東日本クラブマンの絶対王者・須藤が、北日本でも今季初の美酒!

  • 開催場所:スポーツランド菅生
  • 開催日:2021年08月21日(土) 〜 2021年08月21日(土)
ロードスター・パーティレースⅢ 北日本 NDクラブマン Rd.4

8月21日、宮城県のスポーツランドSUGOでは今季最終戦となるロードスター・パーティレースⅢの北日本シリーズ第4戦が開催された。NDクラブマンクラスは昨年の第1戦と第2戦のウイナーでもある8号車の須藤利明が、逆転で今季初優勝を飾った。

今回はNDシリーズに13台、NDクラブマンに12台の合計25台がエントリー。これは北日本シリーズでは史上最多となり、初参加も5名を数えた。
クラブマンクラスでは1号車・野村 充、128号車・畠山淳也、191号車・小泉洋史が新しくパーティの仲間に加わっている。
DSC_2383.jpg

●予選
当日のSUGOはどんよりとした空模様で、雨や霧の気配も漂っていた。オンタイムの8時30分から15分間の公式予選が始まったが、気温は21.9℃、湿度はなんと97%という気象条件だった。またクラブマンクラスの予選には都合により3台が欠場。とくに今季3連勝中の28号車・マツダ ニャンコネンは前日の練習走行中に不具合が突如発生。残念ながら4連勝は幻に終わった。この日、クラブマンクラスの予選ではマツダの欠場以外にもいくつかのドラマが発生した。まずは今年、東日本シリーズで2 連勝している須藤が1分49秒604で暫定クラストップに。ところがこれにイエローフラッグが出ている区間を通過した時のタイムは採用されないというルールが適用されてしまい、須藤のベストラップは1分50秒006となってしまった。さらに予選も終盤になって、53号車の古田孝一が1分49秒584でトップを確定させたと思いきや、最後の最後に95号車の梅原祐一が1分49秒477で大逆転。
IMG_7260.jpg
クラス3番手にはデビュー戦の野村が1分49秒703をアタック7周目に叩き出して健闘。これに須藤が続いて、この4台は総合でも9位から12位という接近戦となった。

●決勝
心配された雨や霧に見舞われることなく、8周の決勝はほぼオンタイムの11時7分にスタートした。ただしグリッド表に誤りがあり、クラス3番手の野村と同じく4番手の須藤が逆になっていたのが改められず、須藤が前のポジションのままフォーメーションに入ってシグナルがブラックアウト。そのまま進行してしまう異例の事態となり、終了後に大会審査委員会から競技団に対して訓戒の処分が下されている。その須藤が1コーナーまでに3台を抜くロケットスタートを披露。一気にクラブマンクラスの先頭に躍り出てしまう。
IMG_7661.jpg
逆に後悔しきりだったのは予選ではクラストップだった梅原。トラクションコントロールをOFFにするのを忘れてスタートして出遅れてしまい、さらにS字の縁石でジャンプアウト。順位もタイムも大きくロスしてしまった。この後、須藤はシリーズクラスの76号車・廣木健司や93号車・細井明宏とのバトルを展開。つまりファイナルラップこそ野村に背後に迫られたが、そこまでは常にクラス違いを挟んでの走行となったため、余裕のトップチェッカーとなった。続く2位にはルーキーの野村が入賞。グリッドでの不利にも関わらず、序盤はキャリアに勝る古田とのバトルに競り勝ってみせ、後半もシリーズクラスの細井とのファイトを披露した。そして3位表彰台は古田が獲得し、規定により4位の123号車・石田直樹までが入賞となった。
HIRO5867.jpg

IMG_8204.jpg

●優勝した須藤選手コメント
「残り溝が心配で、今朝タイヤを交換しました。予選の後、同じ新品組だった和光さんや菊池さんと意見を交換して、それがすごく役に立ったので感謝しないと。今年はSUGOで勝てていなかったので、嬉しいです」
タイヤについて
「新品は思っていた以上に柔らかくて踏ん張りがあることや、横Gがかかると揺れやすいので無理は禁物とか、新しい発見が今回ありました」

北日本NDシリーズはこれにて終了したが、シリーズクラスのドライバーにとっては、12月5日に栃木県のツインリンクもてぎで開催される「交流戦」で獲得したポイントも有効だ。またロードスター・パーティレースⅢの次の戦いは、10月3日(日曜日)に岡山国際サーキットで行われる西日本シリーズの第3戦となっている。



Brand_Mark_Vertical_Primary_ver1.1.png
MOTOR SPORTS
https://www.mazda.com/ja/innovation/motorsports/
ROADSTER NR-A
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/nr-a/
pr3_logo1.gif
MAZDA ROADSTER Party Race Ⅲ
https://www.party-race.com/
https___imgix-proxy_n8s_jp_DSXZZO5425102010012020000000-KB2.jpg
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/

レース結果

コース:スポーツランド菅生

[NDクラブマン]

決勝

  • 開催日:2021/08/21
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:9
  • 完走:9
  • (3.586km x 8laps = 28.688km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 8 須藤 利明 BS Bridgestone 酒レーシングロードスター美酒堂 8 14'49.992
2 1 野村 充 BS Bridgestone IDSレイルガルフロードスター 8 14'51.645
3 52 古田 孝一 BS Bridgestone RSPECステージロードスター 8 14'59.035
4 123 石田 直樹 BS Bridgestone ISHIDA ロードスター 8 15'18.626
5 95 梅原 祐一 BS Bridgestone Unistage ロードスター 8 15'19.179
6 25 風間 俊雄 BS Bridgestone 伊豆移住協会ロードスター 8 15'20.665
7 191 小泉 洋史 BS Bridgestone ロードスター 8 15'32.232
8 128 畠山 淳也 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#128 8 15'58.148
9 37 倉持 彰彦 BS Bridgestone プロジェクトワン ロードスター 8 16'03.880