps = 372km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 J.ニューガーデン FS Firestone ダラーラ シボレー 248 2:09:29.7270
2 3 S.マクラフリン FS Firestone ダラーラ シボレー 248 2:09:29.7939
3 8 M.エリクソン FS Firestone ダラーラ ホンダ 248 2:09:31.0807
4 12 W.パワー FS Firestone ダラーラ シボレー 248 2:09:44.9500
5 9 S.ディクソン FS Firestone ダラーラ ホンダ 248 2:09:45.4006
6 48 J.ジョンソン FS Firestone ダラーラ ホンダ 248 2:09:47.8209
7 10 A.パロウ FS Firestone ダラーラ ホンダ 248 2:09:48.9207
8 60 S.パジェノー FS Firestone ダラーラ ホンダ 248 2:09:52.1919
9 45 S.フェルッチ FS Firestone ダラーラ ホンダ 248 2:09:54.1419
10 21 R.ヴィーケイ FS Firestone ダラーラ シボレー 248 2:09:55.2110
11 18 D.マルカス FS Firestone ダラーラ ホンダ 248 2:09:55.7773
12 26 C.ハータ FS Firestone ダラーラ ホンダ 247 2:09:30.4328
13 33 E.カーペンター FS Firestone ダラーラ シボレー 247 2:09:32.7058
14 11 JR.ヒルデブランド FS Firestone ダラーラ シボレー 247 2:09:41.9490
15 5 P. オワード FS Firestone ダラーラ シボレー 247 2:09:46.1574
16 77 C.イロット FS Firestone ダラーラ シボレー 247 2:09:55.6158
17 4 D.ケレット FS Firestone ダラーラ シボレー 246 2:09:44.6593
18 20 C.デイリー FS Firestone ダラーラ シボレー 245 2:09:52.4641
19 30 C.ルンガー FS Firestone ダラーラ ホンダ 233 2:05:04.3069
20 51 佐藤 琢磨 FS Firestone ダラーラ ホンダ 140 DNF
21 7 F.ローゼンクヴィスト FS Firestone ダラーラ シボレー 138 DNF
22 15 G.レイホール FS Firestone ダラーラ ホンダ 128 DNF
23 06 H.カストロネベス FS Firestone ダラーラ ホンダ 128 DNF
24 29 D.デフランチェスコ FS Firestone ダラーラ ホンダ 128 DNF
25 14 K.カークウッド FS Firestone ダラーラ シボレー 113 DNF
26 28 R.グロージャン FS Firestone ダラーラ ホンダ 103 DNF
27 27 A.ロッシ FS Firestone ダラーラ ホンダ 11 DNF