弱冠20歳、箕輪卓也がSUGOに続いて2週連続で優勝

  • 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2022年05月22日(日) 〜 2022年05月22日(日)
ロードスター・パーティレースⅢ 東日本 NDシリーズ Rd.2

5月22日、ロードスター・パーティレースⅢの東日本シリーズ第2戦が茨城県の筑波サーキットで行われた。最多21台のエントリーを集めたNDシリーズは予選から箕輪卓也が圧倒。決勝でも開幕戦優勝の上田純司の追撃を許さず、15ラップを走破して2週連続の優勝を達成した。

●予選
公式予選は1台が欠場し、20台での争いとなった。また69号車は橋本悠亮から相澤康介に急遽ドライバーが変更された。当初は9時25分から15分間の予定だったが、数分遅れてのアタック開始に。9時30分時点でのコンディションは、気温19.7℃・湿度78%・路面温度27.5℃となっていた。

この予選ではタイムが終盤に大きく動いた。開始5分過ぎまでの1分10秒台は3名。91号車の沢崎祐一が1分10秒717、103号車の松尾康博が1分10秒823をアタック1周目に、71号車の登坂 紀が1分10秒826をアタック2周目に記録したタイムがしばらくモニターの上段に残る。これに割って入ったのが開幕戦優勝の16号車・上田純司で、最初のアタックで1分10秒806、続いて10秒769まで削るものの、沢崎には一歩届かなかった。

と、ここで先週の北日本シリーズで初優勝した35号車・箕輪卓也がアタックに入る。ウォーミングアップに2ラップを充てて、モニター上では3周目に記録したタイムが1分10秒328。結局、10秒台の前半に入ったのは箕輪だけだった。

しかしながら今回は最終アタックでベストを更新するドライバーが続出で、上田が1分10秒560、開幕戦3位入賞の登坂が1分10秒694をチェッカーと同時に叩き出した。
2022_0522-01166.JPG2022_0522-01412.JPGのサムネイル画像

開幕戦5位の105号車・菅原達也も1分10秒710を終盤に記録。4番グリッドまではこの順で、3列目は前述のタイムで沢崎と松尾となった。

●決勝
第3レースのNDシリーズ決勝は少し遅れて13時50分にスタート。雲が太陽を一時覆って風が吹いたこともあり、決勝中の14時のコンディションは気温24.2℃・湿度54%・路面温度36.8℃となった。
2022_0522-02824.JPG

フロントローの箕輪と上田はともに好ダッシュを決め、早くも3番手の登坂以下を引き離す勢い。4番グリッドの菅原は加速が今ひとつだったが、後続の沢崎の逆転は許さない。その後方では唯一の順位変動があり、7番グリッドだった27号車・田中佑也がロケットスタートを披露。目前の松尾を1コーナーでパッシングすることに成功した。
2022_0522-03075.JPG

その後も先頭2台のペースの良さが際立っていた。上田は7周目までは2秒差以内、14周目まで3秒差以内で箕輪を追走。
2022_0522-02871.JPG

最後まで諦めなかったが、先頭を走る箕輪の走りは盤石だった。先週の北日本NDシリーズで初優勝を果たした20歳の若者が、その勢いのまま2週連続の優勝という快挙を達成。また2位の上田は引き続き東日本シリーズのポイントリーダーとして、チャンピオンへの最短距離にいる。

トップの2台には少し離されたが、3位を争う数珠つなぎの4台のバトルには最後まで緊張感が漂っていた。ただ先頭を走る登坂をはじめ、実力者たちは隙を見せない。以下、4位に菅原、5位に沢崎、6位に田中と続いて、ここまでが入賞。結局オープニングで田中が入賞圏内に入った以外の順位変動は上位陣では生まれなかった。
2022_0522-03750.JPG2022_0522-03893.JPG




2022_0522-03753.JPG

●優勝した箕輪選手コメント
「最初から全開でプッシュしたつもりですが、その割にタイムが揃えられたのは収穫だと思います。今年はいきなりSUGOと筑波で失敗してしまったのですが、そこで学んだものが活かせたかなと」
タイヤについては
「後半の後半はリアがズルズルしてきましたが、その状態をコントロールできたと思います」



東日本シリーズの第3戦は少し長いインターバルが入り、9月3日の土曜日に「第33回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」との同日開催を予定。また、パーティレースの次の戦いは西日本シリーズの第2戦で、6月26日の日曜日に岡山国際サーキットで行われる。


Brand_Mark_Vertical_Primary_ver1.1.png
MOTOR SPORTS
https://www.mazda.com/ja/innovation/motorsports/
ROADSTER NR-A
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/nr-a/

pr3_logo1.gif
MAZDA ROADSTER Party Race Ⅲ
https://www.party-race.com/

https___imgix-proxy_n8s_jp_DSXZZO5425102010012020000000-KB2.jpg
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/

レース結果

コース:筑波サーキット

[NDシリーズ]

決勝

  • 開催日:2022/05/22
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:20
  • 完走:20
  • (2.045km x 15laps = 30.675km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 35 箕輪 卓也 BS Bridgestone ミノワファクトリーロードスター 15 17'56.529
2 16 上田 純司 BS Bridgestone 上伸物流 ロードスター 15 17'59.542
3 71 登坂 紀 BS Bridgestone Moty'sJF☆ロードスター 15 18'03.630
4 105 菅原 達也 BS Bridgestone SPK・TCRロードスター 15 18'03.964
5 91 沢崎 祐一 BS Bridgestone DELTAロードスター 15 18'04.914
6 27 田中 祐也 BS Bridgestone TCC DR ロードスター 15 18'06.248
7 103 松尾 康博 BS Bridgestone 密林雲ロードスター 15 18'06.741
8 29 岩田 洋二 BS Bridgestone Moty'sJF☆ロードスター 15 18'09.147
9 69 相澤 康介 BS Bridgestone K.A.MSPロードスター 15 18'12.722
10 81 瀧口 智弘 BS Bridgestone ALEX笑ってFWロードスター 15 18'16.389
11 121 氣仙 直寛 BS Bridgestone RPNロードスター 15 18'16.520
12 159 イシカワ BS Bridgestone TCCmtロードスター 15 18'17.441
13 36 上入佐 慶太 BS Bridgestone Moty's ROADSTER 15 18'23.246
14 25 助川 ちひろ BS Bridgestone ガレージ123ロードスター 15 18'23.831
15 98 星野 丈 BS Bridgestone MART&FSR☆ロードスター 15 18'26.412
16 82 MU-CHAN BS Bridgestone 広尾のカレー ロードスター 15 18'43.512
17 193 田中 健太 BS Bridgestone マ人倶楽部KMRロードスター 15 18'43.714
18 133 辻田 慈 BS Bridgestone ZEST☆ロードスター 15 18'44.088
19 10 各務 猛 BS Bridgestone エルム ロードスター 15 18'45.507
20 1 SHUN BS Bridgestone IDSレイルガルフロードスター 14 18'29.755