3番グリッドからのロケットスタートで関がV2!

  • 開催場所:スポーツランド菅生
  • 開催日:2021年04月11日(日) 〜 2021年04月11日(日)
ロードスター・パーティレースⅢ 北日本 NDシリーズ Rd.2

4月11日、スポーツランドSUGOでロードスター・パーティレースⅢの北日本シリーズ第2戦が行われた。前日の開幕戦に続く連戦での開催だ。12台で争ったNDシリーズクラスは2号車・関 豊が3番グリッドからロケットスタートで先頭を奪い、そのまま逃げ切ってV2を達成した。

●予選
SUGOは前日に引き続いての晴天。NDシリーズクラスは3台が開幕戦のみのエントリーだったため、12台でのバトルになった。公式予選は9時20分からの20分間。9時現在の気温は9.7℃、東からの風が1m/secという絶好のコンディションになった。この日は1周目から118号車の野島俊哉が1分46秒802という好タイムをマークするも、最後尾でコースインした開幕戦ウイナーの関が1分46秒650でベストを更新。またアタック2周目に31号車の和光博紀が1分46秒267と、前日のポール(16号車の上田純司)よりも速いタイムでモニターの最上段に。その上田も1分46秒842を出して、早くも4名が46秒台というハイレベルな争いになった。予選も半ばを過ぎて、このまま和光→関→野島→上田というトップ4で2列目までが決まると思いきや、上田が7周目に46秒564までタイムを短縮。さらに前日も最終アタックでベストを更新した32号車の横田 剛が9周目に1分46秒769を叩き出し、5人目の46秒台に。その結果、ポールポジションは和光が獲得し、上田も2番グリッドを確保。以下、関と横田が2列目からのスタートで、野島は5番グリッドに後退。34号車の菊池 仁が1分47秒168で予選6番手となった。
2B3A8141.JPG IMG_0286.JPG

●決勝
風がやや強くなったSUGOだが晴天は変わらず、正午過ぎには14.5℃まで気温が上昇。ほぼオンタイムの12時21分に、北日本シリーズ第2戦の決勝はスタートが切られた。
ポールポジションの和光は2速へのシフトアップでもたついたのが痛恨。2番グリッドの上田にイン側から、3番グリッドの関にアウト側から並びかけられ、いきなり“スリーワイド”の状態で1コーナーに進入。そして2コーナーを立ち上がった時には関と上田が横並びとなり、その後方に和光という位置関係に。さらに3コーナーに対して有利なイン側にいた関が先頭に立った。後方では5番グリッドからスタートした野島が、ひとつ前の横田をスタート直後にかわすが、2周目のSPアウトで仕掛けた横田が再び4番手のポジションを回復。その後もチェッカーが振られるまで、 この2台はテールtoノーズ状態で延々とバトルを続けることになった。4位争いの2台がバトルした関係で、3周目以降のトップ争いは関→上田→和光の順で争う3台に絞られた。それぞれのギャップは最後まで1秒以内の接近戦だったものの、先頭の関の走るラインが心憎いほど絶妙で、逆転の匂いが感じられるまでには至らない。結局、この順番でチェッカーを受けて、3人がポディウムに立った。4位の横田と5位の野島もこのままの順位でゴール。そして91号車の沢崎祐一が最終ラップに菊池のシフトミスを誘って逆転し、6位入賞をゲットした。
2B3A8200.JPG 2B3A8137.JPG

AI3I9940.JPG

●2連勝の関選手コメント
「31号車が上田さんを牽制しようとイン側に少し寄せたので、自分の前に道ができた感じです。まだ一発の速さで負けているのが、次への課題ですね」と謙虚に語った。
タイヤに関しては「決勝レースを通じて大きな変化を感じないので、ワンメイクレースに向いたタイヤだと思います。ただ内圧のベストチョイスはなかなか難しいかもしれません」とコメントした。

北日本シリーズの第3戦はここスポーツランドSUGOで5月15日(土曜日)に開催予定。また、パーティレースの次の戦いは5月5日(祭日)、茨城県の筑波サーキットで東日本シリーズの開幕戦が組まれているが、それに先立つ合同テストが4月21日(水曜日)に開催予定だ。

Brand_Mark_Vertical_Primary_ver1.1.png
MOTOR SPORTS
https://www.mazda.com/ja/innovation/motorsports/
ROADSTER NR-A
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/nr-a/
pr3_logo1.gif
MAZDA ROADSTER Party Race Ⅲ
https://www.party-race.com/
https___imgix-proxy_n8s_jp_DSXZZO5425102010012020000000-KB2.jpg
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/

レース結果

コース:スポーツランド菅生

[NDシリーズ]

決勝

  • 開催日:2021/04/11
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:12
  • 完走:12
  • (3.586km x 8laps = 28.688km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 関 豊 BS Bridgestone CP和光モタスポ部ロードスター 8 14'29.961
2 16 上田 純司 BS Bridgestone 上伸物流 ロードスター 8 14'30.294
3 31 和光 博紀 BS Bridgestone Kenmoty'sロードスター 8 14'30.879
4 32 横田 剛 BS Bridgestone KYC CSH ロードスター 8 14'36.317
5 118 野島 俊哉 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#118 8 14'36.422
6 91 沢崎 祐一 BS Bridgestone DELTAロードスター 8 14'41.022
7 34 菊池 仁 BS Bridgestone NDロードスター 8 14'41.457
8 76 廣木 健司 BS Bridgestone 酒レーシングロードスター飛露喜 8 14'44.261
9 93 細井 明宏 BS Bridgestone HUSHロードスター 8 14'44.359
10 122 石川 純二 BS Bridgestone PLUM諏訪姫GIロードスター 8 14'46.389
11 197 satoshi BS Bridgestone ユニバーサルツインロードスター 8 15'00.520
12 126 川島 修 BS Bridgestone OKE MS ロードスター 8 15'04.147